QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > 京セラの経営の原点十二か条(成功の方程式②) (日本の会計、国際会計、税務会計、監査論、コーポレート・ガバナンス、西洋・東洋思想と倫理、経営哲学/岩崎勇)

京セラの経営の原点十二か条(成功の方程式②)

岩崎勇 日本の会計、国際会計、税務会計、監査論、コーポレート・ガバナンス、西洋・東洋思想と倫理、経営哲学

14/01/14


(1)  概要
京セラ「経営の原点12か条」という話のイントロダクションとして「成功の方程式」についてお話をしています。前回は、成功の方程式に必要なものは、考え方と情熱と能力であり、その中で考え方がとても大切だというお話をしました。今日はその続きで、これだけで本当に成功の方程式になるのかを考えてみましょう。
成功=考え方×情熱×能力

(2)  岩崎説の成功の方程式 
人生やビジネスが上手くいく為には何が必要かをまず考えます。当然のこととして、人生でもビジネスでも自分がしっかりしないといけないのは分かりますが、それはどちらかというと自分で努力することです。けれども自分だけで世の中全部回っているわけではないので、周りの良い環境が必要です。そこで、他人との関係が非常に重要なるので、前回お話しした成功の方程式、考え方、情熱、能力に、他人や社会や時代などとの縁を加えた方が良いのではないかと思います。
稲盛説の成功の方程式 成功=考え方×情熱×能力
岩崎説の成功の方程式 成功=考え方×情熱×能力×縁

(3)  「人生の第一法則」としての「因果律」
私が提唱している(成功や幸福を手に入れるための)「人生の第一法則」は、「因果律」です。すなわち、これは因縁果ということで、善因善果、悪因悪果、簡単に言えば、良いことをすれば良い結果になるし、悪いことをすれば悪い結果になる、まさに因果応報ということです。しかし、この場合注意すべきことは、その因果は直接つながっている訳ではないということです。実は「因・縁・果」という三つのもので構成されており、良い原因と良い縁があって、初めて良い結果になるというのが、「因縁果の法則」つまり「因果律」です。因だけで、例えば勉強したならば(因)、絶対に合格する(果)なんてありえないでしょう。自分の他に多くの受験生がいて、彼らとの関係(縁)で合否が決まるので、他人との関係が絶対出てきます。あるいは今の時代に生きているから男女平等ですが、以前は男女平等でなかったり、あるいは士農工商など身分制度があったりして、時代や社会や国などの色々な縁があります。時代的、国家的あるいは社会的な縁があるので、因だけで果が出てこなくて、因と縁(因縁)すなわち良い因と良い縁で良い結果がでる、悪い因と悪い縁で悪い結果が出ると考えた方が良いでしょう。
考え方×情熱×能力(以上、因)×縁(縁)=成功・幸福(果)

(4)  自力本願・他力本願
そして、この因果律を、この成功の方程式にあてはめると、考え方、情熱、能力は因にあたり、自分の努力でどうにかなる部分ですが、それだけでは成功も幸福もありえません。やはり良い縁・結びつきが必要です。仕入先など取引業者、顧客、社会との良い縁が必要です。因縁と考えると、考え方、情熱、能力は因で、その他のものが縁です。つまり、成功の方程式は、考え方、情熱、能力掛けることの縁になります。別の言い方をすると、自力本願や他力本願になります。自力本願だけでも他力本願だけでもありません。自力と他力が合わさりながら様々な結果、人生などが出来ていると考えた方が良いでしょう。
成功=考え方×情熱×能力(以上、自力本願)×縁(他力本願)


(5)  三方よしと生息地の拡大
そこで、良い縁を呼び込むためには、普段から身近なところで良い人間関係を育てておくことが非常に重要であり、常に相手のことを思ったり、おもてなしなど日本的な気配りは、実は全部良い縁を創るためのものです。したがって家族や同僚など周りの人、或いは社会全体、地球環境も縁と考えて大事にすべきでしょう。前回のポジティブな考え方と同じで、自分にとどまらず周りの人、社会、環境なども配慮したポジティブな考え方は、縁についても全く同じように当てはまります。言い換えれば、縁を自分に適した生息地と考えると、縁が良い縁を結ぶと自分に適した生息地が広がります。悪い縁を結ぶと敵が増えることになり、自分に適した生息地がどんどん狭まっていきます。自分に適した生息地を出来るだけ広げていくと考えれば、自分が住みやすい、生きやすい世の中になりますが、それは他人にとっても良いので、「Win-Win」になるのです。近江商人の「売り手よし、買い手よし、社会よし」という「三方よし」と同じ考え方です。皆が幸せ、Win-Winになることが良い縁なのです。自分だけ儲かれば良いという訳ではなく、他人も社会も皆がハッピーになることが良い縁というものです。

(6)  成功=考え方×情熱×能力×縁と京セラの原点12か条
この「成功=考え方×情熱×能力×縁」の考え方は、京セラの原点12か条に通じています。その縁は、稲盛氏の成功の方程式には明示されていませんが、同氏が掲げる「六つの精進」の一つとしての「利他行」に現れています。その経営の原点12か条について、次回から一つずつ解説します。

(7)  まとめ
今日のまとめは、人生の成功、あるいは幸福の為には考え方、情熱、能力の他に、縁を大切にして下さいということです。


分野: コーポレートガバナンス 会計 |スピーカー: 岩崎勇

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ