QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > 世代論① (マーケティング/出頭則行)

世代論①

出頭則行 マーケティング

14/05/21

今日は「世代論」についてお話しします。

最近、世代論が盛り上がりを見せています。
例:池井戸潤「ロスジェネの逆襲」「オレたちバブル入行組」;文芸春秋4月特集「第二の敗戦、団塊こそ戦犯だ」;坪内祐三「昭和の子供だ君たちも」;姫野カオルコ「昭和の犬」、他

こうした世代論隆盛の背景には戦後日本の世相・経済・政治に大きな影響を与えてきた「団塊の世代」(1948出生数270万人vs2012出生数104万人)の現役引退があります。そこで、今回と次回の2回に分けて「世代とは何か?」「日本の世代クラスター(人の塊)」についてお話ししたいと思います。

「世代とは何か?」
 
一義的には自分自身の誕生から次世代の誕生まで、あるいは自分の職業・身分を次世代に継承するまでの25~30年間を世代と言います。江戸時代(1600-1867)は約10世代、明治維新から現在までは約5世代。アメリカは建国が1776年なので約8世代を遡るのみの新しい国です。

 「団塊の世代」「ロストジェネレーション」「バブル世代」などにおける世代は一定の期間に生まれた共通の価値観や行動様式を持つ層・クラスターを意味し、マーケティングにおける一つのセグメントでもあります。

  世代にあたる英語は"ジェネレーション"(generation)で、米国で「・・・GENERATION」と言う場合は10年間位のクラスターを示唆しますが、日本の「戦中派」「焼跡派」「団塊の世代」「バブル世代」における世代はより短く数年間程度のクラスターです。

 次回のテーマ「日本の世代論」の参照のため、米国の代表的な世代例を紹介いたします。
-ロストジェネレーション(Lost Generation):迷える世代 1983~99年生まれ、1920年代(Jazz Age)に青年期、ヘミングウウェー、フィッツジェラルド
-ビート・ジェネレーション(Beat Generation):1914~29年生まれ、1960年代が青年期。ヒッピー文化。
-ベビーブーマー(Baby Boomer)1946~55年生まれ、1970年代に青年期。
-ジェネレーションX(Generation X):1960年代生まれ、1980年代に青年期。少子化の時代
-ジェネレーションY(Generation Y):1980年代生まれ、団塊ジュニア、ミレニアム世代

アメリカの世代呼称で最も有名なのは「ロストジェネレーション」でしょう。1910年代半ばから1920年代に青年期を迎えた世代です。かってないほど凄惨な戦いとなった第一次戦争の影響を直・間接に受けた層で、信じられるものを"ロスト"した世代、「迷える世代」とも言われています。「ビート・ジェネレーション」も有名な世代呼称です。1960年代に青春期を送った層で、ヒッピー文化の先駆けとなりました。

次回は日本の世代論や世代クラスターについてお話しします。

分野: マーケティング |スピーカー: 出頭則行

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ