QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > ビジネスパーソンのためのヘルスケア (リーダーシップ開発、倫理、価値観/村尾佳子)

ビジネスパーソンのためのヘルスケア

村尾佳子 リーダーシップ開発、倫理、価値観

18/08/13

今日は、「ビジネスパーソンのためのヘルスケア」について、少し考えてみます。
よく「心技体」が大事だと言われますけれども、私は「体心技」ではないかと思っています。体が元気だから心も元気になるというように、どちらかというと体の調子がいいというところが先に来るような気がしています。睡眠や心、体力など自身の体のことをどれだけ普段意識しているかというと、意外とあまり意識していない人の方が多いのではないかと思います。

皆さんは、自分の睡眠についてどのくらい知っていますか?
例えば、自分の最適睡眠時間は何時間か。何時間を超えると体調が良くて、逆に何時間を下回るとしんどくなるか、それが何日続くとどうなるのかなどです。調子がおかしくなる時というのは、睡眠が足りていない場合が多いです。まず、自分の睡眠について。自分の最適睡眠の時間はどれくらいか、深く眠れているか、どうなるようなときにストレスがかかって浅い睡眠になるか、どういうときに寝れないかなど、自分の睡眠について理解しておくことは非常に大切です。
今は、無料アプリもたくさんあり、スマートフォンを横に置いておくだけで自分の睡眠状態を無料で測定できます。深い睡眠の時、人間は、寝息やベッドの振動などでもほとんど動かないということなども、このアプリで測定することができます。アプリをセットしておくと、平均睡眠時間がどれくらいで、いつもだいたい何曜日が睡眠不足になっているか、快眠度は100%のうち何%なのかなどを知ることができます。
それにより、逆に身体面から自分では気付いていなかったストレスの存在に気付くことがあります。
私は日常的に、睡眠アプリを利用して自分の睡眠を測定しています。その結果から、私の場合は、大体6時間睡眠を切る日が3日以上続くと調子を崩しやすくなるということがわかっています。そのため、睡眠時間が短い日が3日続いた翌日には、必ず6時間以上寝れるように全ての予定を睡眠優先に組むようにしています。

その他に、体力も気にかけています。自分の体のコンディション、自分の体力を知る目安として基礎代謝を把握するようにしています。基礎代謝とは、日常生活の中で人が消費するエネルギー量を示す指標です。人それぞれ基礎代謝は異なるため、それに合わせてカロリーを摂取するわけですが、同じ量を食べても、年がいけばいくほど基礎代謝は下がっていきますから、同じような食生活をしているのにあるところくらいから急に太り出すことがあります。どういうことかというと、代謝が下がっているわけですから、ベストコンディションは保つためには、年齢によって食べ物を変えるなど量に意識を向ける、或いは運動する習慣をつけるなど、何らかの工夫が必要です。そのためにも、ベストな状態を理解しておく必要があります。また、それが出来ずにいつまでも若い気分になっていると、怪我をしてしまうことにもなりかねません。よく運動会でお父さんが若かりし頃の自分のイメージで運動をして転んで怪我をしてしまうという話を聞きますよね。きちんと今の自分の現状を把握するということが大切です。

また、自分の調子の変調に気づけるかどうかが非常に大事になってきます。女性の場合、化粧のりなどお肌の状態から自分のコンディションに気付くということがあるかもしれません。しかし、男性の場合は、なかなか気づきにくいかもしれません。しかし、日々のチェックにより、自分のコンディションをコントロールすることが可能になるため、自分の体調を意識するということは非常に大事だと思います。あと人間は、弱いところに不調が出てきやすいため、頭痛や肩こり、手足、筋肉痛もそうかもしれませんが常にそれぞれの体の部位にも意識を向けていく必要があります。そのためには、普段からいかに自分の体のことを知っているかが大事です。活躍していてこの人元気だなという人は、意外と筋トレ行っていたり、マラソンしていたり、睡眠をちゃんと計っていたり、何らかの工夫をしています。いいパフォーマンスを出すためにも、自分自身の健康管理をして、自分の体を意識する重要性を認識していただけるといいかと思います。

では、今日のまとめです。
ビジネスパーソンとして、やはり自分のヘルスケアもきちんとしていきましょう。まずは、自分のベストコンディションがどうなのかを理解することで、自分の異常にも気がつくことができます。普段の自分の睡眠時間を意識するところから始めてみてはいかがでしょうか。

分野: リーダーシップ開発/倫理/価値観 |スピーカー: 村尾佳子

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ