QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > S-C- Pモデル (企業戦略、生産管理/目代武史)

S-C- Pモデル

目代武史 企業戦略、生産管理

18/04/25

 今回から企業戦略をテーマにお話をしていきたいと思います。今回は企業の業績の決定要因は何かというテーマで考えてみたいと思います。
 儲かっている業界としてどのような業界が思い浮かぶでしょうか。IT関連や金融関係、製薬関係の業界は、一般的に利益率が高いと言われています。
 では、そのような業界はなぜ儲かるのでしょうか。IT業界は市場が伸びていて、ハイテク産業で、今や我々の生活や産業に不可欠になっています。金融関係も生活や経済に不可欠であり、規制業種でもあります。さらに製薬業界も生活や医療に不可欠です。薬の価格設定は自由度が低い一方で、保証もされているという面があります。企業数もある程度限られているといえるでしょう。このように、儲かる業界とそうでない業界をみていくと、何か共通するパターンが見えてくるかもしれません。そして、そうした共通パターンが見えてくれば、戦略を立てる上で手がかりになります。

 ある業界が儲かりやすいか否かは、その業界の魅力度の問題です。業界の魅力度を評価する枠組みにS-C-Pモデルというものがあります。Sは英語のStructureで、業界構造のことです。CはConductで、行為や行動を意味します。PはPerformanceで、成果です。S-C-Pモデルは、業界の構造が企業の行動を制約し、その結果企業の成果であるパフォーマンスも影響を受けるという戦略分析モデルです。
 まず業界構造ですが、一般的には4つの形があると言われています。独占、寡占、独占的競争、完全競争です。独占は、業界に1社しかいないために全ての需要を独り占めできる状況を意味します。独占の対極に当たるのが完全競争です。業界の中に無数の企業がひしめき合っていて、かつ製品の差別化自体も難しいため、どの企業も価格決定権を持っていません。そのような状態のことを完全競争と言います。こうなると、生き残るのが精一杯でなかなか儲けるというのは難しいことがわかります。この両極の間にあるのが寡占と独占的競争です。
 寡占は業界の中に数社しかいないという状態です。数社しかいないので競争はあるものの、お互いの顔も見えるという状態で、ある種の駆け引きを通じて膠着状態になりやすいといえます。最後の独占的競争とは、製品やサービスの差別化などによって競争状態だけれども、ある領域では独占的な状態を作り出せる余地がある状態を意味します。全体的には厳しい競争状態であるものの、あるセグメントだけ見るとすごく差別化が出来ているとか、ブランドが立っているなどして、独占に似た状況をつくり出している時、独占的競争と言います。
 業界の競争度は、完全競争であるほど厳しくなり、独占的であるほど緩やかになっていきます。

 次に企業が取りうる行動ですが、これは業界構造に左右されます。企業行動の自由度がもっとも高いのは独占状態です。製品の供給量や価格決定に大きな裁量を持つことができます。逆に、完全競争の業界では、どの企業もほとんど裁量がないという状態で、市場価格は相場に従わざるをえません。このような状態をプライステイカーと言います。差別化が出来ないので価格で勝負するしかないという状態がこのプライステイカーの状態です。
 寡占の場合、少数の企業同士がお互いの様子を伺いながら駆け引きを行っている状態なので、ある種の安定状態あるいは膠着状態に収まります。これを米国ユタ大学のジェイ・バーニー教授は暗黙的談合と呼んでいます。明らかな談合ではないけれども、駆け引きの結果収まるところに収まっているということです。
 最後に、独占的競争が成立する業界では、差別化など工夫の余地が残されていますので、企業は他の会社との違いを見出すことで価格決定の裁量を確保したり、コスト上の優勢を獲得したりできる可能性があります。
 このような業界構造から企業行動へと至る影響の結果として企業のパフォーマンス、つまり儲けやすさが決まってくると考えられています。一番儲けやすいのは独占状態、二番目に儲けやすいのは寡占状態、三番目に儲けやすいのは独占的競争で、一番儲けにくいのは完全競争となるわけです。

 今日のまとめです。業界の魅力度、つまり儲けやすさを評価する分析枠組みにS-C-Pモデルがあります。これは業界構造が企業行動を制約し、その結果、企業成果つまり儲けやすさを規定するという経済モデルです。このモデルは必ずしも厳密なものではありませんが、業界魅力度の大きな構造を見る上で役に立ちます。S-C-Pモデルでまず業界の魅力度の大枠を掴んだ上で、さらに詳細な分析はより粒度の細かい分析手法を活用するとよいでしょう。

分野: 生産管理 |スピーカー: 目代武史

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ