QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > 「組織開発」という潮流 (組織行動とリーダーシップ/福田亮)

「組織開発」という潮流

福田亮 組織行動とリーダーシップ

19/02/08

今日は、「人材育成領域」についてのお話です。
最近「組織開発」という言葉が注目されています。去年の10月に「組織開発の探求」という本が出版されましたが、非常に評判が高く注目されています。現在日本企業の方々の中で「組織をどう作っていくか」というところに関心が高まっているため、今日はこれをテーマに取り上げます。

当然、企業(組織)が生まれたら、それをより良くしていくために開発をしていくものですが、組織は時代や環境の流れの影響を非常に受けやすいという特徴があります。

皆さんは、「組織開発をする」といった場合に、どんなことを考えたり実行したりするイメージをお持ちですか?
実は組織開発は、人事制度や評価制度などの制度的なものから、職場での対話や雑談まで非常に広範に及ぶアプローチです。これには、組織に対する二つの潮流が関係しています。その一つは、「人間は極めて合理的で、正しいモデルによって管理統制することで良い方向に向かう」という考え方です。その一方で、人間の多くは非合理であり、感情や思いによってやる気・意欲が変わっていくため、人間の感情ややる気、意欲に寄り添うことで人間の生産性は高まるという考え方があります。組織開発については、時代と共にこの両派の考え方の間で揺れています。これまでの歴史の中で、合理的に評価制度を作ってそれに沿って合理的にやっていこうという時代もあれば、その反動のように、個々を大事にして寄り添わないと企業のためにならないという考え方の間でそのバランスを変えながら成り立ってきました。

日本企業を例に考えてみると、バブルが崩壊した90年以降は、世界の基準に合わせていこうということで、ルールや制度をアメリカや欧米諸国の企業に合わせる方向で組織づくりをしていきました。一方で、その反動から、現在日本では個人の自主性や会社に対するロイヤリティー、(最近はエンゲージメントという言い方をしますが)会社に対する能動的な関与の仕方、自分がこの会社にいることを誇りに思い、積極的に関わっていきたいと思う人の人数が極めて低いと言われています。むしろ今はこちらの方に問題意識が向いていて、この背景には女性の社会進出や、労働時間の変化、外国人労働者の増加など、異なる考え方や価値観を持った人と一緒に働かなくてはいかないなどの職場の様々な変化が関係しています。組織開発は、組織が効果的に機能することが目的のため、昨今は人間の考え方や感情にも寄り添いながらどうチーム運営をしていくかに軸足が向けられています。これだけ環境が変化し「働き方改革」が叫ばれ、人口が減少しさらに高齢化社会に突入していく中で、どうやって人材を確保していくかが今課題になっています。
ここで今回ご紹介する「組織開発の探求」という本の中で、面白いアプローチが紹介されています。「組織はこうあるべきだ」という絶対的な正解はありません。当然、考え方や状況によって組織に対する期待や問題意識も異なってきます。そのため、昨今ではそれぞれの意見を尊重して受け入れながら、一緒になっていい職場を作っていくことに力を入れるために「対話」を重視したアプローチが注目されています。
お互いに本音をさらけ出した上で、それぞれの考え方を共有して、違いは受け入れながらもその状態でどうしていくかという対応を考えていきます。組織において、「自分からやってみよう」、「成長したい」と従業員が思える環境をどう作っていくのか、相手とのつながりをどう組織として育むかをチャレンジする流れが生まれています。実は、組織開発で一番大切なのは、組織における管理職層の役割です。いかに管理職がこういうことに関心を持って目を向けて柔軟に対応していくかにかかっていますが、まだ多くの管理職が旧来の男性中心で、長時間労働で終身雇用という仕組みの中を生き抜いてこられているため、なかなかその常識を捨てられない方が多いというのが現状です。この辺りをどう変化を受け入れるかも非常に重要です。

では、今日のまとめです。
ぜひこの「組織開発」という潮流に興味を持っていただき、ビジネスの結果だけではなくて、組織の健全性や幸福に目を向けていい会社を作ってみませんか。

分野: グロービス経営大学院 リーダーシップ 組織行動 |スピーカー: 福田亮

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ