QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > ダボス会議 (アントレプレナーシップ ベンチャー論/堀 義人)

ダボス会議

堀 義人 アントレプレナーシップ ベンチャー論

15/03/13


今回は、ダボス会議について話します。

ダボス会議は、G20やG8といった政界の会合や、実業界の会合、国際機関の会合といった限定的な集まりではなく、それらが一緒になって、世界で起きている問題について議論する場です。政治家や国際機関、NPO、NGO、宗教家、日銀をはじめとした中央金融の機能を果たす金融機関など、世界を動かすマルチステークホルダーが、スイスのダボスに集うのです。

僕はこれに、過去12年間のうち8回参加しています。まず14、5年ほど前に、「ヤング・グローバル・リーダーズ」という枠組みで2回ほど参加する機会に恵まれました。その時には、僕自身の視野が広がり、「世界はこうやって動いているんだ、僕も世界のリーダーになるんだ」、という気持ちを強めました。ヤング・グローバル・リーダーの枠組みが終わり、しばらく招待はなかったのですが、今から6年ほど前に「成長する世界企業(GGC)」という新しい枠組みができて、そのリーダーに選ばれたことで、再び、ダボス会議に参加するようになったのです。

ダボス会議に毎年参加するなかで、僕はいくつかの変化を感じ取っています。

一つ目は、低下し続けていた日本の存在感に回復の兆しが見えてきたことです。アベノミクスが始まった影響もあって、日本をテーマとするセッションは満杯になっています。十数年前までは中国に対する関心が高かったのですが、最近では、中国の存在感が下がってきているように思います。昨年のダボス会議では、安倍総理が基調講演を行いました。また経済に関する見通しを語る「グローバル・エコノミカル・アウトルック」というセッションには、日銀の黒田総裁が参加していました。日本の存在感が増していく中で、問題解決のために日本が前面に出てきていることを感じました。

二つ目は、世界における問題が複雑化しており、一国だけでは解決できない事柄が増えていることです。たとえば、イスラム国やエボラ熱、地球環境、サイバーテロリズム、ユーロなどを巡る問題は、一国だけで解決可能なものではなく、複数の国の連携を必要とします。

また政治家は、世論とコミュニケーションをしっかり取らなければならなくなっており、リーダーシップを発揮することはますます難しくなっています。たとえばアラブの春においては、意思決定の権限が政治から民衆に移っている様が観察されました。エジプト大統領の選出の際には、民衆の考えが重要になっている流れを感じました。たとえリーダーたちが会議を開いたとしても、その話し合いの結果を社会において実行できない可能性が高まっているのです。あらかじめオピニオンリーダーやメディア、評論家、学者がそうした場に参加し、メディアやインターネットを通して民衆とのコミュニケーションを行い、様々な議論を作っていくことが重要となってきます。G20の二倍以上のメディアが押し寄せていたダボス会議は、既にそうした様相を呈しています。

3つ目は、インターネットに関する見方、潮目が変わったように思います。かつては、インターネットはすばらしい存在であって、グーグルやアップルといったインターネット関連の起業家は尊敬されていました。ところが最近では、インターネットをめぐる社会問題が多く出てきています。たとえば、ソニーが米国においてサイバーテロリズムによって攻撃されたり、アップルが英国において税金を払っていなかったり、グーグルがヨーロッパにおいて「忘れられる権利」に関する訴訟で敗訴したり、といった事例が見られます。また、タクシーの配車システムを扱うウーバーというソフトウェア会社は既存のタクシー会社との間で軋轢を生み出し、「インターネットは職を生んでいるのか、それとも職を減らしているのか」といった点が問題視されています。今回のダボス会議では初めて、以上のインターネットをめぐる社会問題が認識され、世界的に語られ始めました。

今日の話をまとめます。

世界が移り変わって行く中で、世界で起きている出来事に強い関心を持ち、関与していく姿勢が重要であると、僕は考えています。一国で解決できない問題が増えてきている現状、世界に広く目を開いて、物事を見る力を高める必要があります。

分野: グロービス経営大学院 |スピーカー: 堀 義人

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ