QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

ブログ&ポッドキャスト詳細

QT PROモーニングビジネススクール > ブログ&ポッドキャスト一覧 > 秋入学移行 (企業財務 M&A/村藤功)

秋入学移行

村藤功 企業財務 M&A

12/04/23

日本一の大学である東大の世界ランキングは、現在のところ30番程度です。どうにかして国際競争力を回復しようとしているところです。そこで、濱田学長が審議会をつくり、秋入学について検討させました。秋入学にすれば、優秀な学生が海外から来やすくなったり、あるいはまた学生を海外へ留学させたりすることができます。その結果、我々の九大も含めた日本中の大学で秋入学の検討がはじまりました。今度の九月に変化が生じる可能性は大きくなっていると思います。

しかし、高校卒業や就職との兼ね合いも考えねばなりません。たとえば高校を三月に卒業した場合、九月に大学に入学するまで、半年の「ギャップターム」ができてしまいます。このギャップターム中に、海外へ留学したり、インターンシップに行ったり、ボランティアをしたりして、社会に出ていろいろな体験をし、さらに国際的な人材になるよう、ギャップタームを有効活用しようという話もあります。また就職についても、新入社員は秋入社でもいいのではないかと言われています。経団連はこれについて前向きの発言をしていますが、銀行や保険会社はまだ様子見です。ほかの会社にしても、まずは横の顔を見ているという状況です。

秋入学移行のメリットは、さまざまな人たちが、日本と海外を行き来しやすくなることです。しかし東大のみが秋入学を取り入れ、どこの会社も合わせてくれなかったら、東大を卒業すると損をすることになります。その結果東大への入学を希望する人が減り、世界でのランキングを上げるどころか、日本国内でのランキングが下がることになります。そういう意味では、東大も秋入学移行を単独で行おうとはまったく思っておらず、全部とは言わずともできるだけ他の多くの大学と共同で行えるよう、とりあえず旧帝大や私立の早稲田大学や慶應大学を誘っている状況です。

世界ランキングトップ10に入っている大学には、英語圏のアメリカやイギリスの大学、たとえばハーバードやスタンフォード、オックスフォード、ケンブリッジ等があります。日本の大学では、そもそもほとんどの教育を日本語で行っています。これは、日本の大学で学ぶ上での障壁となっています。ですから、多くの優秀な学生を呼び込むためには、入学時期を変更するだけでは不十分で、英語で行う授業をどの程度増やすのか、また他にも、海外からの学生のための寮の整備具合、奨学金など、秋入学移行をする以前に、これらのほかの問題を処理しておかなければなりません。

東大の濱田学長は、秋入学移行は単なる入学時期の変更ではなく、教育改革のシンボルとしての起爆剤であると言っています。このことを聞いた、九大の有川総長など、改革を行いたい学長は喜んで、様々な議論を重ねているところです。

今日のポイントは、「ギャップタームを頑張れ」です。秋入学へ移行した場合、高校を三月に卒業してから九月に入学するまでの期間、様々な活動をして国際人材になってもらいたいものです。そのためにはお金が必要ですので、世のお父さんお母さん、そのための貯金をよろしくお願いいたします。

分野: 財務戦略 |スピーカー: 村藤功

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ