QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > 幸福・成功のための哲学⑦ (日本の会計、国際会計、税務会計、監査論、コーポレート・ガバナンス、西洋・東洋思想と倫理、経営哲学/岩崎勇)

幸福・成功のための哲学⑦

岩崎勇 日本の会計、国際会計、税務会計、監査論、コーポレート・ガバナンス、西洋・東洋思想と倫理、経営哲学

18/12/17

 松下幸之助・稲盛和夫の哲学においては、「幸福」や「成功」が中心的なものとなっている。
 前者の幸福の例でいえば、例えば、松下幸之助では、「繁栄による平和と幸福」(Peace and Happiness through Prosperity=PHP)の研究のために、周知のように、「PHP研究所」を設立し、様々な活動を行っている。ここでは、幸福とともに繁栄と平和とが掲げられている。
 他方、稲盛和夫では、京セラの経営理念として、「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること」として、物心両面の幸福を中心的なものとして考えている。

1 人生の法則とその性質
 このように、幸せな人生を、信念を持って送るために必要なものとして、以下で説明するような人生の法則がある。しかし、このような法則が存在するなど気づいたことも、考えたこともない人も多いのではないかと思われる。
 人生においては、良くも悪くも、「心の姿勢」(posture of mind)が人生のすべてを支配し、創り出している(「一切唯心造」)、という立場を採用している。
 ☞ 稲盛和夫の哲学を一言で表現すれば、「一切唯心造」である。
   成功=考え方×情熱×能力

 この場合、幸せな人生を送るための正しい心の姿勢を示すものが人生の法則である。すなわち「人生の法則」とは、人生において生じるすべての現象の背後に存在している精神的な法則(「心の法則」)のことである。
 ☞ 松下幸之助も「物的法則」と「心的法則」とを明示している。
これは、物理的な自然の法則、例えば、ニュートンの万有引力の法則などと同様なものであり、目には見えないけれども、また自覚すると否とにかかわらず、確かに現実に存在し、人生において働いているものである。このような人生の法則に気づくためには、一般に深い瞑想などを行うことが大切である。また、ここで非常に重要なことは、これは、不変の法則なので、普遍性があり、真理である。それゆえ、どのような民族にも、どのような宗教にも、どのような時代にも、また老若男女の別なく、共通的に適用されるという性質のものである、ということである。言い換えれば、法則なので、そこには人間的な同情は一切なされない、という厳格な側面があることを意味している。それゆえ、法則に正しく従い、それと調和して生きることこそが、人生において如何なるものよりも大切である。   
 すなわち、人間レベルの感情や知性を超えて、根本原理としての法則に調和して生きれば、長期的な人生において幸せになれるし、成功もするけれども、反対にそれに従わず、それと調和を保つのでなければ、一時的で短期的には幸せや成功はするかもしれないけれども、長期的で持続的・安定的には幸せにも、成功もしないという性質のものである。

2 人生の法則の種類
 それでは、具体的にどのようなものが、幸せな人生を送るための人生の法則と呼べるものなのであろうか?
 実は、複雑多岐で長期にわたる人生において無数の法則が存在するといっても、過言ではない。しかし、それを一つ一つ挙げて説明していると限りがないので、本書では、最も基本的な、次のような九つの最重要な法則だけを紹介したい。
 すなわち、因果律(いんがりつ)、健康、一切唯心造、自他一如、慈愛、本心良心、積極性、潜在意識、空の法則である。

3 人生の法則の体系
 ここで紹介する人生の法則は、表面的な感情としての心ではなく、すべて深い理性としての心に関連するものである。そして、良くも悪くも、心がその人の人生のすべてを支配し、創り出している(「一切唯心造」)。それゆえ、人生において心の姿勢が最も重要なものであり、この正しい心の姿勢の内容を示すものが、ここでの人生の法則であるといえる。これらは、幸せな人生を送るために、最も基本的なものばかりであるが、この中でも、すべての法則を包含する最重要な根本法則として「因果律」がある。
 実は、「人生の法則は、この因果律を正しく理解し、実践するだけで十分である」といえるくらい重要なものである。言い換えれば、人生を「因果律の心境」で生きることが最も大切である。他の法則は、これを領域ごとに細分化したに過ぎないものといえる。そして、それぞれの基本法則の下にさらに、細分化された法則があるいう関係にある。それゆえ、人生の法則の体系図は、次のようなピラミッド型になる。

4 ここでの立場
 ここで説明する人生の法則に関する真偽の証明は、過去の長い人類の歴史を振り返れば、明白であり、繰り返し証明されてきている、というものである。すなわち、ここでは、「証明は事実を持って行う」という立場に立っている。言い換えれば、ここで人生の法則として示されているものに従って生きて、本当に幸せや成功が得られるか否かを、過去の歴史を見て、自主的・主体的に判断して欲しいということである。
 なお、より具体的な実験は、「本書で書いてあることと全く反対のことを行って、長期的に幸せになれるか否かを試してみること」である。答えは、自(おの)ずから明白である。
 
5 むすび
 成功・幸福のための哲学においては、成功し、幸福に生きるために、「人生の法則」に従って生きることが大切である。

分野: コーポレートガバナンス 財務会計 |スピーカー: 岩崎勇

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ