QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > ブータン:GNH (国際経営、国際物流/星野裕志)

ブータン:GNH

星野裕志 国際経営、国際物流

12/10/09

今回は前回にお話ししたラオスに引き続き、ブータンのお話をします。

ブータンは、私が24年間本当に行きたいと思っていた国でした。24年前、昭和天皇が崩御されて、大喪の礼が行われました。私はテレビで見ていたのですが、その日は、二月末の大変寒い、雪混じりの日でした。世界164ヵ国から、国家元首やVIPが参列されていたとのことです。アジアやアフリカから来られた方々のほとんどが、黒の洋装の喪服を着られていました。その中で前のブータン国王が、「ゴ」と呼ばれる袖と裾の短い民族衣装を身にまとわれていたのです。それが、私の中でとても印象深く残っていました。

私たちは、なんとなく、国が発展していくことは、西洋化していくことを同じようにイメージしがちですが、ブータンの前国王は民族衣装で参列された。以来、この自国の文化を大切にするブータンに、ずっと行きたいと考えていたのですが、今年ようやくその思いが実現したわけです。

この前国王は、ブータンの民主主義の父と言われている方です。また国際的には、国の豊かさを計る指標として、経済の規模を示すGDPではなくて、国民の幸福の総量を計るGNH(Gross National Happiness)を提唱しました。さらに国内では、自ら国王の権限を限定し、従来の絶対君主制に代わって議会民主制を敷きました。

この夏は、ブータン国内にある唯一の大学であるブータン王立大学の経営学部で、国際経営の集中講義をしてきました。この大学では、すべての授業が英語で行われていて、学生は支障なく英語を話します。今回の国際経営の授業では、アメリカのビジネススクールがやっているような、また、私たちがQBSで行っているようなケース・ディスカッションも行ったのですが、問題なく非常によい授業をできたと思います。

学生は全員、男性はゴという民族衣装を、女性はキラという全身を羽織る民族衣装を着ていました。また、ほとんどの学生が冷蔵庫や洗濯機といった基本的な電気製品を持っていないのに、全員が携帯電話を持っていました。彼らは韓国の音楽などを好んでいて、民族衣装を聞きながら音楽やダンスをやって見せたり、インターネットには常にアクセスしていました。つまり、世界の動きをリアルタイムでわかっていながら、民族性を維持しているのです。言葉にしても、ゾンカ語を公用語としながら、対外的には英語が日常でも話されていました。そのギャップがとても興味深く感じました。

ブータンの国内産業は農業が主体ですし、輸出できるものは水力発電による電力くらいしかありません。ブータンは殆ど自給自足の国ともいわれますが、実はそうではなく、海外の援助で成り立っている国といってもいいようです。たとえば、歳入の約四割が、海外からの援助に依っています。前回に、ブータンが電力をインドへ輸出していると話しましたが、この電力をつくる水力発電自体が、インドの援助で作られているのです。インドの援助で作られた電力が、インドへ輸出され、外貨を稼いでいるという、非常に不思議な構造となっています。インド以外にも日本やデンマークが大きな援助国となっていて、この国を支えています。この国の人口はわずか70万人程度ですが、海外からの援助なくしては成り立ちません。

私が講義をした経営学部は、インド国境に近いところにありました。そこは、海抜2,300メートルに位置する非常にのどかなところで、毎日朝起きると、雲が下の方にたれこめていて、その中の坂道を息を切らしながら歩いていました。ところが首都のティンプーは、こことはまったく違う様相を見せていました。タクシーの行列や車の渋滞が起こっていて、排気ガスのせいかマスクをしている人もいました。まさに建設ラッシュと行っても良い状態が起きており、完成時には明らかに水道の供給や下水などの処理能力を越えるのではないかと心配してしまいました。今後、進行の激しい開発と国内の幸福度のバランスをどのようにとっていけばいいのか、不安に思いました。

今日のキーワードは、国民の総幸福量をはかる「GNH」です。今後ブータンは、これをどのように維持していくのでしょうか。

分野: 国際ロジスティクス |スピーカー: 星野裕志

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ