QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > 自己紹介 (クリティカル・シンキング/高原康次)

自己紹介

高原康次 クリティカル・シンキング

19/05/31

みなさん、初めまして。高原 康次と申します。
今日は初回なので簡単に自己紹介をさせていただきます。私は、社会を良くしようとする起業家向けの「育成支援活動」を行っています。自分自身でも社会的なベンチャーの共同創業や理事、取締役などで参画してきました。起業家育成支援プログラム設計や実行、投資、投資した後の経営支援も行っています。経営支援は、戦略や組織といったお堅いテーマもありますが、ベンチャーの企業の社長さんはなかなか心が安定しないこともあるため「心の支援」も行っています。毎年200件ほどのビジネスプランを評価しながら、どうしたらこのプランがさらに伸びるかということを社長さんとディスカッションしています。
グロービス経営大学院では、この夏から「ソーシャルベンチャーマネジメント」という科目を教える予定です。現在は「ビジネス・アナリティクス」や「クリティカル・シンキング」を教えています。その他にもベンチャーを支援するための「ビジネスプランコンテスト」や「アクセラレーションプログラム」のリーダーをやっていたり、「知見録」というグロービスのメディアで、社会を変える起業家の為の記事を書いたりしています。
私自身は、「正解はリスクを取っていこうとする人が決める」という信条を持ち、社会を良くする為にリスクを取って行動している人を尊敬しながら支援しています。リスクを取って見えない中でもチャレンジしてくれる社長さんに出会うとこちらも心が震えます。私自身は、リスクを取ることを躊躇してしまう怖がり屋な面がありながら、同じことを繰り返しやっていると飽きてしまう、という「リスクは取りたくないんだけど新しいことをやりたい」という面倒くさい性格です。
20代の頃は受験生の延長線のような日々を過ごし、「24時間働きますか?」と言われたら「YES」と答えてしまいそうな20代を過ごしました。その頃は世の中に正解があると思っていて、「正解を教えてくれ」と周りの人に言っていたなと反省します。私は新卒で総合商社の「丸紅」に入社しました。丁度私が入社した翌年に信用危機があり、特別損失で2,000億円以上の赤字を出し、常務が部門のメンバーを集めて説明会を開きました。その時、私は最前列に座り、常務に「社長はビジョンを仰っているがそのビジョンが抽象的過ぎて何をすればいいのかよく分からないので、どうすればいいか教えて下さい」と食って掛かっていました。常務は、「その気持ちは分かる」と言ってくれましたが「それを考えるのが君の仕事だ」と答えは教えてくれませんでした。そんな青二才な20代を過ごしました。
30代は少し賢くなり、答えが無くても問いに向かって頑張っていけばいいんだということが分かってきました。そのきっかけになったのが「クリティカル・シンキング」です。グロービスで現在教えている科目の講師をすることになり、問うという事はすごく大切な営みであり、誰に対して何をいつ、どこでどのようになんで問うのかというのをすごく意識するようになりました。答えが見つからないというのは本当によくあることで、その答えを考えて実行して、正しいのか、それとも間違っているのかを見極めながら試行錯誤することに面白みがあるということをその頃に学びました。
しかし、問いがあっても心がついていかないと体が動かないということを痛感する出来事がありました。それは2011年3月11日の東日本大震災でした。周りの起業家達はどんどん動いて被災地に入っていく中、私はなかなか動けませんでした。何かやりたいけれども動かない。一体どうしたものかなと思いながら悩み、30代から少し心を鍛えるようにしました。アメリカ発祥のマインドフルネスをコーチングという形で学びながら心のトレーニングをしていきました。心の中には願いの声と、恐れの声がある。自身の願いの声に耳を傾ける力を養いました。ただ、願いは分かってもなかなかすぐに体が動くわけではなく、会社の中でやっていると会社の仲間の目線もあるし、なかなか変えられない。怖がりという性格もあり、最初は会社の外で、自分の願いの声に従った活動としてボランティアをやることから始めました。東日本大震災の復興支援のNPOに参加し始めて、その仲間達とどうしたら良くなるか、どうプログラムを作っていこうかを深夜まで語り実行していきました。当時は、本当にやりたいことをやっていたので充実感はありました。どんどんのめり込んでいき、ボランティアではなくこれを仕事に出来ないかと考えていた時にグロービスで社会起業家向けの科目を作るという話があり、そこに関わるようになって今の仕事に就くことになりました。

次回からは、私が今まで経験してきたことを踏まえて「社会起業家入門」についてお話しします。これから起業したいという人達に向けて起業する上でのポイントをお伝えします。

分野: グロービス経営大学院 |スピーカー: 高原康次

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ