QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > マーケティングにおける製品デザイン(Product Design)④ (マーケティング/岩下仁)

マーケティングにおける製品デザイン(Product Design)④

岩下仁 マーケティング

16/05/26

マーケティングにおける製品デザインについてお話ししています。
前回までは、最近の製品デザインというのは見た目以外にも様々な要素があるということについてお話してきました。実際に、我々今「科研費」という文科省から貰っている研究のファンドがあるのですが、それを使ってどんな要素があるかという研究を進めてきた。今日はそのお話を中心に進めていきたいと思います。

実際に製品デザイン要素を明かにするために、ある業界のある企業にヒアリングしてどんな要素があるかというのをみています。今回の調査で我々自動車を対象にしました。なぜ自動車にしたかと言うと、自動車は非常に経済的な規模が大きく、世の中に対して非常にインパクトのある業界だからです。

色んな企業にヒアリングに行ったわけですが、ただ闇雲に企業に行っても意味が無いので、何かしら基準が必要です。そのため、前回お話した『ワールドカーオブザイヤー』の最終選考まで残った企業の自動車企業を対象にヒアリングを行いました。

例えばアメリカでればデトロイトにあるゼネラルモーター、いわゆるGMとフォード。ヨーロッパではフランスのプジョー。ドイツは非常に強いのでBMWとメルセデスベンツとフォルクスワーゲンの3社に行きました。やはりアジアも非常に重要ですので最後に日本ではトヨタの特にレクサス、スバル、マツダ、日産に行きました。

私もチームの一員として各国にヒアリングに企業に行きました。世界中の自動車業界の中でもデザインの意思決定を持っている方にインタビューしました。もちろん他の研究所の先生方と一緒に行っているプロジェクトです。

その中から見えてきたものから一つ具体例を上げながらお話していきましょう。
画像になるのでイメージがしづらいと思うのですが、写真が2枚あります。一つがフォルクスワーゲンの工場の写真です。煙突が建っていて、煙が出ています。本社のフォルクスワーゲンの工場です。その右下に何か光っている円柱が3つあります。何か高層マンションみたいな感じでおしゃれなんです。これは何だと思いますか?円柱の凄くおしゃれな建物で、中見えるようにガラス張りになっています。
これは実は、駐車場なのです。しかしただの駐車場ではありません。私たちは通常駐車場というのは自動車に乗って停車させるときに使いますが、実はこれ新車をここにストックしておくビルなのです。
これ実は地下で全部工場と繋がっていて、出来たものが地下道を通ってこのタワーに納められていくのです。地下を通るので、雨とか風とかにさらされることもなく、全くキズ付かないわけです。

タワーの中の写真がこちらにありますが、何か綺麗に一つ一つ、カプセルホテルみたいに並んでいてとてもきれいです。エレベータで上がっていくように、20階とか30階建てなんですが、その姿は圧巻ですね。
実際行くと中見れるのですが、実はドイツの方とか、周辺のヨーロッパの方は新車を買うとディーラーに取りに行くとかではなくてここに来るのです。納車となると、家族みなさんで、例えば新しい赤ちゃん産まれて見に行く時みたいに、車を家族総出で来て、勿論日帰りで無く何日か泊まりがけで、取りに行くのです。
このように、フォルクスワーゲンの本社に取りに行く、これがいわゆる昔からのカルチャーなのです。
車取りに行くのもそうですが、新しい車がこのビルの上から下にエレベータで降りてきて、このズラーっと並んでいる中から自分達が買った車がワーッと降りてくることを考えると興奮しますよね。
そして最後入口の所でバッと出てきて対面するわけです。
そのままそこから乗って、周りに施設がいろいろありまして、ミュージアムがあったり、レストランがあったり、あとおしゃれなホテルがあって、そこで楽しんでお祝いをします。
フォルクスワーゲン本社の周辺に一大アミューズメント施設みたいなものがあり、それはもう家族にとっては一大イベントになるし、ほんとに忘れられない出来事になるわけですね。
そうすることによって、また次車を買う時にやはりまたフォルクスワーゲンで買いたいと思うというブランドの作り方ですね。

製品デザインには見た目や審美性だけではなく、色んな要素があるということをチームで調査していますが、今日はその中のフォルクスワーゲンを例にとって、継続性というお話をしました。他にも色んな要素がありますので、今後はその辺りをお話したいと思います。
今回の自動車業界を対象にした調査からフォルクスワーゲンをとりあげたわけですけれど、カルチャーみたいな、そういったものも要素に入ってきそうだと言うところです。

参考資料
「製品デザイン要素の解明―自動車産業に対する定性調査による考察―」『マーケティングジャーナル』岩下仁、大平進、石田大典、外川拓、恩藏直人、第34号第3巻、99-116頁、日本マーケティング学会、2015年。

分野: マーケティング |スピーカー: 岩下仁

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ