QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > ニューヨークの交通にみる日本企業のビジネス=タクシー (国際経営、国際物流/星野裕志)

ニューヨークの交通にみる日本企業のビジネス=タクシー

星野裕志 国際経営、国際物流

15/10/20

ニューヨークのタクシーといえば、真っ黄色に塗られた大きな車体のイエロー・キャブとして知られていますが、ここに大きな変化が起こりつつあります。

2011年に当時のブルームバーグ市長が、今後10年間にニューヨークのタクシーの調達は、すべて日産の「NV200」という車種にするという大変な決定がされました。これは、次世代のタクシー「Taxi of Tomorrow」というというとても大きなプロジェクトで、ニューヨークには13,000台以上のタクシーがあるそうですが、2013年頃からの毎年の新車約3,000台は日産から調達し、総額約10億ドルの独占契約といわれていました。

外国車の導入でアメリカの自動車メーカーの反発はないのかな、とも思いますが、そもそも1900年代に初めてニューヨークで導入されたタクシーは、フランス製のダラックという外国車だったというのも面白い話です。

ただ、なぜ一社独占なのかという不思議な気もしますが、これにももちろん理由はあります。現在ニューヨークのタクシーで主体的に使われているフォードの「クラウン・ヴィクトリア」という車種に比べて、横幅が約30cm短く、市街地の燃費はリッター9キロから9.8キロで、クラウン・ヴィクトリアの5キロの倍くらい走るということで、常に渋滞しているニューヨークでは使い勝手がよいのでしょう。また大量購入で、価格を下げるという交渉もあったようです。

日本車の良さが認められたということですが、ところが話は簡単ではなく、2011年のこの決定は、その後二転三転します。選ぶ権利が奪われることに対して、地元のタクシー業界が反発して、ニューヨーク州の裁判所に提訴しました。2013年に裁判所は日産車の購入を強制する権限は市側にはないとの判決を下しましたが、今年6月にニューヨーク州裁判所はその判決を覆し、市による命令は法的に適切と判断を変えました。他にも背景には、車体の29,000ドルという価格の高さと、前の市長が決めたことへの現市長の反発という政治的な理由もあったようです。

今回の判決では、すべてがこの日産車に強制するのではなく、車いす用の車両やハイブリット車などの選択は認められるとのことです。実際に市内には、トヨタのプリウスやレクサスのハイブリット車などのタクシーが走っています。

この最終的な判断に基づいて、9月1日から日産のタクシー導入が始まりました。ちょうどこの夏の滞在中だったので、実際にタクシー乗り場で、この日産のタクシーが来る順番を待って乗ってみました。日本でも、NV200バネットという名称で販売されているようです。箱型のワゴンですが、なかなか快適でした。

まず観光客が、大きなスーツケースを後ろに入れやすいこと、後部座席に独立したエアコンがあって自由に操作できること。USBポートと12Vコンセントがついているので、乗車中に携帯電話の充電もできます。パノラマ式のサンルーフが付いているので、ニューヨークならではですが、高層ビルを眺めるのも快適です。それに、タクシーでは初めての乗客用エアバッグもついているようですし、少しコンパクトで燃費が良いのであれば、ドライバーにも利用者にも歓迎されるのではないでしょうか。今後新車の導入によって、全体の約8割が日産の「NV200」になるそうですから、これからニューヨークに行かれる時には乗られるチャンスも多いと思います。

これも日本製品が、優れた品質と性能であれば、昨日お話したニューヨークの地下鉄と同様に受け入れられる例かと思います。日産のタクシーは、アメリカ国内ではなくメキシコにある日産自動車の工場で生産されていますが、北米自由貿易協定の加盟国ですから、輸入に関税も掛からないということになります。

今日のまとめ:日本企業はかつて、ロックフェラープラザや映画会社の買収など、アメリカの象徴的な企業の買収で反発を受けましたが、優れた品質と性能であれば受け入れられるということをニューヨークの交通機関の例でお話しました。

分野: 国際ロジスティクス 国際経営 |スピーカー: 星野裕志

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ