QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > 総合大学で学ぶMBA② (国際経営、国際物流/星野裕志)

総合大学で学ぶMBA②

星野裕志 国際経営、国際物流

15/09/04

昨日は、QBSの今年度のキャッチ・コピーにある「総合大学で学ぶMBAプログラム」のお話でした。九州大学は、11の学部と17の学府と言われる大学院に加えて、4つの専門職大学院を持つまさに総合大学で、学内のプログラムや施設が利用できるというお話でした。つまりQBSの在学中に、九州大学をいろいろに活用できるということです。今日のお話は、QBSというビジネススクールで学びながら、別の視点でも高度なマネジメントを学ぶ機会があるということについてご紹介したいと思います。

高度専門職業人、いわゆるビジネス・プロフェッショナルの養成する大学院として、九州大学には4つの大学院があります。
専門職大学院とは、従来の研究者養成を目的とする大学院とは異なり、それぞれのビジネスのプロを養成する専門職学位課程といわれる大学院です。九州大学には、QBSより2年早く2001年に設立された医学系学府医療経営管理学専攻、QBSの翌年の2004年に設立された法科大学院(ロースクール)と、2005年に人間環境学府実践臨床心理学専攻と合わせて、4校の専門職大学院があります。

日本国内には、ビジネス、法律、公共政策、会計学などの主に社会科学系の専門分野を学ぶ専門職大学院が多数ありますが、九州大学の4校は早稲田大学5校に次いで多かったということで、まさに総合大学ならではといえます。しかも九州大学の場合には、良い医療の仕組みを届けるためのマネジメントを学ぶ医療経営管理学専攻や、「こころの専門家」として臨床心理の分野での国内初の実践臨床心理学専攻など、専門領域の広さでは、日本一かもしれません。医療やビジネスのマネジメント、法律、臨床心理のプロ養成ということになります。

そこで、せっかくこれほど多様でかつ4校も専門職大学院があるのであれば、それぞれが連携すればなにか面白いシナジーが生まれるのではないかということで、「専門職大学院コンソーシアム」というものもあります。
具体的には、どの大学院に入学しても、コンソーシアムの別の専門職大学院の授業を受講することや、共同でセミナーを開催したり、昨年は医療経営とビジネススクールの学生が、共同で研究プロジェクトを実施していました。
本来余り接する機会のないはずの他の大学院の学生さんと交流する機会があるということです。
面白いことに、医療経営管理学専攻には、医師や歯科医や病院の事務長が入学されるのはもちろんですが、QBSにも毎年のように医師や歯科医師なども入られます。例えば、医療機関において、医療過誤を防ぐためにマネジメントを学ぶということや歯科のチェーン展開を考えられてひともいました。入学した大学院で2年間を一貫して学ぶということに加えて、相互の授業の履修や交流の機会があれば、さらに重層的に学習することができるのではないでしょうか。以前に医療経営管理学専攻で、ケース・メソッドによる教育を導入されるということで、お手伝いに行って授業を担当したことも有りました。これも総合大学の強みと言えます。

私はそれぞれの強みや専門性を活かすということも可能ですし、これからさらに進めていく必要があると感じています。さきほどの医療過誤を防ぐということは、医療にもビジネスにもまたがる重要な課題ですし、過労死を防ぐことは、実践臨床心理もビジネススクールでも考えられるでしょうし、企業のコンプライアンスは法律とビジネスのどちらのアプローチも必要です。つまり、それぞれの専門性や視点から、社会的な課題を取り上げることもそうですし、それぞれに在学する院生が相互に学び合う機会が、この専門職大学院コンソーシアムからもっともっと生まれてほしいと思います。

今日のまとめ:今日は九州大学にある4つの専門職大学院が、専門職大学院コンソーシアムという連携関係にあることも、総合大学である九州大学で学ぶ魅力であることをお伝えしました。せっかくのコンソーシアムですので、これからこのBBIQモーニング・ビジネススクールでも、九州大学の他の専門職大学院の先生にお話をしていただくことになっています。ぜひご期待ください。

分野: 国際ロジスティクス 国際経営 |スピーカー: 星野裕志

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ