QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > ギリシャ問題は綱渡り (経済予測、経済事情、日本経済、経済学/塚崎公義)

ギリシャ問題は綱渡り

塚崎公義 経済予測、経済事情、日本経済、経済学

13/01/09

ギリシャ問題とユーロ
今日は、ギリシャ危機について御話します。ギリシャというのは、世界史の中ではとても重要な国ですが、今の世界経済の中では小さな国に過ぎません。そのギリシャで起きている問題が、世界の経済を混乱させているのです。
ギリシャの問題が世界を混乱させている理由は、ユーロという通貨にありますので、はじめにユーロという通貨について御話します。ユーロというのは、ドイツとフランスとスペインとギリシャと、その他を併せて全部で17の通貨が合併して出来た共通通貨です。ユーロという通貨を使っている国々の事を、ユーロ圏と呼びます。欧州の主な国は大体含まれますが、英国は含まれません。
日本と中国と韓国などの通貨が合併したようなものですから、便利な事が沢山あります。海外旅行に行くときに、外貨を買わなくても、日本で使っているお金がそのまま中国で使えたら便利です。欧州では実際に、ユーロ圏の人々がユーロ圏内を旅行する時には、両替をする必要がないのです。
貿易をする人にとっても、便利です。中国に輸出をしたら、代金を受け取る前に円高になり、損をしてしまった、という事があったら困りますが、中国と日本が同じ通貨を使っていれば、そうした事は起きないでしょう。実際、ユーロ圏の国々が貿易する時には、自国通貨が高くなったり安くなったりする心配が無いのです。

ユーロ導入のデメリット
しかし、良い事ばかりではありません。実際、今のユーロ圏では、困った事が起きています。ギリシャについて御話しましょう。ギリシャは、経常収支が赤字です。経常収支というのは、貿易収支やサービス収支などの合計の事ですが、今日のところは貿易収支と大体同じものだと考えておきましょう。
ギリシャ製品は、ドイツ製品ほど品質が良くないので、ドイツのペンとギリシャのペンが同じ1ユーロであれば、皆がドイツのペンを買います。すると、ギリシャは経常収支が赤字になります。これは、ギリシャ人が外国から借金をしてきてドイツにペンの代金を支払うという事を意味しています。しかもペンを作っていたギリシャ人は失業してしまいます。
もしも、ギリシャとドイツが別々の通貨を使っていれば、問題は簡単に解決します。ギリシャの通貨とドイツの通貨を交換する際の交換比率を変えれば良いのです。ギリシャの通貨を安くすれば(=ドイツの通貨を得るためにギリシャの通貨を大量に渡さなければならない事にすれば)、ギリシャ人はドイツのペンを買わずにギリシャのペンで我慢するでしょうから、ギリシャのペン屋さんは失業しませんし、ギリシャの経常収支も赤字ではなくなるでしょう。
あるいは、ギリシャの金利を低くして景気をよくすれば、失業したペン屋さんが別の仕事を見つける事ができるでしょう。たとえば金利が低いから住宅ローンを借りて家を建てようというサラリーマンが増えれば、大工さんの仕事にありつく人が増えるわけです。
しかし、実際にはギリシャとドイツは同じ通貨を使っているので、通貨の交換比率を変えるわけにはいきませんし、ギリシャの金利を勝手に下げるわけにもいきません。ギリシャが金利を下げたくても、他のユーロ圏諸国の同意が必要なので、簡単ではないのです。

ギリシャの財政赤字
更に悪い事に、ギリシャの政府は財政が大幅な赤字で、借金が返せなくなったのです。これも、ギリシャの通貨がユーロでなければ、ギリシャの政府あるいは中央銀行が紙幣を印刷して借金を返す事が出来たのですが、ユーロという通貨はギリシャが勝手に印刷するわけに行かなかったのです。
そこで、ギリシャは増税等によって財政再建を図ることにしました。しかし、ギリシャ国民は増税等に猛反対しました。増税するくらいなら、ユーロを使うのをやめて自分の国だけの通貨を作ろう、という人も出て来ました。しかし、そうなると、他にも同様の国が出て来て、ユーロ圏が分裂してしまうかもしれません。
そうなると、ドイツなどの他のユーロ圏諸国も困ります。そこで、ドイツなどは、ギリシャを支援する事にしました。支援の条件は、ギリシャが増税をして財政赤字を減らす事です。これは、難しい綱渡りです。ギリシャに厳しい増税を要求すると、ギリシャがユーロから出て行ってしまうかも知れません。しかし一方で、条件もつけずに支援すると、ドイツ国民がなぜ自分たちの税金でギリシャ政府の借金を返すのだ、と怒るからです。
さて、最初に御話したように、ギリシャは小さな国ですから、ギリシャだけが問題を起こしても、世界経済への影響はそれほど大きくないはずなのですが、これを契機として、他の国にも同様の問題が広がっていくのではないか、という人が増えています。そうなれば大事です。そうした御話は次回にしたいと思います。

(まとめ)
ギリシャが他国と共通の通貨を用いている事によって、便利な事も多いですが、ギリシャ政府の債務問題の解決が難しくなりましたし、ギリシャの問題が欧州経済全体に悪影響を及ぼすことにもなっています。

分野: 経済予測 |スピーカー: 塚崎公義

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ