QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > QBS H28年度短期エグゼクティブプログラム告知 (企業財務 M&A/村藤功)

QBS H28年度短期エグゼクティブプログラム告知

村藤功 企業財務 M&A

16/08/29


今日はQBSの短期エグゼクティブプログラムのご案内をさせて頂きたいと思います。これは2010年に始めたので今年2016年で7回目になります。何をやっているかというと、40-50代の企業幹部を集め、大体日曜日12回ほど行っています。今年は11月の20日に始め、クリスマスぐらいに3泊4日の武漢視察旅行に行き、3月に最終プレゼンをして頂き、終わるというものです。ほとんどは博多駅で開催していますが、12回の日曜日は企業幹部の方々に通常は行っているゴルフを休んで頂き、朝から晩まで勉強して頂くことになります。

朝10時ぐらいから夜5時ぐらいまであります。個人プロジェクトという指導会があるのですが、最終日に皆さんの前で、こういうビジネスプランはいかがでしょうというようなプレゼンを行います。それを行う時は少し遅くなりますが、普通の日は5時ぐらいまで授業です。ゴルフに行ってビール飲んでおしまいというわけではなく、戦略・組織、マーケティングや財務等、色々な事を朝から晩までします。それなりに大変な一日になるということです。

講師の多くはは九州大学ビジネススクールの先生方ですが、、外部からも多少お越し頂いています。例えば慶応の飯盛先生や、東京の組織人事担当のコンサルティング会社にトランストラクチャというのがあるのですが、そこの代表取締役の森さん等、外部の方にも少し参加して頂いています。この森さんという方は私がアーサーアンダーセンでパートナーだった頃に横で組織人事をしていた友人です。九大のビジネススクールのMBAコースというのはもう14年目に入り1年当たり40-50人で500人ぐらい卒業生が出ているのですが、エグゼクティブプログラムというのは毎年大体15人から20人ぐらいの40-50代の人達が集まって毎日曜日に行くものです。40-50代の方々なので、そろそろ経営者になられる方々です。大体事業部長や事業本部長等、事業を経営されている方が多いのですが、自分の事業部を持っているということは、事業部の予算を作ってそれを実行しないといけないということで、それなりに責任を持って色々な事をやらないといけないということになります。そうすると今はどのような感じで、将来どの方向に行くという戦略を分かっていないといけないし、どんな感じの組織でいくか、どんな人事評価をしないと部下の人達は怒るという事等を分かっていないといけません。それから、今までの事をやっているだけではなく、新しいイノベーションや新規事業開発が出来ないと世の中は変わっていきますから、環境の変化に対応し、常に新しく変えていくという事が必要でしょう。

20-30代だとまだ上司がいて、こうしてくださいと課長とか部長に言われたりして、はいと言ってやらないといけません。ところが部長や本部長になると、自分が決めて行わなければなりません。後は他の人はくっついてくるわけですから、経営がある程度分かっていないと他の人達も困ります。それから20-30代の人達のMBAというのは割と教えたら覚えますが、40-50代の人達は、少し聞いたら話したくなるので朝から晩まで8時間人の話を聞くというようなことが出来ません。大体皆さんグループを作って、私はこう思いますよと言うと、他の人達が、いや私はこう思うんだけどなと。それでグループディスカッションをやっていると。2,30代の人よりもポイントに到達するのが早いんですよ。2,30代の人だと色んな事を真っ新で考えないといけないけど、4,50代の人達はある意味経験を随分していますから、大体こんな話だろうと、さてどうするかという事でガヤガヤやるのです。自分の会社の社内研修と違って、色々な会社から来ているので、他の人の意見を聞くというので、それなりに面白い研修になっています。

参加者の出身業種も様々です。トヨタさん、住商さん、新日本監査法人、福岡銀行、正興電機、佐賀県だとかNECソフト、BCC、戸上電機。最近QBSを卒業した三好不動産、三洋ビル管理、ANDとかそのあたりの人達も参加してくれています。面白かったと言ってくれています。

その中に中国の視察もあります。去年は遼寧省の大連に行きました。今年は、武漢に行こうと思っています。これは上海と重慶という揚子江の流れのど真ん中の、中国のおへそみたいな所にあります。今までは海に近い所から中国の発展が始まってきたんですけど、少し中国がスローダウンしてきて、内陸部の武漢だとか重慶が盛り上がってきているのです。今年は武漢にある華中科技大というとてもいい大学のビジネススクールから曹勇(ツァオヨン)先生という方が来てくれて、QBSでアジアビジネス戦略を教えてくれることになっています。彼も一緒に行ってくれるというので、華中科技大のビジネススクールと交流したり武漢の企業訪問をしたりしてこようという話なんですよ。

ご興味のある方は九州大学ビジネススクールのホームページを見に行って欲しいと思います。QBSのホームページの中に社会連携というところとか、WHAT'S NEWというところがあるので、そこを見ると短期エグゼクティブプログラムというのが出てきます。そこに、何をやるのかとか、どうやって申し込むとかそういうのが出てきます。9月から募集が始まるので、9月と10月に応募して欲しいと思います。やっぱり人材開発が企業の競争力にとってはとても重要です。4,50代に至るまで何となく勘で色々な事を決めてくるんですけど、本当にこれでいいのかという事をちょっと再確認するというようなセッションも必要じゃないでしょうか。

興味のある方は是非九州大学ビジネススクールのホームページをチェックして下さい。4,50代の幹部を対象とする短期エグゼクティブプログラムというのが今年で7回目を迎えます。幹部になると中々他の人達と集まって色々勉強をするという機会も少なくなります。福岡の他の企業の幹部と知り合いになる良いチャンスですので、奮って参加して欲しいと思います。

分野: その他 |スピーカー: 村藤功

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ