QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > 短期エグゼクティブプログラムの紹介 (企業財務 M&A/村藤功)

短期エグゼクティブプログラムの紹介

村藤功 企業財務 M&A

17/08/17

今日は短期エグゼクティブプログラムのお話です。40・50代の経営幹部の研修プログラムで、2010年に始めて今年2017年で8回目になっています。博多駅ビルの9階で、MBAプログラムをやっている場所と同じです。QBSは平均年齢35歳位ですけど、40・50代の経営幹部、去年も一部上場企業の社長はじめ、部長・本部長とか取締役とかそういう立場の方が参加しました。今年は11月19日に始めて来年の3月4日まで、日曜日に12回位丸一日かけてやるというプログラムで、途中に華中視察旅行が入っています。

QBSの提携校で、広州に浙江大学があります。浙江大学は中国でトップ10のビジネススクールでとてもいい大学で、アリババのジャック・マー氏達ともお友達で、「ちょっとじゃあ、来るんだったらアリババ見に行かない?」「いいね!」っていう事になって、アリババを訪問することになりました。そもそも行く日にちが12月25日なので、その日に開いているのかという事自体、ちょっと疑問ですけど。我々のお友達の張先生という浙江大学の先生に聞いたら、「じゃあアリババに聞いてみるね。」「OKって言ってた!」という事で、具体的に何を見るのかはこれから話し合う事になっています。

日本はまだ現金で色々な支払いをしますけど、中国はAlipayやWeChat Payなど、もう現金は要らない社会になってきています。一部は日本より進んでいる所もあるのですよ。まあちょっと見に行くというやつですね。

ところで、20・30代の人と40・50代の人では何が違うと思いますか?

立場は勿論違いますよね。20・30代の人達がMBAでこの様に会社を変えようという論文を書いてプレゼンすると、アホかと言われて一日で切られることが多いです。40・50代の人達はそもそも自分が本部長とかで予算を持っていたりしますから、作るプロジェクトがかなりの確率で実施されるというのが一つ違います。

40・50代になると2年間勉強しようっていう人達ではないです。先生の言う事を2年間我慢して聞くかっていうと、30分か1時間聞いたら、我慢できなくなって喋りだす。経験が相当に積みあがってますから、問題点に到達するのが早いのです。早いところ問題点に行って、早いところディスカッションをし、色々な人達が色々な意見を言うという事で、30代のMBAプログラムと40・50代の短期エグゼクティブプログラムでは少し違います。企業内では偉い人たちなので部下は皆言うことを聞くのですが、エグゼクティブプログラムはポジションでいうことを聞く人たちではないので説得しなければなりません。

やっている内容は全然違うかと言うと必ずしもそうではなくて、勿論ビジネスマンとして成功するためには全部分かっていなきゃいけません。戦略だとか組織だとか人事だとか、新規事業開発とかイノベーションだとかマーケティングだとか財務だとか、やる内容はMBAも短期エグゼクティブプログラムも一緒です。しかし、MBAだったら1コマ90分で15コマやるところを、短期エグゼクティブプログラムの場合には、戦略1日とか、マーケティング1日とか、組織1日、人事1日、みたいな感じですから、より短い時間で、よりスピードも速くそしてより深く濃くやることになります。さらに、問題点に関して自分の意見と、全く別の業界での別の選択肢を言う人達の意見を聞いて、グループでディスカッションして説得を試みるというプログラムです。

授業は大体QBSの先生が担当しているのですけど、QBSの先生じゃない先生もいて、例えば、慶應義塾大学から飯盛教授に来ていただいたり、組織・人事は東京の組織人事コンサルティング会社から森先生にお越しいただいたり、QBSがメインですけど必要なところはQBSでない先生も来ていただいているという状況ですね。

最終日には個人プロジェクト発表会があります。3、4ヶ月の間にそれぞれが新規事業計画を作成するという事になっていて、それを発表し参加者全員で色々な意見を言います。参加者の人達は本部長や部長で、自分で予算を持っているので、かなりの確率で自分の事業計画になります。会社に持って行って、OKとかコラとか色々言われたりします。参加企業の社長さんのなかには参加本部長に「もっといい物を作って来い」という人もいて、とても面白いプログラムです。全然違う福岡の他の企業の幹部と知り合いになるいいチャンスなので、是非奮って参加して欲しいと思っています。

九州大学ビジネススクールのホームページを見て頂くと、どういうプログラムなのかとかどうやって申し込むかとかが既に掲載してあります。申し込みは大体9月から10月にかけてなので、これから見てちょっと考えていただいて、色々面白い人達と知り合いになりたいとか、或いは今迄自分はどちらかと言うと技術系で、マーケティングや戦略とか考えたことなかったとか、そういう方達も是非奮ってご参加いただきたいと思います。

分野: QBS |スピーカー: 村藤功

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ