QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > デンマークの国際ランキング① (国際経営、国際物流/星野裕志)

デンマークの国際ランキング①

星野裕志 国際経営、国際物流

18/06/11

モーニングジャムの「世界の国をもっと知ろう」のコーナーではありませんが、今日は普段のお話とはちょっと変わって、北欧のデンマークの話をしたいと思います。

デンマーク人の友人と話をしていて、この国にとても興味を感じたので、ゴールデンウイークに3泊4日で行ってきました。何にそんなに興味を持ったのかと言うと、どうしてデンマークは、様々な世界的なランキングで、トップに位置しているのかということが知りたかったからです。

デンマークは、人口が約578万人ですから、福岡県の人口の510万人よりも少し大きいくらいですし、GDPは世界の37位というむしろ小さな国です。

それにもかかわらず、幸福度で世界の3位、汚職の少ない国として世界で2位。世界の競争力ランキングで7番、女性の就業率世界7位です。デンマークは北欧の国ということ以外に、あまり馴染みがありませんが、いろいろな点で世界でもトップクラスということになります。

そこでまず注目するのは、国連の「持続可能開発ソリューションネットワーク」が発表した世界幸福度ランキングですが、デンマークは世界156カ国中で3位でした。

これは、人口当たりのGDP、社会的支援、人生選択の自由度、健康寿命などの幸福度を集計した結果ですが、デンマークは昨年の世界トップに続いて、今年は3位でしたが、7年連続のトップ3だそうですので、まさに世界で最も幸福な国の一つと言えます。ちなみに、日本は54位でした
学制給付金制度呼ばれる返済義務のない奨学金が支給されて、大学まで教育費は無料ですから、日本で今問題になっているような奨学金の返済の問題はないわけです。また、医療費は基本的に無料で、誰でも豊かな老後が送れるということに、少しも国民の不安はないようです。

さらに、20~60代の女性の社会進出率が73パーセント以上と、これも世界のトップ10に入るのは、子育て環境が整っているという理由があるようです。

こんなことを知ると、デンマークに移住したくなります。次は、デンマークの別の面についてお話ししたいと思います。

デンマークの所得税は、住民税と付加医療税という税金を合わせると52パーセントくらいになるそうです。これでも世界で3番目くらいのようですが、収入の半分以上が税金の支払いになるということです。ちょっと辛いですね。

日本は累進課税ですから、年収によって税率が変わりますが、所得税は年収695万~900万円で23パーセント、900万円から1,800万円で33パーセントですから、それと比較しても、52パーセントははるかに高いということになります。

さらに消費税は25パーセントで、日本の3倍です。世界でも2番目か3番目の税率の高さということです。

社会福祉が充実しているのは良くわかりますが、それはこんなに高い税金に支えられているのです。ただそんな時に、見落としてはならないランキングは、世界でも政治などの面でも最もクリーンな国という点です。

世界の腐敗や汚職を監視する「トランスペアレンシー・インターナショナル」というNGOによる「腐敗認識指数」によると、世界180カ国の汚職や腐敗度の調査で、デンマークのクリーン度は、ニュージーランドに次いで2位でした。デンマークは、毎年トップかトップクラスに位置しています。ちなみに、日本は20位でした。そんなに高いですかね。
デンマークは、幸福度でも、税率でも、またクリーン度でも、常に世界のトップかトップクラスにあるというには、全てリンクをしているように思います。

学校を中退した人や成人教育のための施設に連れて行っていただいたのですが、高校卒業資格を取るために、あるいは再就職に必要な能力とスキルを身につけるために、全てapple社製の最新の機器と設備のデザインに優れた快適な施設でした。

つまり、それだけの税金を支払うことになっても、質の高い教育を受けて、現役時代に安定した生活を送って、豊かな老後が過ごせるというのは、政治に対する信頼があるからこそではないでしょうか。日本のように、老後に備えて貯蓄をするとかして、自ら守る必要がないということです。社会の信頼性が基盤にあるということです。

今日のまとめ:GDP世界37位のデンマークでは、なぜ世界でも最も高い税金を払いながら、幸福度でも世界のトップクラスなのか、いくつかの世界のランキングと共に説明しました。

分野: 国際ロジスティクス 国際経営 |スピーカー: 星野裕志

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ