QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > 志、どう抱くか② (リーダーシップ領域/田久保 善彦)

志、どう抱くか②

田久保 善彦 リーダーシップ領域

14/09/24


今回は、前回に引き続き、志についてお話します。

多くの人が、自分の志やキャリアを他の人のそれと比較しがちです。たとえばグロービスでセミナーを開いて、「自分が一生懸命取り組んでいることについて、隣に座った人同士で情報交換をして下さい」と話すと、様々な議論が展開されます。しかし最後の方では、「いやあ、●●さんの志と比べると私の志なんてまだまだ小さくて」とか、「△△さんの志は大きくて素晴らしいですよね」といった発言が出てきます。キャリアについて情報交換をお願いした時も、同様の事態が生じます。

そもそも、志が大きいあるいは小さいということは、誰が決めるものなのでしょうか。また同様に、良い会社悪い会社、あるいは、良いキャリア悪いキャリアとと判断するのは誰でしょうか。実際には、誰にもそんなことはわかりません。わからない以上、そんなものは存在しないのです。たとえば私が現在勤務しているグロービス経営大学院の創業者は学校を作ろうと考えて起業しました。彼には他にも、大きな会社を作って上場させてお金持ちになろうという選択肢もあったのかもしれません。しかし、学校を作って人を育てることを選択したのです。それでは、大きな会社を作って上場させてお金持ちになるという志と、学校を作るという志とでは、どちらが大きな志でしょうか。当然のことながら、どちらが大きい小さいというものでありません。比較すること自体が、ナンセンスなのです。

志やキャリアは、いずれも個々人の中だけに生じる、ユニークな問題です。このことをしっかりと頭の中にとどめておいていただきたいです。一度しかない人生は、自分自身の人生です。誰かの真似をしてもまったく意味がありませんし、そもそも、真似をしようにも真似などとてもできるものではないのです。

この点が抜けたままで志やキャリアについて議論しても、おかなしなことになるだけです。たとえば中には、「社会のためになるものが要素として含まれていない目標を志とは呼ばない」と言う人がいます。そう言う人にとっては、そうした要素が志にとって必要なのでしょう。しかし、「自分のためだけに生きている人が一生懸命取り組んでいることは志ではない」と、他人が決めることはできません。たとえば、自分のことばかりを考えて大儲けした社長がいるとしましょう。彼が大儲けしたということは、合法的に彼の会社が営まれている以上たくさん納税してくれているということですので、結果的に社会のためになっています。一方で、社会のためと謳って動いている会社や団体があってもよいでしょう。どちらが良い悪いという話ではなく、その経営者がどのように生きたいか、どのような組織を作りたいかという選択の問題が、ここでは関わってきます。

志にしてもキャリアにしても、大事なことは、それが選択の問題であるということをきちんと理解することです。これを理解しないままでいると、何でも人や環境、会社のせいにして、文句ばかり言う人になってしまいます。そうした話を聞くと、私はよく「本当に文句があるんだったら辞めたらいいんじゃないですか。辞める権利はいつでもありますよね。そんなに文句がありながらも今の会社に居続けているということは、あなたがそれを決めたということですよね。そうだとすれば、文句を言うべき筋合いもありませんよね」と言います。文句を言う人は、自分で選択をして今ここにいるという自覚がないから、他人のせいにしてしまっているのです。自覚さえあれば、自分に対する文句こそ出てきても、人に対する文句は出てこないはずです。

自分の生き方を自分で選択してきたということときちんと向き合った上で、自覚することが、志やキャリアについて考える際にとても重要です。こうした考え方は、日本の教育体系の中ではあまり教えられてきませんでした。そうした環境も相まって、現在の日本のビジネスパーソンの中によくない状況が生じていると言えるのかもしれません。

今日の話をまとめます。
キャリアや志に関する話のまとめとして、今日は他者と比較をしないということを中心に話を進めてきました。一回しかない自分の人生をどのように生きていくか、自分のキャリアや志と向き合うことから逃げないで納得するまで自分の心と対話し、自分なりの生き方を選択していただければと思います。

分野: リーダーシップ |スピーカー: 田久保 善彦

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ