QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > シマウマに学ぶマインドフルネス (メンタルヘルスマネジメント/佐藤隆)

シマウマに学ぶマインドフルネス

佐藤隆 メンタルヘルスマネジメント

17/11/06

「ビジネスパーソンがどうやって心穏やかに生き生きと毎日楽しく過ごしていけるのか」というシリーズでお話しています。2回目の今日は、「シマウマに学ぶマインドフルネス」についてです。

今、ストレスサイエンスがどんどんどんどん進化していますが、その進化のポイントを私なりに「シマウマに学ぶマインドフルネス」と名付けてみました。ストレスサイエンスの研究が進み、ストレスの正体は私たちの扁桃体の興奮だと言われていています。扁桃体は、人類が長く生き延びてくるためにどうしても必要な脳の機能です。かつて私たち人類は、様々な怪獣に囲まれて生活をしていたわけですが、そうした中で猛獣と出会うと体が緊張し、木に登ったり、逃げたり、戦ったりと瞬時に身を守る術を判断してきました。これがいわゆるストレス状態です。つまり、ストレスは「不安」と「恐怖」ということになります。ところが、サバンナで暮らしているシマウマをよく観察してみると、周りにライオンの群れがいる中で平然と食事をしているわけです。あれが私たち人間だったら、いつ食べられるか分からず、毎日不安と恐怖に怯えていなければいけないでしょう。勿論シマウマもライオンが襲ってきたら逃げるでしょうけれども、そうでない時はその心配をしていないわけです。

私たちがストレス状態になる時というのは大きく2つあり、1つは「先々のことを心配した時」です。つまり、会社が無くなってしまうのではないかとか、解雇されてしまうんではないかという未来に対する不安です。こういったことを考えていくと、扁桃体が興奮しストレス状態になります。いわゆる「取り越し苦労」というのが非常に大きなストレスの要因になるわけです。先のことがどうなるか誰にも分からないわけですから、先々のことを考えても合理的な結論は出てきません。もう1つは「過ぎ去った昔のことを考えて後悔する」時です。「あの時この人と結婚しなければよかったとか、あの時この会社に入らなければよかった、あの時こうしとけばよかったのに」というストレスです。ストレスの正体は、よく紐解いてみますと、「後悔」或いは「不安と恐怖」がある状態といえます。

メンタル不全の状態になると、この状態にすっぽりはまってしまうということになります。「シマウマに学ぶマインドフルネス」と名付けたのは、シマウマは過去を後悔したり、将来のことを考えてこれから老いていく自分を考えて老後の心配をしたりしないからです。シマウマは、日々Here and now、「今ここ」を生きているだけなのです。そうするとその時の脳の状態というのは非常に落ち着いた状態になります。

このように、心を落ち着かせ、心をコントロールする方法として「マインドフルネス」ということが言われていています。マインドフルネスとは、雑念を少しずつ瞑想で取り、今の状態でいることにする訓練のことです。そうすると、私たち人間は理性がありますから、様々な情報が入ってくると、現実に起きていなくてもやはり体も心も反応してしまいます。例えば、梅干しやレモンを想像しただけで唾が出てくる方がいらっしゃると思います。これは過去のすっぱいものを食べた経験がインプットされているため、その情報が入ってきただけで体も心も反応してしまっているわけです。では、シマウマはなぜ怖いライオンがいても悠然としていられるのでしょう。過ぎ去ったことも将来のことも考えないでただひたする「今生きること」に専念しているからです。この状態を作るのがマインドフルネスであり、アメリカのハーバードやスタンフォードやイエール大学、その他の多くの大学で研究された成果です。今ここに集中してあまり雑念を考えないで生きていくという時間を一日の中で持とうということです。それでその手段として、瞑想をするとか腹式呼吸をするとか、座禅を組むとかそういうことが言われています。そういうことを総称してマインドフルネスというわけですが、あまり難しく考える必要はあり前ん。例えば、帰ったら公園をゆっくり散歩するだけでも、良好なマインドフルネスということになります。マインドフルネスというと、座禅したり呼吸したりヨガしたり何かこう特別なことをしなくてはいけないのかと思いますけれど家の近くの公園を散歩するだけでも違います。

では、今日のまとめです。
ストレス状態の中身を紐解くと、あまりにも先々のことを心配する、過去を後悔するということから出てきていることが分かります。これも大切なことですが、一日のうちのほんの数分でもいいので、何も考えずに頭の中を無にして、ゆっくり落ち着いて穏やかな気持ちでいる時間を作って頂くと、ビジネスパーソンのメンタルヘルスには非常にいいと思います。

分野: メンタルマネジメント |スピーカー: 佐藤隆

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ