QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

過去の記事詳細

QT PROモーニングビジネススクール > 過去の記事一覧 > ソーシャル・ビジネス・フォーラム(国際企業法務/岡田昌治)

ソーシャル・ビジネス・フォーラム(国際企業法務/岡田昌治)

11/12/30

2011年の七月に、ソーシャル・ビジネス・フォーラム・アジア(SBFA)というイベントを福岡で開催しました。2010年に引き続き、ユヌス氏がおよそ一週間の日程で日本へ来日し、東京と福岡の二箇所で様々な方々とのミーティングや講演を行いました。日本国内より150名、またアジアからも多くの方々に集まっていただき、ソーシャル・ビジネスについてのユヌス氏の基調講演やワークショップが行われました。大企業や地場企業にも参加いただきました。また福岡市や地場企業と、実行委員会方式で開催しました。九州大学も参加しています。

今回のSBFAの目的は、震災被災者の方々の「自立」復興支援策をユヌス氏のソーシャル・ビジネスで構築することでした。単なる復興支援ではありません。Don't Helpが、ひとつのキーワードでした。既に昨年の四月の時点から、我々は自立復興支援のためのプロジェクトを検討し始めていました。四月にはTED × EarthqQuake9.0を始め、その後も、ワークショップを開催し、様々なグループがそれぞれのチームで自立復興支援のプロジェクトを考えました。そしてその報告会を、七月のSBFAでユヌス氏の前で行いました。ユヌス氏からいただいたコメントをもとにフォローアップをし、そして十月二十八日にはフォローアップ・フォーラムを開催しました。2012年の一月二十八日には仙台で開催します。

自立復興支援として、以下の四つの案が出ています。ひとつめが、農業法人の設立です。農地を失った方々を社員としてそこで雇い、例えば九州の無耕作地へ社員の方々を家族ぐるみで派遣してそこで農業をやってもらいます。ふたつめは、主婦の方々への内職斡旋です。集合住宅や小学校へミシンを送って、デザイナーの方にデザインしてもらった小物を作っていきます。三つめが、ソーシャル・ビジネス・ファンドの設立です。ユヌス氏が提唱するソーシャル・ビジネスに出資をしていく、そのためのファンドを作るというものです。四つめが、イベント・プロデュースです。東北の音楽や食、祭りに着目し、シルク・ドゥ・ソレイユのようなパッケージにして、様々なところで興行します。そこの社員、出演者は、東北の方々です。

これらを中心としたディスカッションを、七月のSBFAで行いました。ベルリンで二回ほど開催したグローバル・サミットのアジア版です。十月には、ユヌス氏のビデオメッセージをもとに、さらにグループワークを行いました。今年度中には、これらの支援を行う予定です。

また、七月には、椎木正和さんという個人の方から、私の研究室へ多大なご寄付をいただきました。そのご寄付をもとに、ユヌス&椎木ソーシャル・ビジネス研究センターを設立しました。ユヌス氏のソーシャル・ビジネスに焦点を置きつつ、広義のソーシャル・ビジネス、すなわちNPOやNGO、国際機関の様々な社会貢献、国際貢献を視野に入れながら、比較研究をしていきます。将来的には教育プログラムも含めます。

分野: 岡田昌治准教授 |スピーカー:

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ