QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > 創業300年の長寿企業はなぜ栄え続けるのか① (リーダーシップ領域/田久保 善彦)

創業300年の長寿企業はなぜ栄え続けるのか①

田久保 善彦 リーダーシップ領域

14/11/27


今日から数回にわたって、私がグロービス経営大学院の修了生の仲間とともに書いた『創業300年の長寿企業はなぜ栄え続けるのか』(東洋経済新報社、2014)の内容について話して行きます。

まず、創業300年の長寿企業の話に入る前に、創業100年の企業が日本に何社くらいあるか考えてみましょう。ざっくりと言えば、なんと26,000社も存在します。創業200年を迎えている企業が1,200社、そして創業300年を超える企業が600社程度です。さらに、創業400年を超えた会社が190社、創業500年を超えた会社が40社あります。実は日本は、世界では考えられないくらいの長寿企業大国です。世界の企業の中で創業200年を超えた会社の40~45%が、日本に存在しています。

本屋さんへ行くと、創業100年の企業に関する本がちらほら出ていることに気付きます。創業100年の企業であれば、おじいちゃまが創業し、現在はそのお孫さんが経営しているといった状態が多く見られます。その場合、現在の経営者は、創業者の想いを直接聞くことができたことになります。そこで私たちは、創業者と今の経営者が絶対に会ったことがないような企業について知りたいと考え、創業300年を区切りに調査を開始しました。また、私たちはビジネススクールに勤務していますので、現在の企業経営に何らかの示唆を提示したいとの思いもあります。創業300年の歴史を持ちながら、売り上げが50億円くらいはあった方が、企業経営として考察しやすいと考え、これらの条件を備える会社を選んで行きました。その結果、69社が該当しました。そのうちには、全国的に有名な会社も多く見られます。鰹節のにんべんやデパート松坂屋、月桂冠、ヤマサ醤油、東急百貨店、三越(現三越伊勢丹)などです。

世界で最も古いと言われる企業である金剛組という建設会社も、それらのひとつです。創立は西暦578年、なんと、今から1400年以上前に作られた会社です。また、とあるお醤油屋さんにインタビューに行った時には、こんな会話から始まりました。「田久保さん、うちの会社はね、大阪夏の陣の翌年にできたんだよ」と。このような古い歴史を持っている会社が、日本にはたくさんあります。続いているからには、何がしかの理由があるはずです。現在ではたくさんの会社が起こされていますが、一方でまた、たくさんの会社がなくなって行っています。こんな時代だからこそ、長く続いている会社から学ぶべきことは多くあるのではないでしょうか。そのように考えながら調査を進めて行くと、様々なことがわかってきました。

まず、長寿企業と聞くと、「それってファミリービジネスなんでしょう」と思われる方が非常に多いですが、実はファミリービジネスではなく、上場している企業や、創業者一族が経営から完全に手を引いている企業も、たくさん見られます。したがって、現在皆さんがお勤めの会社も、もしかすれば300年以上続くことになるかもしれません。そのためのヒントとして、このシリーズに耳を傾けていただければと思います。

分野: グロービス経営大学院 リーダーシップ |スピーカー: 田久保 善彦

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ