QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > 創業300年の長寿企業はなぜ栄え続けるのか③ (リーダーシップ領域/田久保 善彦)

創業300年の長寿企業はなぜ栄え続けるのか③

田久保 善彦 リーダーシップ領域

14/12/09


前回に引き続き、拙書『創業300年の長寿企業はなぜ栄え続けるのか』(東洋経済新報社、2014)について話を進めます。

長寿企業の経営上の特徴を見て行くと、「これは本当に優れているな」と思うところがあります。それは、自分たちが提供しているもの、すなわち、自分たちのコアになる能力の価値を、非常に深く理解されている点です。私たちは著書の中で、これを「コア能力の認知」と呼びました。

300年企業ではないもののわかりやすい例として、富士フィルムとコダックを取り上げましょう。両者ともに、写真用のフィルムを作っていた会社です。しかし最近では、フィルムのカメラを使う人はほとんどいません。おそらくコダックは、自分たちのコア能力を「フィルムを作る技術」と考えていたのでしょう。したがって、フィルム自体が用いられなくなった場合、できることがなくなってしまいます。他方富士フィルムは、フィルムは薄い膜を何度も何度も塗っていく技術で作られることから、自分たちのコア能力を「フィルムを作る技術」ではなく、「非常に薄い膜を多層に塗布する技術」と認識しました。この技術は化粧品などに応用可能ですので、松田聖子さんのテレビCMで有名な化粧品事業を立ち上げることができました。つまり我々の技術、我々の製品、我々のサービスの本質を見定めていることが、重要なポイントとなるのです。

今度は、長寿企業の例を挙げましょう。名古屋に、岡谷鋼機という会社があります。もともとは、鍬などの鉄製品を扱っていた商社ですが、インテルからICチップを輸入して日本へ広めたのはこの岡谷鋼機です。岡谷鋼機は、自分たちのコア能力を「関係性のすりあわせ能力である」と認識しました。購買においては売り手と買い手が存在しますが、「この二者の関係性をうまくすりあわせて行くことが我々の得意技である」と認識した瞬間に、商材の題材は鉄ではなくてもICであってもよくなります。もしここで、「我々の特徴は鉄を扱うことにある」と認識すれば、鉄以外のものを扱わなくなっていたでしょう。先に述べた富士フィルムと同様に、自分たちの本質的な強みがクリアになっている企業とそうでもない企業の間には、実は大きな隔たりがあるのです。

日本酒を作っている月桂冠について、考えてみましょう。月桂冠が自分たちの本質を「日本酒を製造する技術」にあると考えていたならば、それ以外をやることはできなかったでしょう。しかし月桂冠は、「勘と経験を化学する力」を自分たちのコア能力であると認識したように思います。その結果、アメリカでアメリカ人に日本酒を作らせたり、バイオの研究をしたりと、多方面に事業を展開しています。単に日本酒をつくる企業ではないところに、自分たちの存在価値を作っていくことに成功しているのです。

現時点で、300年も続いている会社は、1700年あたりに創業したということですので、鎖国時代を経験しています。さらには、明治維新、日新日露戦争、第一次世界大戦、第二次世界大戦といった事柄を、すべて乗り越えてきているのです。そうなると、扱っている商品やサービスも、変わってこざるを得ません。その時に、自分たちの強みを深く理解して、どういう価値をつくりだせるのかといった点をきちんと考えたからこそ、300年という時間を生存できたのかなと思うのです。コア能力を認知して、コア能力をベースに新しい価値を創造していくことが、長寿企業においては重要なのです。

分野: グロービス経営大学院 リーダーシップ |スピーカー: 田久保 善彦

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ