QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > ビジネスに関係した英語表現(38):ファイルと文房具 (英文法理論、コンピュータによる英語教育/鈴木右文)

ビジネスに関係した英語表現(38):ファイルと文房具

鈴木右文 英文法理論、コンピュータによる英語教育

19/01/04

今日は英語表現です。前回積み残しをしましたファイルの話を少ししてから文房具一般に話を広げたいと思っています。ファイルというと中にA4くらいの大きさの紙を入れておくものですが、色々な種類があります。穴が開いているものがあったり、或いは上から押しつけて綴じたりするものがあったりしますが、そのような細かいものを一つひとつ覚えないとどうしようもないということではありません。今回は「あれはこう言うのね」という楽しさを味わって頂ければと思います。

ルーズリーフというものがありますが、穴がいくつ開いているかご存知ですか。もし間違っていたら私も恥ずかしいんですが、26個だろうと思います。これはそのままで、ルーズリーフ式のバインダーはloose-leaf binderです。英語で言えます。和製英語ではありません。そして、いわゆる透明のプラスチックの袋と言ったらいけませんが、A4の紙を2,3枚入れて裏も表も透明になっているファイルがあります。あれは、英語ではplastic file folderと言ってください。クリアホルダーと言うことがありますが、fold、fです。英語では、あの透明なものをプラスティックと言っています。
それから穴が開いているやつが2つがあったり、3つがあったり、様々な種類があって、日本では2つが多いです。よく10センチくらいあるすごい紙の束を入れているファイルがあります。放送局などの倉庫にはたくさん並んでいると思いますが、あれは穴のファイルなのでring fileと言います。後でその穴を開ける機械の英語も出てきます。特にリングファイルの中でいくつの穴のということを言う場合には、例えば2つ開いている2穴リングファイルならば、2-holeというのを付ければいいです。2-hole ring fileと言います。このとき、2とholeはハイフンで結んで、「2つの穴の」という形容詞になった時にはholeの方は複数形にしません。だから、2-hole ring fileです。例えば、「5歳の子供」は英語でa 5-year-old boyです。5とyearとoldをハイフンで結んで最後yearは単数形にします。5歳のという形容詞として扱いますが、このような時は複数形にしません。
次はレバーファイルと言って、ラジオではなかなか難しいですが、紙を入れてその上に文鎮の半分くらいのような金属の部分を押し付けて挟むタイプです。あれ日本語では専門用語でレバーファイルと言います。その英訳が英語でも同じで、lever fileです。
ここまでくると皆さん文房具が色々と気になっていると思います。先ほど、穴を開ける機械があったと思いますが、穴あけパンチです。日本語でパンチですが、英語でもパンチです。2つの穴をあけるパンチだったら、先程の応用ですが、2-hole punchです。普通パンチと言ったときに2穴や3穴と色々言いますが、いくつかを言わないでいる時にはただpunchでもいいです。ちゃんと言うときにはpaper punchと言います。紙の穴を開けるパンチです。これは皆さんご覧になったこと無いかもしれませんが、実は10個や8個ものすごい穴を一度に開けるようなパンチも、多分業界用だとは思いますが、見ていると面白いです。このようなものを専門に扱っている東京の方まで行くと、とんでもない品物を並べているような文房具店もあって、皆さん見つけたら入ってみてください。一般家庭ではあまり用がありません。

では戻りましょう。文房具と言うと、最初は皆さん筆記用具だと思います。ボールペン、英語でballpoint penです。シャープペンはどうでしょうか。シャープペンは、実は英語ではないということを学びました。mechanical pencilです。シャープペンの芯は、鉛で出来ているわけではありませんが、leadと言います。動詞ではリードです。どこどこに繋がっていくという意味です。これはレッドと呼んで、鉛という意味ですが、シャープペンの芯です。さっき鉛が入っているわけではないと言いましたが、鉛筆と言うので元々は入っていると思います。少量入っていると思いますが、鉛自体ではありません。自体ではないが、leadと申します。蛍光ペンは、英語でhighlighterと言います。ハイライトすると言いませんか。あとサインペンは、そのままではなく、felt markerです。フェルトは布のようなものが先についています。フェルトペンとも言います。英語では、そのようなものをmarkerと言います。だからfelt markerです。

今日のまとめです。色んなファイルの言い方を勉強した後、文房具のコーナーでペンの言い方、そしてパンチの言い方をしました。この後また展開するので、こうご期待です。

分野: 異文化コミュニケーション |スピーカー: 鈴木右文

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ