QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > 中国武漢と日本人の「職人魂」① (企業財務管理、国際金融/平松拓)

中国武漢と日本人の「職人魂」①

平松拓 企業財務管理、国際金融

17/02/15


今回は中国の武漢と職人魂のお話をしたいと思います。昨年のクリスマスシーズン、中国の内陸部の都市、武漢という所を九州大学のビジネススクール、QBSが実施している短期エグゼクティブ・プログラム(福岡・佐賀の中堅中小企業の部長さん達向けのプログラム)の研修旅行として訪問しました。華中科技大学ビジネススクールのEMBA(Executive MBA)プログラムの学生さんと交流をすることなどが目的です。学生さんと言っても、相手も大体30代から40代のビジネスマン、ビジネスウーマンです。今回と次回の2回で訪れた武漢の概要と、現地のEMBAプログラムの学生との交流活動の中で強く感じられた、日本人の「職人魂」に対する中国側の関心の高さについてお話をしたいと思います。

「職人魂」については次回お話しするとして、今回はまず武漢についてです。武漢は中国の湖北省の省都で、上海から揚子江を西に直線距離で凡そ700kmくらい、川を辿って行くとおそらく800kmくらい逆上ったところに位置しています。揚子江とその最大の支流である漢江の川の河口に栄えた、武昌・漢陽・漢江、これらは昔武漢三鎮と呼ばれていたのですが、この3つが一つにまとめられた市です。揚子江によって結ばれた中国の沿岸部と内陸部の水上交通の重要拠点ですが、3地域はそれぞれ武昌は政治、漢陽は工業、漢江は商業の要衝という性格を持ち、人口が総計約1,100万人の大都市です。成田からは直行便がありますが、福岡からは上海経由、福岡を飛び立ってから5時間前後かかります。

武漢市の経済規模はGDPが日本円で18兆円前後で中国の都市としては8番目、日本でいうと、福岡県と同じような経済規模です。農業も盛んですが、製造業では鉄鋼業、自動車、そして造船が古くから盛んで、こうした面でも福岡と似た面があります。特に自動車産業では上海汽車、第一汽車と並ぶ中国国営三大自動車メーカーの一つ、東風汽車の本社がります。この会社は日産自動車による技術支援で再建され、その後大きく成長しました。現在では日産自動車ばかりでなく、プジョー・シトロエンやホンダ等も合弁会社を作って、武漢で生産を行っています。こうした古くからの製造業だけではなく、武漢の開発当局がオプティカル・バレーと呼んでいる光ファイバーケーブルの生産基地もあり、これは中国では最大規模で中国全体の4割を製造しています、す。我々も工場見学に出かけました。同時にその他の光電子部品の生産・研究開発の基地ともなっています。

最近では、経済成長で先行していた沿岸部では賃金水準が相当高くなったせいで、やや停滞感が感じられますが、内陸部に位置するこの武漢では、鉄鋼業こそ過剰設備の問題等があって低調ですが、自動車産業や新規の産業を中心に、経済は成長の真只中にあります。更に地下鉄網の整備が急速に進みつつあることもあって、都市としての発展が現在進行形で感じられる、そういう印象を受けました。私達が訪れる機会の多い遼寧省の大連や上海などでは、日本企業の撤退という話も少なくありませんが、この武漢はその点でも大分違う様子です。ただ、道路も比較的良く整備されているのですが、自動車の増加がそれを上回っているために、現地ではひどい交通渋滞に悩まされました。地下鉄建設がハイピッチで進められているので、ここ2、3年で道路混雑も大分緩和されるはずということでしたが、自動車の増え方は猛烈なので、思惑通り行くのかやや疑問が無い訳ではありません。

今回我々が主に活動したのは大学の多い武昌地区で、特に大学が集中するエリアに宿泊したということもあって、昼間には非常に若者が目立ちました。クリスマス期間中であったということもあって、夜になるとホテルの周辺には若者や若者を乗せた車があふれ、イブの晩ともなると辺り一体が渋谷のスクランブル交差点さながらという状態で、バスでの移動は殆ど不可能でした。タクシーでも通常15分程度で行くところが1時間半くらいかかる有様でした。

人ばかりではなく都市としての若さも感じた今回の武漢訪問でしたが、現地のEMBAプログラムの学生との交流活動や「職人魂」に対する関心については、次回にお話しします。

それでは今回のまとめです。
今回訪れた武漢市は、中国の内陸部に位置する人口約1,000万人の、中国においては準大都市です。長い歴史と中国で8番目の経済規模を持つ都市でありながら、沿海部の諸都市とは異なる若さ、躍動感を感じさせられました。やはり中国は点でも線でもなく、面でとらえなければその多様性をしっかりと見据えることはできない、という印象を持ちました。

分野: ファイナンス 国際金融 |スピーカー: 平松拓

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ