QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > ケンブリッジリポート2018②中小レンタカー (英文法理論、コンピュータによる英語教育/鈴木右文)

ケンブリッジリポート2018②中小レンタカー

鈴木右文 英文法理論、コンピュータによる英語教育

18/11/23

今日はレンタカーの話をします。以前も話をしたことが少しあったかもしれませんが、今回はイングランドの真ん中にあるヨークシャーをレンタカーで周りました。なぜレンタカーを使うかということは、皆さんもご想像がつくと思いますが、公共交通機関がなかなか無い所ということです。実は私も趣味があり、そのような公共交通機関が不便な所のバスや電車の時刻表を持ってきて、何とか行程が組めないかを考えることが大好きでやってみました。しかし、さすがにどうしようもなくて、朝夕一往復ずつというようなところばかりでした。そうすると時間的にもったいないです。よく、海外に出掛けていってなかなか来ないバスを3時間待ったなどの話をよく旅の番組等でしていますが、中々文明国でそれは辛いものがあります。そこでレンタカーの登場です。

みなさんはレンタカーということになるとどうしていらっしゃるのでしょうか。海外で車を借りたことがないと、交通規則がもしかして違うかもしれませんし、車の運転の方法も違うかもしれませんし、向こうの人のマナーも違うかもしれないので不安と思います。
まず国外運転免許証を警察や免許証のセンターでとります。何千円か掛かりますが、日本の免許証があれば、それを発行してもらえます。それを向こうで提示して借ります。
レンタカーといっても、みなさんの場合思い付く国際的に有名な会社の名前が色々とあると思いますが、今日のオススメは地元の小さな家族経営のような業者をねらったらいいです。今まで見たところ、価格も少し違います。中小経営の方が少し割安な所が多く、意外と大手が混んでいるような時にも中小の方だと空いてることがあります。
色々な利点はありますが、今回感じた利点のもう一つは、イギリスの大手レンタカー会社だと週末に営業所は開かないことが普通です。そうすると金曜日の夕方借りて、土日ドライブして、月曜日の朝返すことにならざるをえません。日本だと、逆に週末こそきちんと営業すると思いますが、向こうは日曜日は安息日だから、そのような文化ではありません。しかし、中小の業者だと、例えば土曜日と日曜日も半日だけの営業するところがあります。今回行った会社は面白くて、たしか土曜日は午前中だけ、日曜日は朝の2時間だけ営業していました。2時間でいったいどうするのかと思いましたが、実はその会社は、よくあるアメリカであるシステムで、車を返す時は時間外でよく、所定の駐車スペースに入れて鍵を特殊なボックスに投函しておけばいいというシステムでした。この場合は日曜日の朝、借りに行くだけでいいです。返す時は営業所が開いてなくもていいです。これは非常に合理的なシステムと思いますが、このようにして週末でも開けてくれいてる店があったことが、私には凄く今回幸いでした。しかもそれが中小のレンタカー業者だからこそ、そのようなことが出来るので、皆さんも諦めずに土日だけ使う、しかも金曜や月曜にまたがらなくてもいいというような旅程を組みたい時には、中小の業者を当たってみてください。

中小のレンタカー会社を探す時は、10年前は大変でしたが、最近は大抵の中小業者もメールで予約やwebページで予約などが出来るようなところ多いので、凄く助かるようになりました。昔は国際電話をドキドキしながらかけることが多かったですが、最近わりといいです。大手の会社の場合もそのようにインターネット予約をすることが最近多いですが、日本の様々なレンタカー会社と提携して、そこでも出来る場合があります。しかし、中小の場合はさすがにそこまではいきません。例えば、イギリスの政府の観光庁がホームページを持っていますが、そこが持っているホームページの中で色々な業者を紹介しています。そこは、さすがに大手しかありません。だから中小の場合は、1つひとつの会社のwebページやメールアドレスを探っていかなければなりませんが、それは最近皆さん検索慣れていらっしゃるので何とかなると思いますよ。

英語の授業になりますが、レンタカーはCar rentalといれたらいいと思います。それで都市の名前入れると大体何かヒットします。人口1万人や2万人くらいの小さな町でも1件くらいあるのでとてもいいです。そして、レンタカーを使ってとてもいいなと思うのは島嶼部、島です。殆ど公共交通機関が何もないところで、しかも空港から町の中に泊まりに行くまで20キロ離れてて公共交通機関もないという話があります。どうしても島へ行く時にはレンタカーが必要になります。そのような旅こそとっても面白いです。日本人殆どいません。是非レンタカーの旅を、しかもイギリスはハンドルが右なので、道路も左側を走るので、もう本当にウインカーと方向指示器が反対に付いているくらいしか違わないので是非皆さんトライしてみてください。

今日のまとめです。レンタカーをイギリスでねらう時、是非中小業者をねらってください。いいことが色々あります。週末にも営業していることも多いので、値段も割安なことがあります。今回良かったのを一つ追加すると、大手はオートマが普通高いですが、中小で凄く安かったです。

分野: 異文化コミュニケーション |スピーカー: 鈴木右文

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ