QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > あなたが心の底から取り組みたいテーマか? (クリティカル・シンキング/高原康次)

あなたが心の底から取り組みたいテーマか?

高原康次 クリティカル・シンキング

19/06/03

今日からは、「社会起業家入門のポイント」についてお話ししていきます。今日のポイントは「あなたが心の底から取り組みたいテーマか」です。

起業する際には、今までの「競争のルール」とは異なり今からやろうとしていることが「心の底から取り組みたいテーマかどうか」は非常に重要です。
競争の象徴である受験勉強スタイルが身についている人は、なかなか心の底から取り組みたいテーマが見つけられません。私自身が競争の中に身を置いていた経験だと、良い大学・会社に入れるか、同期の中で誰が一番早く昇進したか、花形の部署かなどが気になっていました。しかし、この世界観とソーシャルベンチャルは大きく異なります。PayPalの創業者のピーター・ティールは「競争は負け犬がするものだ」と述べています。競争は避けて通れるのであればそれにこしたことはありません。

私は投資家として社会起業家の皆さんとお話しますが、その方々が「お金持ちになりたい」「偉くなりたい」と言っている、競争のルールの中で語っているだけでは全く投資しようとは思いません。社会起業家の方々は「どういう社会を作っていきたいのか?」、「どういう課題について取り組みたいのか?」という問いかけに対して、自分自身のテーマをしっかりと持って答えられることが重要です。そのテーマのためであればたとえ苦しいところでも頑張って飛び込んでいけるという強い思いを持っていることが社会起業家ではないかと私は思っています。競争してその中でいかに勝ち抜いていくかという世界観ではありません。

起業する上で次に大切なポイントは、テーマを持つ時に正解がないことを恐れないです。前回もお話した通り、20代の頃は私もテーマを持った時に答えはすぐあるものだと誤解していました。答えがないと答えをくれくれとまわりに聞いてまわっていました。答えはやりながら探せばよいのです。
では、どうやったらテーマを見つけられるのか?本当に大切なテーマは、順調な時よりも逆境の場面で気づいてくることが多いように思います。よく大きな病気や身近な人の死によって価値観が変わると言いますが、人生の根底が揺らぐときこそ人間は「本当に大切なことは何か」ということを考えます。逆境の時に何を大切にして乗り越えるかということがその人のテーマに繋がっていることがあります。そう考えると、仕事が順調に言っている時には、敢えて自分を逆境に身を投じてみるということも選択肢の一つかもしれません。順調な時には、それは安全地帯に居続けていることが理由かもしれません。あえて安全地帯の外に出てみることで、自分のテーマに出会う機会があるかもしれません。
そして、今現状が苦しい人は、自分が今与えられた環境の中で何か出来ることがないかをぜひ考えてみてください。上司から依頼された仕事がたとえ面白くないと思うことであっても、自分には荷が重いと思うことでも頑張ってやってみると、その中で本当に自分の大切なものが浮き出てくることがあります。
心がぐっとくるテーマは人生の中で痛みや喜びを伴うものだと思います。それは必ずしも人に誇れるものではなくて恥ずかしいものでもいいと思います。社会起業家の多くは、自分の傷を癒やすためにテーマを持っておられます。

ここで少し私達の投資先の話をしましょう。

ポラリスの森社長は、幼い頃から大のおばあちゃん子でした。その祖母が突然脳梗塞で倒れて寝たきりの生活になってしまいました。しかし、祖母の受け入れ先がなかなか見つからず、何か自分に出来ることはないかと考えて、おじいちゃん、おばあちゃんたちがしっかりと自立して普段の活動に戻れようになるための自立支援に特化したデイサービスを作りました。現在ポラリスは日本全国に約70箇所あります。

福島県いわき市の町づくりを行っている「47プランニング」という会社があります。そこの鈴木社長は、東日本大震災で実家が営んでいた製氷会社が津波と地震で全壊してしまいました。これからの生活がどうなるか分からないという中で、鈴木社長は被災地に入って被災された方々に対して炊き出ししたりしながら支援を始めました。その中で被災された方々が経済的にも自立していける場所を作っていきたいと考えるようになりました。鈴木社長は、いわきの駅前にシャッター通りを「いわき市場」という飲食店街としてつくりなおすと、被災者の皆さんが自立できる場所を作るために店舗を借りて、敷金礼金なしでチャレンジしたい起業家に貸し出しました。そこがUターンして頑張る方・起業家の育成の場になりました。
やっぱり自身の痛みや辛さをしっかりとバネにしながら頑張っていらっしゃる社会起業家の方が多くいらっしゃいます。

では、今日のまとめです。
あなたが心の底から取り組みたいテーマは何ですか。そのテーマには正解がなくても結構ですし、正解が見えていないことの方が絶対に多いと思います。テーマは順調な時よりも逆境の時に気づきます。ぜひ、テーマを探してみてください。

分野: グロービス経営大学院 |スピーカー: 高原康次

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ