QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > アベノミクス (経済予測、経済事情、日本経済、経済学/塚崎公義)

アベノミクス

塚崎公義 経済予測、経済事情、日本経済、経済学

13/11/01

「なぜ、バブルは繰り返されるか?」という本を出しましたので、5回にわたって内容を御紹介します。第一回目の今日は、アベノミクスについてです。

アベノミクスというのは、安倍政権の経済政策のことで、大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略、という三本の矢から成ります。財政政策は、公共投資などで景気を良くしよう、という事です。これは、政府が橋や道路を作ると建設会社が人を雇うから景気が良くなる、ということで、皆様よく御存知でしょうから、今日は触れません。成長戦略は、長い目で見て将来の日本経済を良い物にしようという政策です。規制緩和などで企業の活力を高めよう、といった様々な政策の集まりで、大切な事ではあるのですが、バブルとは関係なさそうなので、これも今日は触れません。したがって、今日は金融緩和についての話になります。
金融緩和というのは、世の中に出回るオカネを増やして景気を良くしよう、という政策です。具体的な方法はいくつかありますが、主なものは、銀行が持っている国債を日銀が買って、その代金を支払うことで、日銀から世の中にオカネが出て行くようにする、ということです。そのために、銀行の金庫の中の国債を現金と取り換えるのです。

普通は、金融を緩和すると銀行預金や銀行貸出の金利が下がります。そうなると、借金をして設備投資をする会社などが増えて景気が良くなるのですが、今はすでに金利が非常に低いので、これ以上金利が下がる事はないでしょう。では、何のために金融を緩和するのでしょうか。日銀が狙っている効果は、いくつかあります。
第一は、デフレを止めよう、ということです。現在の日本は、物価や賃金が下がるデフレなので、買い物や設備投資などを考えている人々が、値下がりするのを待っていて、なかなか景気が良くなりません。そこで、物価が上がり始めれば、人々が買い物や設備投資などをするだろう、そうなれば景気がよくなるだろう、というわけです。
日銀は、金融緩和でデフレを止めようとしています。世の中にオカネが出て行くと、世の中の物の量に比べてオカネの量が多くなります。水とダイヤモンドを比べるとわかりますが、世の中では量が多いものは安く、量が少ないものは高くなる傾向にありますから、世の中のオカネの量が増えるとオカネの価値が減り、物の価値が上がります。物価が上がるのです。

この狙いに対しては、無理だという人もいます。今の日本の銀行は、貸出をしたいけれども、黒字の会社は借りに来ないで、借りに来るのは赤字の会社ばかりなのです。したがって、銀行の金庫の中の国債が現金に置き換わったとしても、銀行は現金を貸出に使うのではなく、日銀に預金してしまうから、オカネは世の中に出て行かないのだ、というのです。

こうして両方の考え方があるのですが、経済学としてどちらかの理屈が間違っているという事ではありません。これは、世の中の人々がどう考えるか、という心理学の問題なのです。「日銀が金融を緩和したら物価が上がる」と人々が思えば、借金をして設備投資をする会社が増えますから、オカネが世の中に出て行くでしょう。しかし、人々がそう思わなければ、黒字の会社は借金をしませんから、オカネは世の中に出ていかないでしょう。

私は、これを偽薬効果、ニセ薬効果と呼んでいます。病気の人に、「素晴らしい薬だ」と嘘を言って小麦粉を飲ませると、治ってしまう事があるそうです。病は気から、ですね。これと同じ事が経済でも起きるのです。景気は気から、です。つまり、日銀が銀行から国債を買っただけでは効果がないけれども、「日銀が金融を緩和したから物価が上がるだろう」と人々が思えば人々が設備投資などをするのでオカネが世の中に出て行き、その結果として物価が上がる、という事です。もっとも、これまでの所、多くの人々は物価が上がるとは思っていないようです。

日銀が狙っている効果の第二は、ドルや株の値段を高くしよう、ということです。さきほどと同じ理屈で、「世の中のドルの量と円の量の比率が変われば、ドルの値段が高くなるはずだ」、「株の量と円の量の比率が変われば、株の値段が高くなるはずだ」、というわけです。ドルが高くなれば、輸出が増えるので、景気が良くなるでしょう。株価が高くなれば、儲かった人が贅沢をするので、景気がよくなるでしょう。

第二の狙いについては、これまでのところ、成功しています。人々がドル高と株高を予想しているので、ドルや株の買い注文が増えて、実際にドルや株が値上がりしているのです。景気が回復していますが、その一因はドル高と株高にあるわけで、ニセ薬にも効果があった、というわけです。

余談ですが、金融緩和でドル高を狙うのは、日本にとってはプラスですが、外国にとっては迷惑な話ですから、日本としては、本音ではドル高を狙っていても、建前としてはそうは言えないし、実際言ってもいません。

まとめ: アベノミクスの柱は、大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略の3つです。金融緩和でデフレ脱却が出来るかどうかは、人々がそう思うかどうかにかかっています。

分野: 景気予測 |スピーカー: 塚崎公義

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ