QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > やりたいことができるようになるために(能力開発) (リーダーシップ開発、倫理、価値観/村尾佳子)

やりたいことができるようになるために(能力開発)

村尾佳子 リーダーシップ開発、倫理、価値観

17/01/12

今日はビジネスパーソンの「能力開発」についてお話します。
今の時代は自分でやりたいことを考えて、それに最短ルートでたどり着くようなことを考えていかなければなりません。しかし、なぜか違うところに寄り道してしまうような能力開発をしている人も多く見受けられます。能力開発といっても、「不安だから英語の勉強する」とか、「不安だからこの資格を取る」というのは違います。今日はそこの違いをきちんと理解していただくためにお話をしていきたいと思います。

まず、どんな方もやりたいことができるようになるというのが、ビジネス上のキャリアにおいて幸せなことの一つではないかと思います。やりたいことができない理由には、能力の不足だけではなく、チャンスを獲得するための行動をしていないということがあります。
最初に、「チャンスを獲得するための行動」とはどういうことかお話しした後で、能力不足を解消するための「能力開発」にはどういった方法があるのかについてお話しします。

能力は十分にあるのだけれども、チャンスを獲得するための行動をしていない人がいます。チャンスを獲得するための行動ができている人は、やりたいと思っていることを「やりたいです」と伝えていたり、「人事異動させてほしい」ということを上司に交渉したりしています。私は長年色んな方を見ていますが、やりたい仕事ができている人とそうでない人には、その行動に違いがあります。よく「ラッキーだったね」という言葉を耳にしますが、ラッキーだったのではありません。自分がやりたいことをやれている人というのは、自分からやりたいと言って人事の公募の制度がなくても人事に交渉していたり、或いは事業部長に直談判に行っていたり、自ら行動しているのです。ですから、まずは自分からチャンスを獲得するために積極的に行動することが大前提です。

では、チャンスを獲得するための行動がとれていることを前提に、次は「能力の獲得」についてお話しします。「能力の獲得」の方法は、大きく2つあります。一つは「社内で能力を獲得する」という発想と、「社外で獲得する」という発想です。

「社内で能力を獲得する」からお話ししていきましょう。
若手の方から、「ロールモデルの先輩がいないのでどういうふうに能力開発をしたらいいかわかりません」と言われることがあります。それは一つの言訳に過ぎないと私は思っています。ロールモデルといっても、全部が揃っている人はなかなかいません。仕事の進め方は○○さん、人とのコミュニケーションに関しては○○さんというように、自分のテーマ毎に何人かのロールモデルを持つという発想をすると意外と真似できる人がいます。必ずしも参考にする人は1人ではなくてもいいわけです。パーフェクトな人間は探してもそうそういません。

そうやって複数の人を参考にしようと探してもどうしてもロールモデルが見つからないという方もいらっしゃいます。その場合は反面教師にすればいいのです。「こんな人にはなりたくない」と思った時に、それがどういう点なのかを掘り下げて、自分はそうならないようにしようというところから始める。これも学びです。「この人とは一緒に仕事したくないな」と感じた時に愚痴を言うだけではなく、何故なのかというのをきちんと考えることが自分にとっての大きな学びになります。どんなことからでも学べると思えば、本当に学ぶことができます。これは意識の問題です。

次に「成長実感が持てない」という方が結構いらっしゃいます。これは確かに持てないフェーズになっていることもありますが、過去と現在の自分をしっかりと比較しながら成長を楽しむことがとても大事だと思います。しっかりとこれだけ成長できたということを自分で書き出しながら、意識していくというやり方も一つあると思います。

能力開発を考える上で、忘れてはいけないポイントは「実力以上の仕事が能力を飛躍的に伸ばす」という点です。少しチャレンジかなというくらいのレベルの仕事をとりにいくというのも能力開発の一つの方法です。

その他にも、「メンターをつくる努力」があります。メンターと言ってもなかなかピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんが、自分のいいことも悪いことも、特に悪いことも含めてフィードバックしてもらえるような人で、時に厳しくもあり、時には家族のように見守ってもらえる、そんな存在が自分を成長させることにも繋がっていきます。そのようなメンターを探していくということも能力開発するためにはとても大事だと思います。

様々なことを述べてきましたが、中でも一番大事なことは今の仕事を徹底的にやりきることです。成果も実績も出していないのに「こんな仕事をやりたい」と言っても上司が認めてくれるわけがありません。まずは自分でこれ以上ベストは尽くせない、120%やりきったと言えるまでまずはやる。そこがとても大事です。意外と徹底的にやっているか?と自分に問いかけてみると、まだまだだなと思う自分がいますよね。それがあるうちは、まだまだやることがあるということなのかもしれません。

最後に「社外で獲得する」という能力開発についてのお話です。社外に目を向けてみると、朝から勉強する朝活や、週末に勉強するなど勉強会など様々な勉強会があります。ここでまず大事なことは、目的をしっかりと明確にして、なんでもかんでも行くのではなくて、自分がやりたいことに繋がっているような勉強会なのかということにフォーカスすることです。とりあえず何かしていたら安心だからというのもわからないではありませんが、それは何の価値も生みません。
「社内に眠る宝」という意味では、例えば外部に行く研修制度や、自己啓発制度などがある会社もあります。そういった給料以外に会社が出してくれる研修制度がないかをしっかり調べて活用することは絶対やるべきだと思います。社外研修は皆さんが思っているよりも多いと思いますので、積極的にそういった制度を発掘して挑戦してみることが大事です。その他にも地域活動やNPOの活動などからも学べることは非常に多くあります。社内で培えないようなものをそこで経験することが、後にキャリアの実績にもなりますし、一つのやりがいにもなります。例えばマネジメント経験を得られない、つまり部下を付けてもらえないという方が結構若手ではいらっしゃいますが、社外のNPO活動などでプロジェクトマネージャーすることで、社外でそういった経験を積むことができます。お金がなくても何よりも経験ですので、柔軟な発想を持ち、積極的に社内・社外の活動を自分のキャリアアップにつなげていただくと良いと思います。

では、今日のまとめです。

今日はビジネスパーソンの能力開発ということについてお話してきましたが、今の時代、スピードが何よりも大事です。そのため、「不安だからなんとなくこれ」などと寄り道している時間はありません。自分が一体どういう方向の仕事をしたいのか、それにはどういう能力が必要なのか、ということをきちんと理解し、その方向に向かって能力開発をするということがとても大事です。まずは自分がどういうことをやっていきたいのか、現状何が足りないのかを見極めた上で、必要な能力開発の一歩踏み出してみることが大事だと思います。

分野: リーダーシップ開発/倫理/価値観 |スピーカー: 村尾佳子

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ