QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > 京セラの経営の原点十二か条(成功の方程式①) (日本の会計、国際会計、税務会計、監査論、コーポレート・ガバナンス、西洋・東洋思想と倫理、経営哲学/岩崎勇)

京セラの経営の原点十二か条(成功の方程式①)

岩崎勇 日本の会計、国際会計、税務会計、監査論、コーポレート・ガバナンス、西洋・東洋思想と倫理、経営哲学

14/01/13


(1)  概要
今日は、京セラ「経営の原点12カ条」のイントロダクションとして「成功の方程式」についてお話します。

(2)  成功の方程式
成功=考え方×情熱×能力
稲盛氏が提唱する方程式は「成功」だけでなく、「人生」や「幸せ」など適用の範囲が非常に広い方程式です。具体的には、成功の方程式は3つの要素からなっています。まず考え方、次に情熱、最後が能力です。このうち最も重要なものは考え方です。そして、この方程式は、考え方×情熱×能力と掛け算になっていることがポイントです。

(3)  考え方の重要性
なぜなら、非常な情熱と能力があっても、その人が悪いことを考えたら世界に大変なことが起こります。例えば、大変高い能力や情熱もありITに非常に詳しくても、それがIT犯罪に向かってしまうと大勢の人に悪影響を及ぼしてしまいます。また、能力や情熱があっても、その高い能力で大量破壊兵器を作り、それが大勢の人を傷つけてしまったら、大変なことになってしまいます。

したがって、一番大切なのは常にマイナスではなくてプラスの考え方を持つことなのです。つまり、考え方はプラス180°からマイナスが180°まであります。他方、情熱や能力がないというのはゼロまで、マイナスはありません。そして考え方が良ければ、その角度が高ければ高いほど良いのです。要するに、自分のことだけではなくて、社会や環境等のことまで考えて頂けると良いということです。また、社会に悪影響を与えるのは良くないので、考え方さえプラスであれば、情熱や能力は高い方が良いのです。

(4)  積極的・ポジティブな考え方
その考え方ですが、幸せな人生を送るためには、積極的・ポジティブな方が良いのです。ヒンズー教の教えに皆さんの人生にとってプラスになる格言があります。それは、簡単に言えば、「心が変われば態度が変わる、態度が変われば行動が変わる、行動が変われば習慣が変わる、習慣が変われば人格が変わり、人格が変われば運命が変わり、運命が変われば人生が変わる」というものです。結局、心が積極的になれば最終的人生まで良くなるという教えです。別にヒンズー教でなくて、仏教でもキリスト教でも同じことがいえるのですが、考え方を積極的にして、角度をできるだけ上向きにし、自分だけではなく他人等のことも考えることが非常に重要なのです。

(5)  血肉化・習慣化
心を常にポジティブに持っていくのは、考え方の習慣の問題です。物事を暗く考える人は、そういう習慣に陥っているだけなのです。他方、プラスに考える人はプラスに考える習慣を持っているのです。ネガティブな考え方を、常にポジティブなものへ変えようと努力を毎日少しずつ習慣化していくことが重要です。これを血肉化ともいいます。最初は多少無理にでも起こったことを前向きに捉える努力をすることです。マイナスの考え方を止めることが重要です。すなわち、人間の心は一度に2つのことを考えられません。したがって、寂しい、悲しい、怒りたい時は、常に反対の積極的な楽しい、嬉しいことを考えたり、歌を歌ったりすることが大切なのです。プラスのことを常に考えていれば、ポジティブ思考になります。人間は同時に2つのことを考えられませんので、どっちを向いて1回しかない人生を生きるかという時に、常にマイナスの方をストップして、プラスのほうに転換していくことが重要です。この結果、それが習慣になって自然と常にポジティブになれ、人生が変わるのです。

(6)  まとめ
今日のまとめは、人生やビジネスで成功するためには、考え方、情熱、能力が重要であり、特に考え方がポジティブでなくてはならないということです。

分野: 会計 |スピーカー: 岩崎勇

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ