QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > 出来るビジネスパーソンはなぜ脳を鍛えるのか? (メンタルヘルスマネジメント/佐藤隆)

出来るビジネスパーソンはなぜ脳を鍛えるのか?

佐藤隆 メンタルヘルスマネジメント

17/10/30

グロービス経営大学院の佐藤隆です。「リーダーシップ」と「メンタルヘルス」を教えています。私自身は、日本で最初にメンタルヘルスを始めた日本鋼管病院というところで長い間臨床をした後、東海大学からグロービス経営大学院で働いています。2015年の12月1日から、皆様方の職場でも「ストレスチェック」が義務化されたと思うのですが、その背景には、ストレスで大きく悩む方々が増えているという現状があります。そこで、今日から「ビジネスパーソンが毎日元気に楽しく働けるようにするにはどうすればいいか」ということについてみなさんとお話ししていきたいと思います。

シリーズ1回目の今日は、「出来るビジネスパーソンはなぜ脳を鍛えるのか」というお話です。実は、ストレス学では、25年程前からアメリカのハーバード、スタンフォード、イェール大学を中心に、ストレス学の研究が飛躍的に伸びてきました。私たちも日本で40年以上前からストレスを研究しているのですが、それまでは人間の脳を見ながらストレスの研究をするということは出来ませんでした。サルやネズミ、ネコなど動物を対象とした実験に限定されていました。しかし、最近はCTスキャンやMRの普及が進み、生きている人間の脳の状態がリアルタイムでわかるようになりました。そのため、ストレスがかかった時に、どういう脳の状態になるかということがわかるようになり、この研究は発達してきました。今、日本全国ではメンタル不全で悩む方が非常に多いわけですが、これはある一つの説によると、脳の疲労が原因になっているということが考えられます。

心の疲れは実は脳の疲れと関係しているということです。ということは、「脳が疲れている」、その脳の疲労を取り除いてあげれば、心も改善するということになります。私たちの脳の中には、魚・ワニ・ウマ・チンパンジー・人間に共通する「扁桃体」というところがあり、「原始の脳」と言われています。ストレスは外敵から身を守るためにあります。つまり、怖い目に遭うと緊張して、走って逃げるような状態を作るわけです。そのため、ストレス状態になると私たちは汗が出たり、心臓がどきどきしたり緊張します。それによって危険を回避するわけです。それから、ストレスになるとよくパワハラが起こります。つまり、普段は冷静な人でも、怒ってみたり、感情的になってみたりするのです。扁桃体というのは、私たちの情動を司る脳の機能なのです。ここが興奮してくる状態がストレスの一つだと言われるようになってきました。そのため、ストレスの大きな元である「扁桃体」を抑えることによって、他の脳の活動の活発化につながります。

その扁桃体を抑える、興奮を抑えるために「ビジネスパーソンは脳を鍛える」必要があるわけです。
脳の鍛え方は非常に簡単です。いわゆる腹式呼吸をしたり、少し散歩をしたりすることによって、脳の扁桃体は抑えることができます。興奮させる脳のホルモンも、90秒ぐらい我慢していると、徐々に鎮静していきます。例えば、非常に頭にくることがあっても90秒ぐらい間を置くと、その怒りも収まっていきます。そうして間をおいて相手に話すことで、ハラスメントにならずにうまく対応できるようになります。

最近流行りの「アンガーマネジメント」とは、まさにそのことです。怒りをコントロールして、怒りたくなるところをちょっと隣の部屋に行ってみるとか、そういうことによって逃すわけです。最近は、座禅を組むとか、瞑想をするということもブームになっていますが、それもその一つです。最近の研究では、瞑想をすると、ただ扁桃体が収まるだけでなく、脳の機能の状態が回復するということも分かってきました。これは1936年にカナダの生理学者のハンス・セリエ博士がストレス学説で論文にして発表していますが、これが科学的にも証明されてきました。これまで、動物実験で証明されていたことが、人間でも同様のことが言えるということが少しずつ分かってきています。

ストレスの脳と言われる扁桃体が興奮すると、肝心のビジネスで使われる理性的な大脳皮質の部分が動かなくなってしまいます。そのため、ビジネスパーソンとしては生産性も効率性も上がらないということになります。そうすると、やはりいつも心穏やかにして冷静にして対処するということが、現代では出来るビジネスパーソンの条件ということになります。自分がどうやって心穏やかに過ごすかというのを鍛えていかないといけないということです。

では、今日のまとめです。
いわゆる現代の出来るビジネスパーソンは、いつも冷静で穏やかな心で日々の仕事をこなしていくということがポイントになります。

分野: メンタルマネジメント |スピーカー: 佐藤隆

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ