QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > ビジネススクール&QBSとは?② (企業財務管理、国際金融/平松拓)

ビジネススクール&QBSとは?②

平松拓 企業財務管理、国際金融

14/08/04

前回より、九州大学ビジネス・スクール(QBS)がどういうところなのかということを、お話しております。今回は、QBSやビジネス・スクールで学ぶことに関心を持たれた方のために、QBSではどのような人の入学を期待しているか、QBSが持つ特色は何か、そして入学を検討する場合のポイントは何か、といった点について、お話します。

ビジネス・スクールは、スクールごとに様々な特色を持っており、入学に当たっての条件にも多少の差が存在します。したがって、ビジネス・スクールへの入学を志す場合には、各スクールのアドミッション・ポリシーを確認することが重要です。アドミッション・ポリシーとは入学者の受け入れ方針のことで、受験生に求める能力や適性についての考え方をまとめたものです。各スクールのパンフレットやホームページを見ていただければ、見つけることができるかと思います。QBSの場合、ビジネスに必要な実践的知識に対する旺盛な学習意欲を持っている人、リーダーとしてプロジェクトを牽引する意志や行動力を持っている人、二年以上の就業経験を持っている人の入学を想定しています。一方、多様な視野や知識の相互交流によって新しい知識が生まれるという考え方のもとに、日本人の社会人のみならず、外国人や留学生、そして少数ではありますが学部や他の大学院から直接進学して来る人をも受け入れています。

ビジネス・スクールの中には平日日中に授業を行うところもありますが、QBSでは学生の9割が昼間に仕事を持つ社会人ですので、「仕事を学びに活かし、学びを仕事に活かす」をモットーに、平日の夜と土曜日に講義を開講しています。平日夜間の授業は博多駅ビルにあるサテライトキャンパスで、土曜日の授業は箱崎の九大キャンパスで行っています。九州新幹線が全通したおかげで、熊本や鹿児島など、県外から通う人も増えてきております。

このように便利になったことで、通学はできるにしても、実際に仕事と勉強を両立できるのかという点も、懸案事項となっているかと思います。もちろん講義を受けるだけでは不十分で、日曜日や授業がない日に予習や復習をしっかりとする必要があります。ただ、QBSはこれまでに450名前後の修了生、すなわちMBAホルダーを社会へ送り出していますが、そのほとんどが働きながら学んだ社会人です。このことを考えると、少し安心いただけるのではないでしょうか。

QBSの教育の特色について述べれば、まず、九州大学という総合大学の経営資源に支えられている点が挙げられます。QBSの教員には、経済経営の専門家ばかりではなく、工学や法学、言語学を専門とする方々もいます。また、QBSの科目の中には、自らの関心や問題意識に応じたテーマについて一年間をかけて研究し、論文やビジネスプランにまとめる、プロジェクト演習という科目があり、ひとつの特徴となっています。さらには、QBSでは、アジアで活躍できるビジネスリーダーの育成を固有の目的の一つとしています。そこで、アジアビジネスへの理解を深めるために、アジアへの企業進出やアジア諸国の市場に関連する科目を用意しています。毎年二回、アジアの提携校へ赴いて、交流活動や現地企業訪問を行うスタディツアーも実施しています。毎回20名程度の学生が、これに参加しています。

また秋学期には、アジアの提携ビジネス・スクールから10名を越える学生が交換留学生として半年間QBSへ学びにやってきます。QBSの学生は、英語で経営を学ぶ選択必修科目の授業において、彼らとの英語での議論を経験することになります。忙しくて留学できない社会人であっても、日本にいながらアジアのビジネス・スクールに留学しているような体験をできるのです。また逆に、QBSの学生が海外の提携校で交換留学生として半年間学ぶこともできます。なお英語については、あまり心配していただく必要はないことを、あえてここで申し上げておきます。

技術革新が著しい今日、企業には顧客が求める新しい製品やサービスをいち早く開発し、それを効果的に収益へ結びつけることが求められています。QBSではこうした状況を受けて、イノベーションや技術経営に関する科目も充実しています。そればかりではなく、起業につながる事業構成力を養うために、ビジネスプラン・コンテストをここ数年毎年開催しています。これは他のビジネス・スクールのチームにも開放されていますので、様々な人びとが参加してきます。

入学試験の方法や審査基準については、スクールごとに異なりますので、ホームページなどでしっかりと確認してください。オープン・キャンパスや説明会に行けば、模擬講義を受講したり、在学生や卒業生の体験談を聞くことができます。QBSは、8月6日に博多で、21日に熊本で、26日に小倉で、9月13日に箱崎で、それぞれオープン・キャンパスを実施する予定です。詳しくは、ホームページをご確認ください。QBSに少しでも関心を持たれた方は、このチャンスをぜひお見逃しなく。

分野: QBS ファイナンシャルマネジメント |スピーカー: 平松拓

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ