QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > 企業理念としての幸福 (日本の会計、国際会計、税務会計、監査論、コーポレート・ガバナンス、西洋・東洋思想と倫理、経営哲学/岩崎勇)

企業理念としての幸福

岩崎勇 日本の会計、国際会計、税務会計、監査論、コーポレート・ガバナンス、西洋・東洋思想と倫理、経営哲学

12/09/06

今回も前回と同様に、経営理念についてお話しします。
京セラには、稲森氏が設定した「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に人類社会の進歩発展に貢献する」という経営理念があります。そこでは、全従業員の物心両面の幸福を追求すること、人類や社会の進歩発展に貢献するということが書かれています。特に、全従業員の物心両面の幸福を追求というところが、日本的にもみえてユニークです。また、コカコーラ・ウエストでは、「みんなの あしたに ハッピーを」ということで、その企業理念として、「飲料を通じて価値ある『商品、サービス』を提供することで、お客様のハッピーでいきいきしたライフスタイルと持続可能な社会の進歩発展に貢献します。」(コカコーラ・ウエストグループ CSRレポート 2011)ということが謳われています。両社とも幸福の追求と社会の進歩発展に貢献するということに共通点があります。また、この幸福の追求と社会の進歩発展への貢献ということは、一見全く無関係のように思いますが、実は、以下のように、両者はしっかりと繋がっています。このハッピーすなわち幸福は、皆さんの人生にとって一番重要なことかと思いますが、経営的にみても、これを企業で追求するというのは大事なことではないでしょうか。そこで今日は、幸福について考えてみましょう。

まず幸福の反対である不幸について考えてみますと、これには人生の三大不幸と呼ばれるものがあります。これは、病気と貧乏、苦悩のことです。第1に、病気になっても幸福だという人もいるかもしれませんが、やはり一般に健康である方が幸福なように考えられます。第2に、貧乏については、中にはお金がありあまって困るという人もいるかもしれませんが、生きるのに必要な衣食住がないというのは非常に困ります。お金は適度にある方がいいということです。第3に、苦悩については、お釈迦様が出家をしたのも苦悩(すなわち、四苦八苦、怒り、恐れ、悲しみなどの消極的な心の状態のこと)を解脱するためですから、やはり三大不幸の一つになります。これらの状況にあるときに、人生は一般に不幸であると考えられます。

こうした三大不幸の反対の状況が幸福であると考えることができます。すなわち、第1が、健康です。健康には、心の健康と身体の健康との2側面があって、心の健康の方がより重要です。生活習慣病や事故、ウィルスなどによるものを除くと、身体の健康には心の状態が大きな影響を及ぼしています。第2が適当なお金があること、第3は、人間関係が上手くいっていること、第4が、人が幸福を感じるのは、満足しているときです。この満足には二種類あります。一つは、美味しい物を食べたいとか、いい音楽を聴きたいという自己の欲求が満足された時です。もう一つが、他人に貢献して、自分の言葉や行動が他人を幸せにしたときです。これが、自分の幸福に繋がってくるのです。社会貢献や利他という概念と関係することですが、人間は元々他人(社会)に役立ちたい、認められたい、褒められたいという気持ちを持っているために、他人(社会)に役立とうとするのです。これらの中でもっとも高い次元にあるもの、すなわち最高に幸福なことは、他人に役立って(社会貢献して)他人が幸福になることをみて、自分も幸福になることでしょう。これは、企業の経営にも、またそこで働く従業員についても全く同じことがいえると考えられます。このような意味で、前述の従業員の物心両面の幸福の追及ということと、人類社会の進歩発展に貢献するということが高次元な段階では有機的に繋がってくると考えることができます。

今日のキーワードは、「企業理念としての幸福」です。

分野: 会計 |スピーカー: 岩崎勇

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ