QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > キャリアチェンジを考える時、動き出す前に・・・ (リーダーシップ開発、倫理、価値観/村尾佳子)

キャリアチェンジを考える時、動き出す前に・・・

村尾佳子 リーダーシップ開発、倫理、価値観

17/12/01

どこか少し今の仕事に対して「いまいちだな」「もっとこんなことしたいな」と思った時、キャリアチェンジが頭をよぎった経験をお持ちではないでしょうか。実際にキャリアチェンジに向けて動こうとする前に、少し考えてみていただきたいことについてお話します。

キャリアチェンジと言ってもいくつかの考え方があります。
まずは一番ハードルが低い「社内での異動」です。意外と皆さんいきなり転職をお考えになる方が多いのですが、まずは社内から考えましょう。そして、残念だけれどもそれができなかった場合に初めて「外部」ということで転職を考えていきます。そして、自分で仕事を行う「独立起業」という方法や、今の仕事はそのままに、何か変化が欲しいということであれば、プラスアルファとして外部への仕事を考えていくという方法があります。これから「副業」も認められていく時代になっていくと思っています。

キャリアチェンジが頭にフッと浮かぶ時というのは、大きく分けて二つの動機があるのではないかと思います。一つは「ポジティブな動機」です。もっとこんなことしたいという前向きで、自分のやりたいことが明確になっているけれども、今の会社の中ではチャンスが与えられないというふうな場合です。こういった明確でポジティブな動機はオーケーです。

もう一つを「ネガティブな動機」と呼んでいます。これは非常に要注意で、何らかの不満や不安からくるものです。ここは丁寧に考える必要があります。

例えば、この自分の会社の倫理観が許せないとか、或いは根本的に会社が大事にしているものと自分が大事だと思っているものの価値観が真逆だというふうなことだとすると、これはやはりやめた方がいいかもしれません。この場合は、ネガティブと言っても、自分に合うところが他にあるのではないかと考えているわけなので、ある意味ポジティブなのかもしれません。

それ以外には、大きく短期的な理由と長期的な理由があります。短期的なものとしては、「上司が嫌」「仲間が嫌」、一部給与についての不満もあるかもしれません。ある調査によると、転職を考える時のきっかけとして最も多いのが「職場の環境(上司と合わない)」で全体の30%を占めていました。しかし、冷静に考えると上司は一般的には異動していくものですから、短期的にこの人が嫌だからといって別に辞めなくてもかまわないわけです。場合によっては、その人を反面教師としてそこから何か学べないかとか気持ちを切り替えて考えることもできます。

次に長期的なものとしては、「会社の業績への不安」、「将来性への不安」或いは、そもそも今のこの仕事に思いが持てないというふうなものもあるかと思います。これらは何らかのネガティブ要因ということだと思いますが、いずれにしてもネガティブなまま転職活動に入ったり、或いは異動の希望を出してたりしてもろくなことにはなりません。そのため、ネガティブなところからキャリアチェンジを考えはじめたとしたとしても、ポジティブなものに変える努力が必要です。
これまで沢山の人を見てきましたけれども、やはりネガティブな動機だけでは危険です。今の環境が嫌だからと言って転職した人でろくなことになったことはありません。必ずまた嫌になって、また転職繰り返すというパターンに陥ってしまいます。ここは落ち着いて棚卸しをして、自分がどういうことをしたいと思っていて何が嫌なのかということをロジカルに考える、或いは自分が何かの行動をしたら変えれるものなのかということを戦略的に考える必要があります。

では、具体的にポジティブな動機に変えるとして、どうやって動き出したら良いのでしょうか。やはり大事なのは「計画を立てる」ということです。例え「こんなことがしたい」と言ったとしても、やりたいと思っているところにポジションが無いかもしれません。そもそも、そういうものが求められているのかという市場のニーズをしっかりと確認する必要があります。また、やりたいと言っても出来る能力があるのかという問題もあるため、自分の能力は足りているのかというところをしっかりと見極めて、足りないのであれば能力を獲得してから異動や転職をやっていくことが非常に大事です。その上で、いつまでにどうするのかという期限を区切らないとだらだらいってしまう危険性もあります。ここで大事なのは、辞めてから転職活動はじめるとなかなか自分が思ったような仕事に会えずに精神的にネガティブになってしまいろくなことにならないケースが多いということです。そのため、「辞めるという前に動く」ということも、有っていいと思います。当然、勤務時間中というのはよくないと思いますので、ちゃんと有給休暇を取って面接に行くなど、許される範囲で転職活動をされていかれるといいのではないかと思います。また、実際に転職活動をされる際には、エージェントを使われる場合が今は多いかなと思います。転職のエージェントとは、企業に直接応募するのではなく、仲介をしてくれる担当の方が付いて、その方にこんな仕事を探していると相談していくという形でやっていきます。エージェントの方も、この人はどんな人なのか、ある意味最初の面接だと思った方がいいですので、しっかりと自分がどんなことをしたいのか、そしてエージェントの方が自分の味方になってくれるように、頑張っていくことが非常に大事ではないかと思います。自分の市場価値というのを知るために、そういうエージェントを利用するというのも一つの手ではないかと思います。
私は常々転職する気が無かったとしても、エージェントには登録しておくべきだというふうに言っています。これは、常に自分の市場価値を計れるからです。こんな仕事に興味がありますと言うと、幾つか仕事が来ます。人間はやはり仕事のオプションがあってはじめて、これとこれを比べてこっちの方がいいなと考えるものなので、そういった意味で登録しておくと、オファーが来たときにちゃんと自分の今の仕事を振り返って考える機会になり、意外と今の仕事に満足している自分に気付く場合があります。そうすると、「今の仕事っていいんだな」と思って、より打ち込めるという結果もあります。そういった意味でも、別に会社に対する裏切り行為でも何でもなく、エージェント登録というのは自分の市場価値を理解しておくために非常に大事なのではないかと思います。

では、今日のまとめです。
今日キャリアチェンジを考える時に考えることについてお話ししました。まず、いきなり動き出す前に冷静に今の自分の状況がどうなのかということを計るためにも、エージェントに登録してみるということ、登録するときに様々な情報を記載しなければなりません。その中で客観的に自分がどうしたいのか、何が明らかになっていて何が明らかになっていないのかというところが理解することが出来ます。そうやって具体的に考えて進めていかれることをお勧めします。

分野: リーダーシップ開発/倫理/価値観 |スピーカー: 村尾佳子

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ