QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > 松下幸之助の経営哲学④ (日本の会計、国際会計、税務会計、監査論、コーポレート・ガバナンス、西洋・東洋思想と倫理、経営哲学/岩崎勇)

松下幸之助の経営哲学④

岩崎勇 日本の会計、国際会計、税務会計、監査論、コーポレート・ガバナンス、西洋・東洋思想と倫理、経営哲学

16/05/12

【テーマ:松下幸之助の経営哲学】
(1)①②概論、(2)宇宙論①繁栄の基、②生成発展

1 はじめに
松下幸之助(敬称略:以下同じ)の経営哲学について、『松下幸之助の哲学 -いかに生き、いかに栄えるか』という本からご紹介しています。
彼の哲学は大きく次の五つのものに分かれています。すなわち、「宇宙観」、「人間観」、「人生観」、「社会観」、「政治観」です。そして、この中の自然や宇宙という「宇宙観」の内容を前回からお話ししています。

20160512①.PNG

2 宇宙観の必要性
前回も少しお話しましたけれども、なぜ宇宙から始めるかというと、多くの人が人間とは何かとか、人生とは何か、社会とは何かと考え始めると、結構ブレるのです。なぜブレるかというと、宇宙とか大自然とかいうところの宇宙法則・自然法則に従わなければ人生は成功しないし幸せにもなれないということに気づかないで、狭い視点からただ人間はこう生きるべきだ等と考えてしまう傾向があるからです。

20160512②.PNG


あくまでも「人間は宇宙の中の一存在に過ぎない」という謙虚な態度が重要です。逆の言い方をすると、宇宙や大自然は人間なしで存在可能なのですが、逆に人間は、大自然や宇宙なしには生きてはいけないという厳然たる真理があります。例えば、太陽光線が当たらないと人間は生存不能です。空気も同様です。従って、まず大自然の法則とか宇宙観をしっかり確立し、その前提の下で、人生はどのように生活するのが幸せになる、成功するのかというのを導き出す必要があります。

20160512③.PNG

このように、経営哲学を考える場合に、宇宙の法則や真理に基づいて経営を行おうというのが、彼の考え方なのです。それがしっかり出来ているので、成功し、「経営の神様」とまで呼ばれるようになったのです。

3 生成発展
今回は、前回に引き続き宇宙観について、その中でも第2の「生成発展」という内容についてお話したいと思います。

20160512④.PNG


「生成発展」とは、「宇宙の存在に関する法則はどうなっているのか」ということに関して、宇宙は生成発展していると解釈するのです。つまり、日々新たに古いものが滅びて、新しいものが生まれてくる。これが自然の理法であり、生まれるものがある一方で、死ぬものもある。すなわち、生まれれば必ず死ぬということが自然の姿であるということです。これは、「万物流転の原則」であり、進化の道程であるという「進化論」です。したがって、お互いに日々新たでなければならないと言うことは、絶えざる創意工夫によって、これを生かしていくことが、限りない繁栄、平和や幸福(PHP)を導きます。

4 生成発展の内容
 「生成発展」とは、日々成長しながら変化しているということなので、我々は毎日同じような生活はしていません。そこで、少しだけ意識的に気をつけて同じことをくり返さないように、少しずつ一個一個何か新しいことに日々チャレンジしていくことが大切です。
自然の法則は、大きく次の2つの側面があります。すなわち、第1は、存在するものは、すべて崩壊の方向に向かっているというのが第1のものです。例えば、ビルなどを見ていただくと分かるとおり、時が経つと風化していきます。また、山でも少しずつ削られて侵食していくというものです。
その反対に、第2は、生物等によって新たなものが作られていくという法則です。すなわち、生物(動物・植物)は、新しいものを常に作り出しています。また、大宇宙も作られながら壊れて、壊れながらまた新たに作られています。すなわち、宇宙ゴミが集まって星が生まれ、やがて超新星爆発等によって消滅する。そしてまた、宇宙ごみが溜まって新しい星が出来ていくというように、宇宙全体は滅びることなく、再生を繰り返しています。このように、大自然というのは、両者の法則が働きながら常に「生成発展」しています。

5 老舗に新しい看板・商品を
 この生成発展の法理を、別な言葉で、一言でいうと、「空」(の法則)です。「色即是空・空即是色」と言いますが、形あるものはすべて実体・自性がなく、縁起の法によって常に変化し続けているということです。そして、これは、「諸行無常」「諸法無我」と同じことを言っています。このように、全ての存在が常に変化し続けているという法則を一言でいうと、「空」(の法則)です。
そして、これを経営に結び付けて考えると、老舗の看板を守りながらも、常に新しい商品とかサービスとかを提供していかないと倒産してしまうということが言えます。逆に言うと、老舗は、その看板、商品やサービスを、常に時代に合うように新しく工夫していかなければならないということが、宇宙真理から導き出されるのです。

5 まとめ
松下幸之助の経営哲学のうち、宇宙観の第2として「生成発展」があり、これは、日々新たでなければならないということ、すなわち、絶えざる経営上の創意工夫、例えば、看板、商品やサービスを、常に時代に合うように新しく工夫することによって、限りない繁栄、平和、幸福を生み出していこことが大切であるということです。

分野: コーポレートガバナンス 財務会計 |スピーカー: 岩崎勇

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ