QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > 朝鮮半島リスクの拡大 (企業財務 M&A/村藤功)

朝鮮半島リスクの拡大

村藤功 企業財務 M&A

19/09/12

今日は朝鮮半島リスクの拡大という話です。北朝鮮がまたミサイルを撃ってきているのを知っていますよね。7月からもう7回ぐらいミサイルを発射しています。長距離を撃つとアメリカが怒るので、だから短距離です。日本とか韓国というのもそうですけど、低空飛行で変則軌道という所に1つポイントがあります。前のスノムテは高い弾道で上がって下がってくるタイプでした。今度は低空飛行でさらにガクガクと変則軌道で速い速度で来るので、簡単に言うと撃ち落とせないのです。高い弾道で下がってくるのは、どのように来るかが計算出来るので、今まで日本が持っているSM3とかPAC3とかで撃ち落とせる可能性が高いのです。しかし、低空で来てガクガクと来ると間に合いません。困ったと。撃ち落とせないから撃たれたらいけないということで、更に気を付けないといけないことになってきているわけです。

そもそも、北朝鮮とアメリカは何度か交渉しましたよね。去年シンガポールで6月にやった時にはそれなりに進むのかなと思ったけど何も進まない。今年2月にハノイで合意するかと思ったら会談の途中でトランプさんが出てきました。北朝鮮は段階的にやろうと思っているのに、トランプさんは全面的に1回でやろうみたいなことを言って破綻したのです。今年6月くらいになって板門店で会って、また交渉を続けましょうみたいなことを言っています。トランプさん的に言うと、2回目の大統領選挙が一番大事なので自分の所にミサイルが飛んでこないで北朝鮮の近くでちょこちょこやっている分にはそんなに気になりません。でも日本はとても気になりますし、日本的に言うとミサイルだけじゃなくて拉致問題もひょっとしたらトランプ大統領が何か言ってくれて、安倍さんが交渉に行けるのかなと思ったら、それは全く進まないという状況です。

北朝鮮は中国とロシアを上手く使って、中国・ロシア・北朝鮮みたいな形にし、中国は北朝鮮が在韓米軍との緩衝地帯だと思っています。では、ロシアは北朝鮮を使って何をしたいのでしょうか? ロシアにシベリア鉄道があるでしょう? シベリア鉄道にとって韓国が大きい経済なのですよ。そうすると北朝鮮の鉄道と韓国の鉄道をシベリア鉄道に連結して、色々な物を持ってきたいわけです。それから、シベリアのLNGパイプライン。これも北朝鮮を通って韓国に持ってくるというようなことをやりたいわけです。ロシアや中国はそれなりに北朝鮮をサポートしようとしているのに対して、アメリカと日本と韓国は一致して色々と当たらないといけないのですが、ここのところバラバラです。韓国が色々な事を仕掛けてきて、慰安婦だとか徴用工だとか言われても、その時に意思決定して悪いことをしていた日本人はもう死んでいるのですよ。

そういう意味では、日本にとっては昔の話になっていて、何を言っているのかが分からない。それに加えてレーダー照射問題とかよく分からないことをしているなと思っていました。一方、韓国としては半導体材料の規制とかホワイト国除外とかにショックを受けたわけです。半導体産業はどうなるの、と。まるで日本が仕掛けたみたいですが、日本的に言うと向こうが仕掛けてきたのでこちらが報復したように見えます。しかし、韓国からするとこっちが仕掛けたと思っているらしいのです。今までは歴史問題で政治的には何度ももめているのですけど経済ももめ始めて、GSOMIAという軍事情報をシェアする協定まで破棄しました。これにはアメリカも怒って何しているのだと。北朝鮮・中国・ロシア対アメリカ・日本・韓国ということで一致して当たらないといけないのに、韓国は一体何言っているの、と。文在寅としては、北朝鮮と色々話をしながら戦争を終わらせて朝鮮半島を統一しようと思っているわけです。そうすると、韓国が思っていることと日本が思っていることと、アメリカが思っていることと色々微妙に違ってきたということで大丈夫なのか、どうしたらいいのかと言っていたら、今度は文在寅の最側近の曺国のスキャンダルというのが湧いて来ました。

曺国は、娘が不正入学したとか、家族がファンドに不正投資をしたとか、言われています。本人は、「でも、私は何もしていません、皆さんが勝手にやったのです」みたいなことを言っています。それって本当に本人が知らなくて周りの人達が忖度して言ったのでしょうか。ところが、韓国ではどうも忖度という言葉は無いらしく、文在寅が面倒みてあげようとしたのかとか、曺国が自分で嫁さんと娘に何か言ったのかとか、それとも娘と嫁さんだけでやったのかとか色々な事を言っているわけですよ。段々話がよく分からなくなってきて、文在寅は困ったので、とりあえず反日でしのごうみたいな可能性が出てきています。この話はどこに行くのでしょうか? 曺国をどうも法務大臣に任命するという事が起こりそうな気配になってきて、そうするとあの人もかなり反日なので、いつこの反日が収まるのか分からないという困ったことに現在なってきたという状況です。

今日のまとめです。北朝鮮とアメリカはシンガポール・ハノイ・板門店会談を経て、あまり進んでいるというわけではないのですけど、アメリカが怒らないような低高度変則弾道ミサイルを開発しており、日本にとっては怖いことになってきました。仲間のはずの韓国が、慰安婦、徴用工、レーダー照射問題、天皇謝罪要求みたいなことをしていたら、日本もやり返そうみたいな話で半導体材料規制、ホワイト国除外みたいなことで、ついにGSOMIA破棄までいって軍事関係もよく分からなくなってきています。これに対してアメリカも怒っていますが、文在寅はGSOMIAを日本と破棄してタイと結ぶというようなことをやって、観光旅行者も日本に来ないで東南アジアに行くというように変わってきているのです。今一番問題なのは、曺国スキャンダルで文政権どうなるのかが今の注目ポイントですね。

分野: その他 財務戦略 |スピーカー: 村藤功

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ