QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > 自然法則としての、法則性、大愛、調和 (日本の会計、国際会計、税務会計、監査論、コーポレート・ガバナンス、西洋・東洋思想と倫理、経営哲学/岩崎勇)

自然法則としての、法則性、大愛、調和

岩崎勇 日本の会計、国際会計、税務会計、監査論、コーポレート・ガバナンス、西洋・東洋思想と倫理、経営哲学

12/06/29

前回は、宇宙(自然)の法則の意味に関連させて、法則性、大愛、調和についてお話ししました。
これを具体的に我々の生活や経営へ活かしていかないと、単なる机上の空論に終わってしまい、何の役にも立ちません。
そこで、今回は、これらと経営との関係についてお話していきたいと思います。

第1に、法則性についてですが、これは宇宙や大自然が一定の法則にしたがって運行されているというものでした。
これはまさしく真実を意味します。また、別の表現をすれば、儒教の五常という君主(経営者等)が身に付けるべき徳としての仁、義、礼、智、信の信に当たるものです。
すなわち、信頼性があり誠実であるということです。企業活動では、よく偽装事件があります。
これは、誠実性や安全性、信頼性が欠けているから起こることです。
これは宇宙の法則性に反した行動ですので、こういうことをしている会社は、最悪の場合倒産してしまいます。
このように宇宙(自然)の法則性を、正しさや、真実であること、誠実であること、安心安全であることへ結び付けて考えるわけです。

これはガバナンスの話にも関連します。ガバナンスでは、コンプライアンスと効率性がよく語られます。
西洋的なコンプライアンスの場合、どちらかというと法律等で規定されていることを最低限守っていけばいいと考えられがちですが、これではまだ不足しているということです。
一方、東洋的なコンプライアンスは(特に信等の)徳に根ざしています。
そこでは、コンプライアンスを誠実であることとして、積極的に、ポジティブに捉えているのです。
ただし、残念ながら現在では、このような東洋的な徳を勉強せず、徳の欠けた経営者による不祥事がしばしば見られるようになっています。

ところで、自然は36億年をかけて進化してきていますが、そうした進化の姿を製品に利用していこうという(自然模倣の製品化の)動きがあります。
蚊を模倣した痛みを感じさせない注射針、蝶々を模倣した効率のよい扇風機、蜻蛉の羽の動かし方を真似した効率のよい風力発電などです。
また、旭山動物園では、自然そのものすなわち動物の持っている素晴らしい能力を観客に感じてもらうことを経営に役立てています。

第2に、大愛についてですが、これはインド哲学や仏教哲学だけでなく、キリスト教でも非常に大事にされています。
このような大愛の考え方をもって経営を行うと、従業員や顧客、地域住民、自然環境が、自分と同一のものという感覚を持つことになります。
自他が一つになっている(自他一如の)感じです。
このように考えると、自分を大切にするためにも、相手や自然(企業を取り巻く利害関係者や環境等)を大切にしなければいけないことが分かります。

第3に、調和についてです。例えば、仙台における牡蠣養殖のことを考えると、牡蠣そのものは海で養殖しますが、植林を行うこと等により山やほかの自然を大事にすることで、栄養分の高い、綺麗な水が海へ流れてきて、その結果、美味しい牡蠣を収穫できるのです。
また、九州でひじきを養殖していますが、この養殖場に小魚が集まってきて、海の環境が良くなります。
このように、ビジネスにおいても、周囲との調和がとても大事なのです。
人間関係においても同様で、従業員を大切にする、資金調達先と上手くやっていく、必要な技術や資金等の面で事業提携をするといった具合に、調和をもって経営をしていけばよいのです。
近江商人の三方よし、すなわち、売り手よし、買い手よし、社会よし、でも同じ事で、この精神は調和に繋がっています。

このように、宇宙(自然)の真理から導かれる法則性、大愛、調和をビジネスにそのまま使えば、悪いことは起きません。
これらをどれだけ経営に活かすことができるのかということが大切です。

今日のキーワードは、自然法則の意味としての法則性、大愛、調和です。

分野: 会計 |スピーカー: 岩崎勇

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ