QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > 昇進する人、しない人 (リーダーシップ開発、倫理、価値観/村尾佳子)

昇進する人、しない人

村尾佳子 リーダーシップ開発、倫理、価値観

18/09/28

皆さん、「昇進する人/しない人」について関心があるのではないでしょうか。
前回は「上司から信頼される人/されない人」についてお話しました。「昇進する人」と聞くと、やはり上司から信頼される人がなりやすいと考えがちですが、信頼されているからといって必ず昇進するとは限らないのが会社の怖いところです。上司からは信頼されるけれども、単なる使い勝手の良い人になっているかもしれません。そこで、今日は「昇進」について少し考えてみましょう。

まず、「昇進」というのは上司が気に入ったからではなく、各会社に昇進基準というものがあり、それに則って評価されます。そのため、会社の「評価基準」を正しく理解する必要があります。ある一定のところまでは直属の上司の評価だけで昇進するということもあるかもしれませんし、ある一定以上は明確に会社の試験や面接があり、場合によってはグループディスカッションをさせられるような会社もあったりします。そもそも会社自身の昇格基準がどういうものになっているのかを正しく理解しておくということは非常に大事です。

その他にも、「どういう人を望んでいるか」ということは会社によって異なりますし、会社の外部環境によっても人事評価要件が変わるタイミングがあります。当然そういったニュースにもしっかりと耳を傾けて理解しておく必要があります。よくあるパターンとしては、外資と内資(国内の企業)での違いです。外資系の企業では、自分からアピールしていくことが求められる場合が多いですが、国内企業ではアピールばかりして面倒くさい奴と評価がむしろ悪くなることもあります。また、逆に国内で働いていた人が外資に行った場合には、「全然言ってこない君が悪い」となることもあるため、会社は固有だということを理解した上で、自社は一体どういう基準なのかを理解しておくこと必要があります。

また、「誰が評価をするのか」ということも理解しておく必要があります。直属の上司ばかり見ていても、別の上司がすごい力を持っている場合もありますし、部門トップが力を持っている場合、一定の力を人事が持っている場合、企業によっては360度評価で同僚の評価、あるいは上司よりも部下の評価を加重、平均的に重視するところもあります。そういった評価者も企業によって大きく異なります。そのため、まずは誰が評価者なのかということを正しく理解しておかないといけません。
さらに、「上司の期待は何なのか」ということもきちんと把握しておきましょう。「評価される」ということはどういうことかというと、「期待値」があるわけです。その期待値を超えるから評価をされるのであり、それを超えないと評価をされないわけです。さらに言うと、期待と全然違うことをいくら頑張っても、「そんなことを君にやって欲しいとは思っていなかった」ということになりますので、そもそもどういう期待を自分に寄せられているかということを理解しておかないと、勝手に思い込んで頑張っても、実際は会社が求めていることではなかったということになりかねません。

さらに直属の上司が何を評価するのかとか、上司の特性がどうなのかということの理解もとても大事です。非常に細かいことを全部見てくれる上司もいますが、上司も忙しいので、逆にほとんど見ていないという上司もいます。そうすると、自分の上司はよく見てる上司なのか、あまり見ない上司なのかをまず理解しておかないといけません。よく見てくれている上司はアピールしなくても正しいことを正しく頑張っていればきっと評価してくれます。しかし、見てくれない上司の場合は、ある程度自分でアピールしないと気付いてもらえません。しかし逆に、本当は何もやっていないのにアピールだけして上司に取り立てられているという人もたまにいたりします。非常に腹立たしいことですが、残念ながらそういう上司がいることも事実です。そうすると、見ていない上司には一定のアピールをするということも意識的に行わないと非常にもったいないことになります。上司の特徴を把握するという点では、何をしてほしくて何をしてほしくない上司なのか、事細かく全部報告して欲しい人なのか、ポイントだけでいい人なのか、そんなところを最低限理解しておくことも非常に大事です。上のポジションになればなるほど自分の部門だけではなく、それ以外の部門の人からの評価も加味される会社も多いと思います。そうすると、全方位的に普段あまり関りがない人からも当然評価されている方がいいわけです。そういう意味では、出来るだけ色んな人と関わって、ネットワークを作って、「この人使えるよね」と思ってもらう方が、限られたポジションの中で相対的に優位になります。色んな人とネットワークを作っておくことも忘れないでください。ただし、今までの話は、社内での昇格の話だったわけですが、これからのの時代に気を付けておかないといけないのは、その会社自体がなくなってしまったり、どこかの会社と合併されて評価基準が変わってしまったりした場合には全く役に立たないということにもなりかねないことです。今後、さらにコンピューター、AIなど情報システム系の発展が進む中で、人間以外がする部分も多く、色んなものを使いこなせるような能力も新しく求められる能力基準に入って来るでしょうし、色んなものを巻き込む力なども求められるようになると思います。おそらくこの先5年以内には、どこの会社も人事評価基準が変わってくると思います。そうすると、どういう変わり方をするのかということを見ておかないといけません。自社では評価されるけど、外に行ったら全く評価されないということもあるかもしれないので、中を見つつもしっかり外にも目を向けて市場価値を認識しておくことも大切です。

では、今日のまとめです。
まず自社のことをよく知るために、「自社の評価基準を理解する」ということから始めてはいかがでしょうか。一方で会社の中でだけ通用する能力が多いと、この先の時代非常に怖いので、外にもバランスよく目を向けておくことが大事です。

分野: リーダーシップ開発/倫理/価値観 |スピーカー: 村尾佳子

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ