QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > イノベーションを育むサンディエゴの地域性(その1) (産学連携マネジメント、技術移転、技術経営(MOT)、アントレプレナーシップ/高田 仁)

イノベーションを育むサンディエゴの地域性(その1)

高田 仁 産学連携マネジメント、技術移転、技術経営(MOT)、アントレプレナーシップ

17/10/18

・前回まで2回に渡って、米国カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)の産学連携について、近年のアントレプレナーシップや大学発スタートアップ重視へと方針転換し、サンディエゴ地域が持つエコシステムとのシナジーを高めている点などを解説した。
・今回から2回は、もう少し幅広くUCSDおよびサンディエゴのイノベーションを育む地域性について解説したい。
・まず、サンディエゴの産学連携を語るうえで欠かすことのできない組織CONNECTを紹介したい。CONNECTは、1985年にUCSDの研究成果と外部の投資家や事業家のネットワーク強化を図るために、UCSDのエクステンション・スクール(公開講座部門)の業務に携わっていたメリー・ウォルショックという女性が設立した組織である。
・当時のサンディエゴ地域の産業は、まだ軍事産業(映画『トップ・ガン』の舞台として有名)とメキシコ国境に近い温暖な気候ということで観光産業が中心であり、産業の高度化すなわちハイテク産業の育成が望まれていた。そこで、UCSD学長(当時)がメリーに働きかけ、活動をスタートさせたのがきっかけである。ちなみにCONNECTは、大学から資金援助を得ておらず(UCSDの名称の使用許可だけを得ていた)、地元企業や成功した起業家から資金を集めて独立採算で運営されている。地元産業界や起業家のニーズを丁寧に掘り起こし、それに対する解決策(研究者の紹介や投資家の紹介、良質なネットワーク形成)を提供することで、徐々に存在価値が認められるようになった。
・1990年代に入ると、CONNECTの成功モデルが世界的に知られるようになり、世界の多くの地域でCONNECTと同様の組織が設置されるようになった。そのため2003年には、世界的なネットワーク形成と相互連携を目的にGlobal CONNECTという非営利組織が設立されている。
・CONNECT創設者のメリーは、ダイナミックな成長を遂げる都市はcivic(広い意味での地域全体)の後押しが不可欠と考える。市民や地元企業によるコミットメント(メリーは"Civic Commitment"と称する)によって、新たなイノベーションを創り出す活動が始まる。関連して、都市開発における土地利用のポリシー、地域リーダーのイニシアチブ、起業家の挑戦を横で支えるメンター、地域政府や成功した篤志家(フィランソロピック)による資金投入、等々が相乗的に起こりながら、地域全体のイノベーティブな雰囲気が形成されるのである。以下、幾つかの主要な要素について解説する。

【世界クラスの研究拠点と教育機関】
・サンディエゴ成長の背景として、地域内に世界的な研究拠点すなわちCOE(センター・オブ・エクセレンス)があることが重要だとメリーは語る。UCSDは、スクリプス海洋研究所、工学部、医学系学部(薬学部や大学病院を含む)の3つの世界的な研究の拠点を有しており、今や全米5位の連邦研究費の獲得額を誇る。世界クラスの大学や研究センターが立地していることで、関連して支援サービス業、技術移転機関(TLO)、インキュベーターなどが集積し、相互に連携しながら活動し、イノベーションを起こすために必要なプラットフォームが形成されている。そことによって、イノベーションに関心をもつ人たちが新しいアイデアや成長のための資源にアクセスしやすくなり、取引コストを低減できるのである。
・魅力の核となるCOEを持つ地域は、優れた人材を引きつける。イノベーション実現のために、若者にスタートアップ設立や新しいコミュニティを形成する機会を提供し、それを、資金や経験を持つ人たちが支援するという循環が形成される。

【高度でアクティブなビジネスのネットワーク】
・COEを核として新たな事業アイデアを生み、成長させるためには、アントレプレナーシップを支えるビジネス環境が求められる。高度な知財管理を担う特許弁護士、エンジェル投資家、VC(ベンチャーキャピタル)、マーケティングやアカウンティングなど専門サービス等々が不可欠となる。起業家は、このような地域内の専門家によって不足する機能を補いながら、相互交流的なプラットフォームを形成することで、成功に向けた活動が加速される。
・そこでメリーが強調するのは"信頼"だ。何よりも、具体的なビジネスに入る前に、信頼の置ける関係構築が欠かせない。特に、ハイテクビジネスは不確実でリスクが高いので、関与するメンバー間に信頼がないと前に進まなくなる。CONNECTは、この信頼できるネットワークの形成に寄与し、そのことでサンディエゴ地域も発展してきたと言える。

【今回のまとめ】
・サンディエゴ地域のこの20〜30年の経済成長に対して、CONNECTの果たしたコミュニティ形成の役割は大きい。加えて、世界的な研究教育拠点(COE)や信頼に裏打ちされたビジネス・ネットワークがサンディエゴの成長を牽引してきた。

・次回は、引き続きサンディエゴ地域のイノベーションを育む地域性について解説したい。

分野: 産学連携 |スピーカー: 高田 仁

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ