QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > 事業計画書の持つ意味② (産学連携マネジメント、技術移転、技術経営(MOT)、アントレプレナーシップ/高田 仁)

事業計画書の持つ意味②

高田 仁 産学連携マネジメント、技術移転、技術経営(MOT)、アントレプレナーシップ

15/09/10

【今回のまとめ】
・近年では、分厚い事業計画書の存在意義は更に下っている。アイデアを思いついて、試しに実行してみて、得られた結果から更に良いものを創る、というサイクルを速く回す行動様式にこそ価値がある。

【本文】
・前回は、事業計画書を美しく書き上げることに意味があるのではなく、その過程で創業チームが一致協力して、自分たちが見過ごしていた矛盾を発見し、仮説の曖昧さを排除することにこそ意味があることについて話した。

・事業計画書の有効性に関する興味深い研究結果があるので紹介したい。2007年にバブソン大学のバイグレイブ教授らが、同校を卒業した起業家116人に対して、「会社設立時の事業計画書の有無が、その後の事業の成否に影響を与えるか?」という調査を行った。
・バブソン大学は、アメリカのボストン郊外1時間ほどの距離にある、起業家育成で世界的に有名な私立大学だ。卒業生には名だたる起業家や経営者が名を連ねる。
・さて、調査の結果だが、「事業計画書の有無はその後の事業の成否に影響を与えない」というものだった。
・確かに、会社設立後1年間に限ってみれば、資金調達額や売上・収益の数値は、事業計画が存在するほうが若干高かった(統計上の有意差があるほどではない)。しかし、長期で見ると差はみられないというのだ。

・結局、会社を設立して何が最も重要かというと、素速い実行(execution)を通じて事業仮説を検証し、計画を修正してまた実行する、というサイクルを早く回すことなのだ。

・素速く、かつ行動した結果を踏まえて柔軟にプラン修正を行おうとすると、詳細な事業計画では重たすぎる。まずはスライド10枚程度の売り込みの資料を作成し、友人、同僚、家族など身近な人に繰り返してプレゼンテーションして反応をみることが有効だ。
・そして、相手から得られた反応について創業メンバーが集まって吟味し、計画の「穴」や軌道修正の必要性について話し合う。それらをスライド資料に反映させて修正を加え、さらにプレゼンテーションする。場合によっては、途中で粗い試作品(プロトタイプ)を作成して、想定顧客の反応を見てみても良い。
・この10枚程度のスライドには、次の項目を含める。
1.製品やサービスの名称とタグライン
2.顧客の抱える課題の分析
3.解決策(提供する製品やサービス)
4.ビジネスモデル(継続的な収益確保の方法)
5.製品やサービスの特徴
6.マーケティングと販売のプラン
7.競合の分析と差別化・優位点の明示
8.財務の予測(5年分の収支予測)
9.創業チームとアドバイザーの紹介
10.スケジュール

・近年は、リーン・スタートアップという言葉がキーワードとして取り上げられる。リーンとは「贅肉がない」という意味で、徹底的にムダを排除してコストと品質で優位性を築いたトヨタのリーン生産方式が有名だが、それを新規事業のスタートアップに当てはめる考え方だ。
・リーン・スタートアップでは、「アイデアの着想」→「プロトタイプの作成」 → 「テスト(仮説検証)」 → 「データ収集」 → 「学習」 → 「アイデアの修正」 →・・・というサイクルを、とにかくカネをかけずに速く繰り返すことで、顧客の真のニーズを深堀りしながら、そこに製品やサービスの中核をすり合わせていき、成功確率を高める方法だ。
・リーン・スタートアップのプロセスでは、分厚い事業計画書の存在意義は更に下がる。思いついて、やってみて、得られた結果から更に良いものを創る、という行動様式にこそ価値がある。

・MITのアントレプレナーシップセンターのマネジング・ディレクターであるBill Auletは、MITの講義で "Idea is worthless, execution is worth."という言葉を何度も口にする。「アイデアそのものに価値は無く、実行してこそ価値が出る」ということだ。

・新しい事業を興す際には、事業計画書の持つ意味合いについて正しく理解しておくことが欠かせない。

分野: 産学連携 |スピーカー: 高田 仁

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ