QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > ビジネスパーソンの悩み相談⑩不必要な資格取得を求められるのはなぜか? (リーダーシップ領域/田久保 善彦)

ビジネスパーソンの悩み相談⑩不必要な資格取得を求められるのはなぜか?

田久保 善彦 リーダーシップ領域

17/09/01

このシリーズでは、会社員の色々な悩みについてお話ししています。今日は、「不必要な資格取得を求められるのはなぜか」という疑問にお答えします。

実際に業務で英語を使うわけでもないのに資格取得を求められ、それが昇進の条件になっている。これから勉強して英語ができるようになるだろうかと不安を感じる...などのように、業務に今すぐ必要ないものを求められるということがあります。これはなぜでしょうか。当然ですが、基本的には会社は合理的に動く性質があります。そのため、本当に未来永劫使わないものを昇進・昇格の条件にはしない場合が多いでしょう。

先ほどの「英語」を例に考えてみましょう。これから日本のマーケットが小さくなっていく中で、会社が生き残っていくためには、日本の外に出て仕事をしなければならない部分が増えていくことが想定されます。そうした事態に備えるためには、英語が出来る人を増やしておく必要があります。しかし、「明日から英語を喋れるようになってね」と言われてもみなさん困ってしまいます。そこで、今すぐには英語を使う必要はないかもしれませんが、数年後英語を使わなければならなくなる人が増えるということを視野に入れて昇進試験に「英語」を組み込むというようなことがなされるわけです。

確かに今は国内の営業をやっていて、英語は使わないかもしれない。でも3年後5年後、製品を海外に輸出するなり海外で商売をすることが増えていくことが予想されるのであれば、今は国内の事業をやっている自分もいずれは海外で(海外を相手に)仕事をしなければならなくなるかもしれません。このような時間軸で考えてみてください。そして、自分が会社を経営する側に立ったとしたら、当然英語を喋れるようになる人を増やしたいと思うのではないでしょうか。そして、どうやったら一番自分の会社の従業員に英語を喋れる人を増やすことが出来るかと考えたときに、「昇進昇格試験」に入れることを思いつくかもしれません。

経営者の方は、世間や業界の大きな変化を敏感にキャッチしながら、常に先のことを考えながら経営をされています。そのため、一人のあるお客様だけを担当しているだけでは見えないようなことが見えていたりします。そうすると、一見すると今の自分の仕事には全く関係がないように見えることを求められることがあるでしょう。しかし、それは3年後、5年後、7年後の先を見ている場合がほとんどです。ですから逆に、「なぜ今の自分と関係ないものを要求されるのだろう」と思った時は、とても良いチャンスです。それをきっかけに、自分の会社が今どういう方向に行こうとしているのかを考えてみてください。
自分の至近の所しか見えていない状況では、英語は必要ないと言っていても、実は会社は海外向けの仕事を大きく増やすように舵をとる準備をしているかもしれません。もしそのような状況であれば、そこで英語が喋れなければ、その新しい会社の中には自分が活躍できるポジションが無いかもしれません。それは非常に怖いことです。

最初に戻りますが、会社は意味のないことは基本的にやりません。なぜ会社はこういうことを言い出したのか、何を自分達に求めているんだろうかということをぜひ一度具体的に考えてみてください。そして、自分の明日からの行動に紐付けてみて頂くというのが、これから先大きく変わっていくであろう世の中で生き残っていく1つの大きな要素ではないかと思います。

ある日突然こういうことをしろと言われても出来ないですけれども、昇格試験に入ってくることで、これからこの会社ではこの能力が求められるということをとてもわかりやく伝えてくれているということです。
ですから、会社の悪口を言って「うちの会社バカなんだよね、使いもしない英語を」など居酒屋で愚痴を言っているのも1つの選択肢なのかもしれませんが(私は絶対にすすめませんが)、何故そうなのかということをしっかり考えれば、実は会社にはそういう大きな戦略があるということを教えてくれているのかもしれません。

では、今日のまとめです。
会社は基本的に合理性を追求するものです。近未来必要ではないと思えることでも、長期的に見た時にこういう能力を持った人を会社の中で増やしたいと思っている可能性は非常に高いです。例えば、今は必要ない「英語」がわざわざ昇格試験の基準に入っているのはなぜなのか。何を会社は狙っているのか。なぜこれを昇格の基準にしてきたのかということを考えて能力開発にポジティブに臨んでいくということが大切です。

分野: リーダーシップ |スピーカー: 田久保 善彦

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ