QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > アカウンティングは六大大陸 (アカウンティング、ファイナンス/谷保廣)

アカウンティングは六大大陸

谷保廣 アカウンティング、ファイナンス

15/05/08


今日から数回にわたって、「アカウンティングは六大大陸」というテーマでお話します。まず今回は、アカウンティングワールドのマップを皆さんへお渡ししましょう。皆さんが今後報道などで見聞きされる会計トピックは、おおよそすべてこのマップの上で整理することができます。

アカウンティングの世界は、六大大陸から成り立っています。実際の世界地図を想像してください。経線に沿って縦に区切りますと、アジア・オセアニアで一区分、欧州・アフリカで一区分、アメリカ大陸で一区分と、三つに分けることができます。アカウンティングワールドもこれと同様に、成果計算、意思決定、受託責任の三つに、縦に切ります。次に、実際の世界地図においては、赤道によって北半球と南半球に二分されます。アカウンティングワールドもこれと同様に、外向きの会計である外部会計と、内向きの会計である内部会計に二分されます。このようにして、アカウンティングワールドにおいては、成果計算、意思決定、受託責任の三つの領域が、それぞれ内外に分かれることで、六大大陸を形作るのです。

縦に区切った成果計算、意思決定、受託責任は、アカウンティングの目的そのものを指します。
まず、成果計算について見ていきましょう。成果計算の代表例が、利益計算です。「私の会社の今年の利益は100であった」と言った場合、この100こそが成果計算によって算出されたものになります。

次に、意思決定について見てみます。実のところ昨年の利益が300であり、一昨年の利益が900であった場合、毎年3分の1に利益が減っているわけですから、少し不安になります。まず株主が持株を投げ売りしかねません。また、この会社に資金を貸し付けている銀行が、与信枠を引き下げようかと考えるかもしれません。これらは外部の意思決定となります。こうした状況を見過ごすことができない社長は、新製品の研究開発を急がせるために研究開発部門に発破をかけるでしょう。また工場長は、年々製造原価が高まっていることを原因と考えて、コスト削減を図るかもしれません。これらが内部の意思決定となります。このように、アカウンティングを手掛かりにして、意思決定が行われ始めるのです。

そして最後が受託責任です。株式会社制度について考えてみましょう。株式会社は、株主が自らの資金を経営者に委託することで成り立っています。経営者は逆に、株主の資金を受託します。ここで、資金の委託・受託という関係が生じます。委託した株主側からすれば、自身が委託したお金がきちんと運用されているかどうかという点に強い関心を持ちます。経営者側には、他人の資金を預かった者としての受託責任が生じます。ここでアカウンティングは、経営陣が有する受託責任の達成の手段となります。詳細については、次回以降にまた詳しく説明します。

このように、縦切りの成果計算、意思決定、受託責任の三領域とはアカウンティングの3目的に他なりません。ここで、各大陸の名前を紹介しましょう。

一番目の成果計算が外部に対して行われると、財務会計(第一大陸)となります。内部に対して行われると、原価計算(第二大陸)です。二番目の意思決定が、外部の利害関係者によって実行されると、財務報告(第三大陸)となります。内部の利害関係者によって実行されると、管理会計(第四大陸)です。三番目の受託責任が外部との関係で発すると企業統治(第五大陸)となり、内部で発すると内部統制(第六大陸)となります。これがアカウンティングマップです。六大大陸とは、財務会計と原価計算、財務報告と管理会計、企業統治と内部統制の六領域を指します。

この6つをしっかりと押さえていくことは、相当大変です。しかし、自らのキャリアプランをCFO、すなわち最高財務責任者に据えている方であれば、六大大陸の完全踏破は避けて通ることができません。また自らのビジネスキャリアの目標をCEO、すなわち最高経営責任者に定めている方であっても、右腕のCFOが提供する戦略の是非を判断できる程度には六大大陸を巡り歩く必要があります。「そうした目標はこれから」の方は、現在の自分の職責が六大大陸のどこと関連を持っているのかを確認するとよいでしょう。

今日の話をまとめます。
アカウンティングは、財務会計と原価計算、財務報告と管理会計、企業統治と内部統制の六大大陸によって形作られています。すべての会計トピックは、このどこかに座標を持っています。

150508.png

分野: アカウンティング グロービス経営大学院 |スピーカー: 谷保廣

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ