QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > 科学技術イノベーション政策への九大の取り組み(2) (技術経営、科学技術政策/永田晃也)

科学技術イノベーション政策への九大の取り組み(2)

永田晃也 技術経営、科学技術政策

14/03/05


 前回、「政策のための科学」という新しい領域の教育研究活動を推進する目的で九州大学に設置された「科学技術イノベーション政策教育研究センター」(CSTIPS)を紹介し、その事業の1つである人材育成プログラムの概要についてお話しました。今回は、CSTIPSの他の2つの事業、すなわち基盤的研究と、拠点間共同プログラムについて紹介したいと思います。

 「政策のための科学」の人材育成プログラムが、科学的、客観的な根拠に基づく科学技術イノベーション政策の担い手の育成を目的としているということは、前回お話したとおりです。そのようなプログラムを発展させていくために、CSTIPSは、科学技術イノベーション政策に関する基盤的な研究に取り組むことも重要なミッションのひとつとしているわけです。
 現在の研究活動のコアは、科学技術振興機構(JST)の公募事業「科学技術イノベーション政策のための科学」研究開発プログラムに採択されたテーマ「地域科学技術政策を支援する事例ベース推論システムの開発」の推進です。事例ベース推進というのは、過去の類似事例に基づいて新たな問題の解決方法をする技術で、医療診断とか法的推論の分野で実用化されてきたものです。私たちのプロジェクトでは、この方法を地域の科学技術イノベーション政策に応用し、政策担当者が直面している問題に類似の事例とその解決策を、過去の事例情報データベースから検索する推論エンジンを搭載した意思決定支援システムの開発を目的としています。
 これまでのところ全国の約1,800自治体を対象とした事例情報の収集などが行ってきました。今年は、新たな全国の公設試験研究機関を対象とした事例情報収集を行う予定です。
 このシステムが完成し、公開されるようになると、科学技術イノベーション政策に関する有用な知識が、地域間で共有されることになります。私たちは、来年の秋までには、まず会員制で公開することを目指しています。

 CSTIPSが取り組んでいるもう1つの事業は、他の拠点との共同プログラムです。「政策のための科学」拠点整備事業には、九大の他、政策研究大学院大学、東京大学、一橋大学、大阪大学および京都大学が取り組んでいるということは前回もお話したとおりですが、これらの拠点間では様々な共同プログラムが推進されています。
 そのひとつは、国際シンポジウムの共催です。第1回国際シンポジウムは平成24年12月、第2回は平成25年10月に開催しました。これらのシンポジウムでは、科学技術イノベーション政策に関連する研究を行っている著名な経済学者・政策研究者を世界各国から招聘し、活発な議論を展開しました。
 また、平成25年9月には、各拠点大学の大学院生が参集し、協力して政策立案に取り組む「サマーキャンプ」が筑波研究学園都市で開催されました。参加した学生は、大学の枠を超えたグループワークによって、貴重な知的刺激を受けたようです。平成26年度のサマーキャンプは、淡路島で開催される予定です。

 この他、CSTIPSは福岡でのSTIシンポジウムの開催など、様々な形で情報発信を行っています。本年度のSTIシンポジウムは、「ビックデータと政策のための科学」をテーマとして、3月17日の午後、博多都ホテルで開催されます。
 ビックデータとは、様々な情報がデジタル化されたことによって利用可能となった大規模で不均一なデータのことを一般的に言っていますが、このシンポジウムでは、その政策的な利用可能性について考えてみたいと思っています。九大及び他大学の第一線の研究者による講演も予定されています。詳細は、CSTIPSのホームページでご覧ください。
 http://www.sti.kyushu-u.ac.jp/index.php

今回のまとめは、「政策のための科学」を推進するため、九州大学の拠点は基盤的研究や他の拠点との共同プログラムにも取り組んでいるということです。

分野: イノベーションマネジメント |スピーカー: 永田晃也

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ