QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > ビジネススクール&QBSとは?① (企業財務管理、国際金融/平松拓)

ビジネススクール&QBSとは?①

平松拓 企業財務管理、国際金融

14/08/01

BBIQモーニングビジネス・スクールには、九州大学ビジネス・スクール(QBS)の教員が多く出演し、それぞれの講義の内容に関連した話をしています。ラジオをお聞きの方の中には、これをきっかけにビジネス・スクールに関心を持たれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。QBSでは、来年の春に入学する学生を募集するプロモーションや説明会が、これから始まるところです。そこで今回と次回にかけて、ビジネス・スクールとは何か、ビジネス・スクールとしてのQBSの特徴は何か、といった点について、お話ししたいと思います。

ビジネス・スクールとは、別名、経営大学院と呼ばれるように、大学院の修士課程にあたるところです。通常は、学部を終えて実務を経験した人が、ここで学びます。私が日本の金融機関に就職した35年くらい前は、ビジネス・スクールといえばハーバードなどの欧米のビジネス・スクールをもっぱら意味していました。費用が非常に高かったため、日本人が個人でそこへ留学することはほとんど考えられませんでした。その後日本でも、高度なマネジメント能力を持った経営の専門家を育成する必要性が認識されるとともに、複数のビジネス・スクールが設立されるようになりました。特に2000年代に入りますと、ビジネス・スクールが専門職大学院という形で制度化され、多数のビジネス・スクールが設立されました。QBSのように、平日の夜間と週末に講義を開講することで、社会人が働きながら学ぶことができるスクールも現れ、また、QBSのように国公立大学に設置されたビジネス・スクールでは、授業料の面で身近でで、学びやすくなっています。

それ以来10年程が経過しましたが、海外と比べると、日本では未だビジネス・スクール教育に対する認知度が十分とは言えない状況にあります。終身雇用制度や社内教育などの企業文化を重視する慣行が、日本には残っていることが主因と思われます。しかし、経済のグローバル化や、世界の市場へ日本企業が直接乗り出さねばならない状況の中、日本企業にも大きな変化が求められています。従来に増して、企業価値を重視する経営や起業といったことが重要視されはじめているのです。したがって、経営の専門知識を学ぶことができるビジネス・スクールに対するニーズは、ますます強まる傾向にあります。

さて、ビジネス・スクールでは、経営を担うビジネスリーダーに必要な、高度な実践的経営リテラシーを学ぶことができます。経営リテラシーとは、経営の理論や知識のことを指します。ビジネス・スクールではそれらを単に机上の学問として扱うのではなく、実践に活かせるように訓練を施します。例えば経営戦略を学ぶにあたっては、世の中には理論的な枠組みを説明した参考書がいくらでもあります。そこには様々な戦略を採用した企業の例も紹介されていますので、内容を知ることはできます。一方、QBSのようなビジネス・スクールでは、自分がその企業の経営者、あるいはそのプロジェクトのリーダーであればどのように判断し、そこでどのような行動をするのかという視点で問題を考え、議論することが求められます。こういう教育法をケース・メソッドと言います。経営者として実際に問題に遭遇した時に、様々な選択肢を考え、その中からベストな戦略を理論的に選択する能力を、これらの訓練を通じて養って行くのです。

実践的な教育といえば、他にも経営セミナーやビジネス研修を提供しているところがあります。それらとQBSの一般的な違いを挙げれば、以下の三点になると思います。第一に、QBSは大学院修士課程ですので、相応する教育の質の高さが求められる点です。第二に、QBSは九州大学という総合大学が提供する大学院教育の一環ですので、実務に過度に偏るのではなく、学問体系に根ざした形で経営上の力量を磨くカリキュラム構成となっている点です。第三に、QBSを修了者した人に対しては、世界的に認知されているMBAという学位が与えられる点です。

QBS修了生に話を聞くと、多くの人が、QBSに入る前と修了後では、物事に対する姿勢が変わったと言います。まず、時間のやりくりが上手になるそうです。これは、二年間、働きながら学ぶことを通じて、限られた時間で効率的に予習したり、発表の準備を行う訓練を積んだことの賜物かと思います。また、日常業務における改善すべき点が見えるようになるとも言います。これは、経営の課題や問題点を見抜く訓練を繰り返して行うことで洞察力が磨かれて、問題解決能力が養成されるためです。

これから秋にかけて、QBSの学生募集活動の時期に当たります。8月6日から一カ月間にわたって、博多、熊本、小倉、箱崎で、説明会を開催いたします。またFM福岡では、イブニングビジネス・スクールの開催も予定されています。詳細については、QBSのホームページをご確認ください。この番組をお聞きになってビジネス・スクールに関心を持たれた方は、これらの機会にお出でいただいて、ビジネス・スクールやQBSを体感していただければと思います。

分野: QBS ファイナンシャルマネジメント |スピーカー: 平松拓

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ