QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > 日常すべてを成長に繋げられる人 (リーダーシップ開発、倫理、価値観/村尾佳子)

日常すべてを成長に繋げられる人

村尾佳子 リーダーシップ開発、倫理、価値観

19/11/15

今日は、「日常全てを成長に繋げられる人」について考えていきます。
以前、「学ぶ力がある人」についてお話しましたけれど、少し復習しておくと、学ぶ目的を明確にし、最終的に成果に繋がる具体的なイメージを持った上で学びの方法も検討する、自分に合った方法を決めるというお話でした。今回のお話はそれとも少し繋がりますが、学ぶ力がある人は、日常全てを成長に繋げることができるようになります。つまり、「成長=学び」、学んで成長するということです。

成長は、話すのが上手い、考える力があるなどいわゆる「能力的な成長」と、人として優しい、受容力がある、感情のコントロールがしっかり出来るなどの「人間としての精神的な成長」に分けることが出来ます。それこそ、後者の人間としての精神的な成長というのは、朝から晩まで色んなことを振り返る中で考えた数だけ成長に繋がる効果があるというようなところだと思います。

そういった意味でいくと、日常全てを学び(成長)に繋げられる人というと、私はパナソニックの創業者の松下 幸之助さんを一番に頭に浮かべます。彼は本当に幼少期にすごく苦労し、丁稚奉公に出されて、あれだけの大きな会社を作り上げられました。日本において彼ほどあの時代の経営者で言葉や動画が残っている人はいません。あれだけ言葉に出来るということは、それだけたくさん振り返り、「自分はこう思う」という知見を出してこられたからだと思います。幸之助さんは、朝起きてから寝るまでに起きたことを観察して自分と対話し、上手くいったこと・いかなかったことを全部振り返りながら自らの糧にしてきた経営者だと思います。彼の書籍は山のようにあり、ライブラリーに並べられた書籍を見ると、その内容も経営のことから自らの精神的な成長、部下のマネジメントなどその種類は多岐にわたります。それをひたすら繰り返すことによってあそこまでの大経営者になられたわけですが、それこそ松下 幸之助さんの哲学は、ビジネスのことだけではなく、経営のことや会社のことだけではない、宇宙の真理など非常に多様なことを考えていらっしゃることがわかります。彼は晩年、日常の些細な生活のことから宇宙を考えるところまで視野を広げ、大経営者を前に失礼な言い方ですけれども、本当に人として生まれてから亡くなるまで成長を重ねることによって大成されてこられた、人間の可能性を感じさせてくれる存在です。

とはいえ、松下 幸之助さんをベースにしてするとなかなか自分に引き寄せて考えられないので、話を日常に戻して考えてみましょう。例えば、朝、満員電車に通勤で乗ってて、電車が揺れて隣の人が寄りかかってきたというシーンがあると思いますが、普段の自分だとそれに対して、「仕方ないよね」とあまり何も感じなかったりするのに、ある日はそれがいつも以上に腹が立ってイラッとくるということがあるとします。そうなった時に、「あれ?何で今イラッときたんだろう。普段は全然そんな風な感情を自分自身が抱くことがないのに、なぜそんな風に自分は思っちゃったんだろう」ということにまず気付くこと、それが一つ大きな成長の機会になると思います。

日常全てを成長に繋げる人は、今のような形で自らに問を立てる、疑問を持って、自らの精神的安定状態はどうなんだろうと振り返りながら、次はそうならないように普段との違いを考えて、何を意識するといいのかを考えて人間的成長の糧としていくわけです。やはり日常から色んなことを考えるのはとても大事で、満員電車の中でスマホも見られない、本も読めないみたいなことがあるとすると、やることないわけです。勿論、日によっては自分の精神自体をちょっと開放させてぼーっとさせようという狙いがある場合には、何もしないという選択も一つです。しかし、何かちょっと頭にキャパシティがある時は、車内の中吊り広告などを見て、最近はどういう業種が広告を出しているのかを見てみたり、なぜ電車というメディアに広告を出しているのかを考えてみたり、考える視点は日常にあふれています。考えようと思えば色々考えることはあります。そんなことを自分なりの視点で考えることも日常を学びに帰る一つの方法です。実際に松下 幸之助さんも6~7歳から丁稚奉公に出されているわけですが、なぜこの店が流行っているのか、なぜこの人に僕はいじめられるのかなど一つ一つ考えたらしいです。自分自身の感情も含めて、今どういう状況なのかという状況認識と、正しく事実というものを認識して、自分のとった行動を客観的に正しく振り返るところが日常全てを成長に繋げられる人みたいなところの特徴なのではないかと思います。

では、今日のまとめです。
日常全てを成長に繋げられる人は、まずは振り返るという癖付けがあります。自身の振り返り力というようなところについて考えるところからまずは始めてみるとよいのではないでしょうか。

分野: リーダーシップ開発/倫理/価値観 |スピーカー: 村尾佳子

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ