QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

過去の記事詳細

QT PROモーニングビジネススクール > 過去の記事一覧 > ビジネス・スクールについて(その2)(中村裕昭/経営リスクマネジメント)

ビジネス・スクールについて(その2)(中村裕昭/経営リスクマネジメント)

11/07/12

前回は、「ビジネス・スクールは経営者やビジネスリーダーを
養成する大学院」であることをお話しました。今日は、ビジネス・
スクールではどの様な人の入学を期待しているかについてお話しします。

世界中には多くのビジネス・スクールがあり、日本にも数多くの
ビジネススクールが存在します。それぞれのビジネス・スクール
には色々な特色がありますので、ビジネス・スクールを目指す場合
には、その大学院のホームページなどでアドミッション・ポリシーを
確認する必要があります。アドミッション・ポリシーとは、受験生に
求める能力、適性等についての考え方をまとめた入学者の受け入れ
方針のことです。各ビジネス・スクールでどのような人を求めているか
について分かりやすく記載されているので、まずアドミッション・
ポリシーを点検する必要があります。多くのビジネス・スクールでは、
ビジネスの世界で高度な経営リテラシーに基づいてリーダーシップを
発揮したいと考えている人たちを求めています。一方で、ビジネス・
スクールによっては、その他に特色を持つところがあります。例えば、
金融とか財務の力を向上させたい人に適したカリキュラムを持っている
ところとか、あるいは技術経営に力を入れたい人に適した教育を提供
しているという大学院もあります。

ビジネス・スクールはMBAという学位を出すので、その学位に
ふさわしい総合的な勉強が当然必要です。技術経営あるいは金融、
財務などに特色をもつビジネス・スクールといっても、それだけを
勉強しているわけではなく、MBAとしての総合力を重視します。

日本の多くのビジネス・スクールは、仕事を持つ社会人向けが多いの
ですが、仕事と勉強を両立できるのかというところが皆さんの疑問だと
思います。日本だけではなく、海外のビジネス・スクールでも、働く
社会人向けに設計されている大学院が多くありますが、そうした大学院
では、働く人たちにも勉強しやすいようにカリキュラムが組まれています。
例えば、九州大学ビジネス・スクールの場合は、平日は夜間だけで全て
博多駅のサテライトキャンパスで授業を行なっていますから、仕事帰りに
授業を受けることができます。またその他は土曜日を終日使って箱崎
キャンパスで授業を行っています。もちろん授業の準備をしなければ
ならないので、日曜日や授業のない日の夜は勉強する必要があります。
今まで働く社会人たちが沢山学びましたが、彼らは、しっかりと質を
落とさずに勉強したと思っています。

多くのビジネス・スクールでは、ある程度の社会経験のある人を求めて
います。しかし、理科系でも文科系でも製造業の方でもサービス業の
方でも、これからビジネス分野でリーダーになろうとしている人たちを
求めているのが一般的なビジネス・スクールの姿ではないかと思います。
特にまだ若く経験は十分ではないけれども頭が柔軟で新しい学問や考え方に
チャレンジできる人たちを求めているビジネス・スクールが多いと思います。

理科系の人や、製造現場で働いている方もOKです。企業では技術系の
仕事をしてきた人が経営者になることも非常に多く、世の中には理系出身
社長も数多くいます。しかし、理系だから経営のことを知らなくていい
わけではありません。企業を経営するためには経営リテラシーを体系的に
学ぶことがますます重要になっていますし、日本の企業はグローバルな経済
の中で活動していますから、国際経営や国際マーケティングなどの経営知識も
絶対に必要になります。また理科系出身者でも文学部の出身者でも法学部
出身者の場合も、企業の経営を担う限りは経営リテラシーに無知でいること
は許されません。

九大ビジネス・スクールでは、毎年ほぼ3分の1の入学者が理系出身
の方々です。学部時代に経済、経営、会計などを専門的に学んでいない
人が半分以上です。理系出身の社会人の中には、将来病院の経営を希望
している若いお医者様、それから製造業の研究開発に従事してきた若い
技術者など、既に別の分野で高いレベルの知識を持った人もいますが、
経営や会計の本格的な勉強は初めてという人達が多いのです。

ビジネス・スクールの学生は多様で、これは全世界共通です。従って
ビジネス・スクールでは一般的に、経済や経営の基礎教育も行っています。
九州大学ビジネス・スクールでは、入学前に導入教育というプログラムが
あり、経済入門や会計入門という授業を行っていますし、入学までに
読んでおくと役に立つ図書、論文なども事前にアナウンスしています。
更に入学後も基礎的な勉強ができるように授業内容を工夫しています。

ただこれは九州大学のビジネス・スクールだけではなく、海外の多くの
トップビジネス・スクールでも同じように、入学前の事前準備プログラム
を持っています。こういうところもビジネス・スクールの特色といえるでしょう。

分野: 中村裕昭教授 |スピーカー:

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ