QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > 九州大学のアントレプレナーシップ教育(QREC、その2) (産学連携マネジメント、技術移転、技術経営(MOT)、アントレプレナーシップ/高田 仁)

九州大学のアントレプレナーシップ教育(QREC、その2)

高田 仁 産学連携マネジメント、技術移転、技術経営(MOT)、アントレプレナーシップ

20/01/28

・前回は、九州大学に設立されたアントレプレナーシップ教育のセンターであるQRECについて、その設立の経緯や、現在の社会でなぜアントレプレナーシップが必要なのかについて解説した。
・今回から3回は、QRECが提供している教育について解説したい。
・設立10年が経過した現在のQRECでは、年間に30科目以上を開講し、累計の履修者数は毎年1,500人を越えるまでになっている。QREC自体は学生定員を有していないため、全学部・大学院に向けて講義は開放され、履修可能となっている。QRECのアントレプレナーシップ関連科目を多く履修する学生は、所属する学部/大学院の専門性に加えて、アントレプレナーシップ(不確実な環境のなかで機会を発見し、そこから価値を生み出す一連の行動に必要な力)を学び、獲得することができるのである。
・QRECの活動は、単位取得が可能な「科目群」の提供と、単位付与は無いが学生の自主活動を支える「S.I.P.(Student Initiative Program)」の2つの柱から成り立っている。
・まず「科目群」についてだが、そのカリキュラム体系は、大きく「モチベーション」、「知識/ツール」、「統合/実践」に分かれている。「モチベーション」では、そもそもアントレプレナーシップとは何か、なぜそれが求められているのか、アントレプレナーシップが自分のキャリアにどう影響を与えるのか、といった基礎レベルの理解を得ることを目的として、「アントレプレナーシップ入門」や「アントレプレナーシップ・キャリアデザイン」といった科目を提供している。加えて、自ら主体的に行動を起こすことの重要性に気づいたら、次に、社会課題を理解し、自らの夢や目標の実現のためのステップとして、社会課題解決に向けたアイデアの創出方法や、世の中をしっかりと観察して課題を特定し、チームで解決のアイデアを考案し、プロトタイピングを駆使して適切な解決策を導き出す力を身につけるために、「アイデア・ラボ」や「デザイン思考」「デジタル工作入門」といった科目を提供している。
・モチベーションや初期の課題発見とアイデア創出を学んだら、その後はビジネスとしての継続性や発展性を意識する必要がある。そのため「知識/ツール」として、「戦略」「マーケティング」「会計/ファイナンス」「組織」といったビジネス関連の基礎科目や、「イノベーション・マネジメント」などの科目を提供している。また、ユニークな取り組みとして「テクノロジー・マーケティング・ゲーム」という科目があり、これはオンラインのビジネス・シミュレーション・ゲーム(フランスの著名なビジネススクールであるINSEADで開発されたもの)を利用して、学生たちがチームを組んで事業戦略を練り、複数期に渡ってオンラインで事業を行い収益を競うことを通じてビジネスの基礎を学ぶことができる。2019年の夏学期は、40名の定員に対して180名もの履修希望があり、急遽、同時間帯にクラスを一つ追加して、総計80名を受け入れて講義を行ったほどの人気ぶりだった。
・最後の「統合/実践」では、自らの動機や修得した知識を駆使して、具体的に実践してみる科目を提供している。例えば、私自身が担当する「起業価値評価(QBS科目:産学連携マネジメント)」では、実際に大学が保有する科学技術の研究成果を活かして市場機会を見出し、新規事業を構想して、最終発表会でベンチャーキャピタルの方々にプレゼンする、というリアリティの高い講義を提供している。また、「リーンスタートアップ演習」という科目では、デザイン思考のプロセスやビジネスモデルの考案方法を実践を通じて学ぶとともに、特に後半はラピッド・プロトタイピングという、簡易な試作品製作によって顧客のニーズの存在を確認し、チームが考案した製品・ビジネスのアイデアを継続してブラッシュアップしていく手法について学ぶことができる。
・以上のような体系から成り立つQRECの科目群は、総計で今や1,500人が履修するまでに発展し、QBS生の履修も、100人を越えている。なお、予め定められた科目群を一定数以上履修すると、サーティフィケート(修了証明書)」を得ることができる。
・次回は、QRECの教育もう一つの柱である「S.I.P.(Student Initiative Program)」について解説したい。

【今回のまとめ】
・QRECでは、30以上の科目を提供し、総計で今や年1,500人が履修するまでに発展している。社会人であるQBS生の履修も毎年100人を越えるまでになり、学内から高い関心を得ている。

分野: 産学連携 |スピーカー: 高田 仁

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ