QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > 変革リーダーシップ~実践からの知恵~①危機意識を高める (企業家リーダーシップ/廣瀬 聡)

変革リーダーシップ~実践からの知恵~①危機意識を高める

廣瀬 聡 企業家リーダーシップ

17/12/22

今日は初回ですので、私のキャリアを含めてお話をさせていただきます。
私は講師歴15年、グロービスに入ってからは1年目になります。社会人になって29年経ちますが、最初の約10年間は、銀行でデリバティブの業務と一部アライアンス業務のようなことをやっていました。その後、アメリカのコンサルティング会社に5年ほど勤めた後、アメリカの保険会社「AIG」に加わり、42歳の時に役員になりました。その後、リーマンショックが起こり、会社の立て直しに携わった後、日本で最大手のコールセンターの会社の常務執行役になり、最後は共同COOを務め、去年グロービスに参入しました。

教鞭をとり始めたのは、アメリカのコンサルティング会社に入社したころからです。「自分が仕事(事業)で学んだことをいかに若い次の世代の人達に伝えていくのか」ということを考え、平日は働き、土日はどちらかで教鞭をとるということをかれこれ15年強続けています。
現在グロービス経営大学院では、「会社の再生」や、そのための「リーダーシップ」、あとは財務系「M&A」「企業・事業評価」についてのクラスを日本語と英語で担当しています。

今日からは「会社を変えていく8つのステップ」について、数回に分けて、私自身の実体験を踏まえながらみなさんにご紹介していきます。

まずは「ステップ1」のお話です。
今日お話をしたいのは、「危機意識を高める」という観点から、「実際に自分自身のお金を使って事業をしているという意識を持ちましょう」というお話です。
会社の中で仕事をしている時に、「自分のお金を使って仕事をしている」という意識を持っておられる方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。
実は、私自身持っていなかったというのが正直なところで、それがどういう風に変わっていったのかというところをこれからご紹介したいと思います。

自分自身が役員として1つの事業を担当していた時の実際の話です。ある単月の利益目標に1,600万円足りなかったということがありました。利益は出ているのですが、目標としている利益よりも1,600万円足りなかったわけです。経営会議で、「すみません、1,600万円ほど達しなかったのですが、一応利益は出ました」という報告したところ、当時のCEOから呼び出しを受け、次のようなお話をされました。

「廣瀬、業務の1か月間は何時間だ?」-160時間です。
「では、今から1時間ごとに10万円ずつ自分のお金を降ろしてCEOの部屋に持ってきなさい」
「1か月の労働時間が160時間で1600万円の"損失"ということは、1時間当たり10万円ずつ"損失"を出しているということだろう」

本当は損失ではありませんが、このCEOは「自分のお金を扱って事業する覚悟というのは、そういうことだ。その時今回とお前は同じ判断を下すだろうか?ということを自分自身に問いたださないといけない。それが責任者としての考え方だ。自分自身と周りが1時間1時間ごとにどれだけの価値を生み出すのかという意識を持たないでどうして役員が出来るんだ」ということを言われたわけです。

私は悔しくて、実際に毎時間ごとに10万円を降ろして積み上げていきました。1日経ち、2日経ち、意外にそれが大きな数字であること分かりました。1時間に10万円です。それを積み上げていって160時間積み上げた、それが1,600万円になるという意識・緊張感を持って仕事に取り組むと、結果も違ってくるということを実感しました。

実際にこのCEOとオフィスを歩いている時に、「1人1人に1時間ごとにいくら払っているか分かっているか」と質問を受けました。非常に怖い質問です。しかし、そういう風に考えて、この人はかけているコスト(給料)以上にきちんと価値を出しているように、それぞれの方々に仕事をアサインするのが大切だ、ということをそこで教えられたと思っています。

では、今日のまとめです。
「危機感」というのは、自分事として捉えないと実感が持てません。本当の意味での自分の危機感というのは、自分自身の資金を使って、お金を使って事業をしているという意識を持つことです。そして常に1日1日、1時間ごとにいくらずつ積み上げているのか、あるいは失われているのかということを直視しなければなりません。そう考えた時に、今のままの、成行きの進め方では立ちいかないということに初めて気付きます。だからこそ、「自分自身の資金を使って事業をしているという意識を持ちましょう」というお話でした。

分野: 企業家リーダーシップ |スピーカー: 廣瀬 聡

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ