QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > 松下幸之助の経営哲19人生観⑦悩みの本質 (日本の会計、国際会計、税務会計、監査論、コーポレート・ガバナンス、西洋・東洋思想と倫理、経営哲学/岩崎勇)

松下幸之助の経営哲19人生観⑦悩みの本質

岩崎勇 日本の会計、国際会計、税務会計、監査論、コーポレート・ガバナンス、西洋・東洋思想と倫理、経営哲学

17/06/12


宇宙観から始まる松下幸之助の経営哲学のうち第三の側面である「人生観」について解説しています。これはさらに次のような項目に分けられます。今回は人生観の第7番目の項目である「悩みの本質」です。
【人生観の内容】
①人生の意義 ②天分の自覚 ③人間としての成功 ④礼の本義 ⑤信仰のあり方 ⑥礼としつけ ⑦悩みの本質 ⑧健康の原理

2 悩みの本質
・人間は、現実の生活においては、絶えず何らかの悩みを抱いております。そして、その悩みの解決のつかないままに、さらに悩みを重ねて苦しむ場合が少なくありません。
・人間には、本来、悩みがあってはならないのであります。限りない繁栄、平和、幸福が本質的に与えられているからであります。
・素直な心で、この人間本来の姿を自覚していけば、悩みは転じて向上の資(もと)となってまいります。そこから幸福への道が開けてまいります。
現実には「悩み」はあると思いますが、この悩みの本質について、次の三つのことを言っています。第1に、人間は現実の生活においては絶えず何らかの悩みを抱えており、その悩みの解決のつかないまま、さらに悩みを重ねて苦しむ場合が少なくありませんが、これは現実の生活について見た場合です。第2に、人間には限りない繁栄、平和や幸福が本質的に与えられているので、本来悩みがあってはならないのです。これは悩みの本質から見た場合です。第3に、素直な心でこの人間の本来の姿を自覚していけば、悩みは転じて向上の資となっていき、それから幸福への道が開けていく、と言っています。

3 人生の味わいとして
人間は喜怒哀楽を感じる心を持っているので、人生において「悩みはつきもの」であり、テレビやラジオ、小説などを見ると、殆どのものが泣いたり喜んだり、喜怒哀楽を感情豊かに表しています。現実の生活では悩みがあるけれど、もし悩みがないとすると、「人生の味わい」の一つがなくなってしまいます。そして、悩みの克服法として、悩みは人間を高めるために与えられた尊い試金石であるとして、積極的に対処していけということがよく言われます。このような悩みが本来人間に与えられているかどうかを、表面的ではなく、少し深く根本的・哲学的に考えるのが、特徴的なところです。

4 本来、悩みがあってはならない
この場合、より本質的に、一体「悩みが本質的に人間に与えられているのか」否かを考える必要があります。すなわち、次の二つのこと、すなわち①「現実に悩みはある」ということと②「本質的に悩みはあるのか」ということを区別して考えます。通常の人は、本質的に悩みはあると考えますが、根本的には、人間にとって本質的に悩みはあってはならないし、与えられていません。その理由は、宇宙根源の力は、人間に(悩みではなく)限りない繁栄、平和、幸福を与えているからです。ただし、「本来、悩みは与えられていない」ということと、「現実に悩みがある」ということは、別問題です。例えば、別の具体例でいえば、車は、本来故障がないように作られていることと、実際に故障することがあることです。この場合には、本来ないものが、なぜあるのか、ということで、根本的な解決策にまで考えていくことが大切です。別の言い方をすれば、修行して悟った人には悩みはないということです。たとえて言えば、悩みは台風と同じです。台風が発生する前は穏やかで何もありませんが、台風が形成され、段々風や雨が激しくなります。しかし、それが過ぎ去ればまた穏やかな元の状態へ戻るというのと同じです。ですから、本来的には悩みというものはありません。ただ気象現象で一時的に表れてくるもので、絶対的に消えてしまいます。皆さんは1年前の悩みを覚えていますか?恐らく覚えていない方が多いでしょう。自然に消えてしまう、つまり、本来的に無いものです。現象としては生じているで、現実にはそれを感じています。現象として表れているけれど本質的にそれがあるのかというと、それはありません。台風というのは本質的に台風があるかというと、そうではない。気圧や水蒸気等の状態・変化という気象現象で、たまたま台風という現象が一時的に起こります。

5 人間がつくり出している
結論として、人間には、本来悩みはなく、悩みは人間に原因があり、人間が作り出しているといえます。自分自身が作り出しています。悟った人の専門用語にやや難しいのですが、「一切唯心造」という言葉があります。一切、全てのことはただ心が造り出しているという意味です。要するに一切の現象、特に悩みなどは自分が作り出しているということです。もう一つもっとすごいものがあります。何故悩みを自分が作り出しているのか、ここの根本原因が実は本当は一番大切なところです。それはエゴ(自我)があるので、自我で全部悩みを作りだしている、ということです。自分の損になるようなことが全部悩みになってきます。当事者になってみると、自分が損する・得するという自我(エゴ)があり、それが悩みを作り出しています。本当に悟った人は、エゴを捨て去っているので、本来的には悩みはありません。本来的には悩みは無いということは知っておいた方がいいし、悩みを解決するには、エゴ(自我)を捨てればいいということ、だたそれだけです。

6 悩みの解決方法
悩みを消す方法は、悟った人が実践している方法ですが、第1に、悩みは自分がつくり出しているということを自覚すること、第2に、エゴ(自我)を捨てれば、悩みは消えるということです。
エゴ(自我)を捨てるにはどうしたらいいかということが一番難しい。エゴを捨てるってことを知っている人と知らない人は大きく違います。エゴを捨てれば悩みは消えるのだということを覚えておいて下さい。この自覚の下では、いかに悩み・怒り・悲しんでも、悩みという「感情の踊り子」にならず、それを直ぐに打ち消すことができ、心の負担とはならず、悩まなくなり、「瞬間停電」で済ますことができる。


7 むすび
松下幸之助の経営哲学うち人生観では、「悩みの本質」に関して、本来的に人間には悩みは無く、これは自分が作り出しています。悩みを自分が作り出しているということをよく自覚していれば、怒ってもすぐにそれを打ち消すことができます。そうすると悩みがより少なくなってハッピーな生活が送れる、ということです。

分野: コーポレートガバナンス 財務会計 |スピーカー: 岩崎勇

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ