QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

過去の記事詳細

QT PROモーニングビジネススクール > 過去の記事一覧 > 政治とカネ (財務戦略/村藤 功)

政治とカネ (財務戦略/村藤 功)

10/03/12

政権交代後ようやく開かれた2月の党首討論では、
政治とカネの話しが中心となっていました。
自民党には日本をどうするのか、予算をどうするのか、
という建設的な話をして欲しいと思いますが、
しかしこの問題は避けて通ることは出来ません。
今日は政治とカネの問題についてお話しします。


■小沢氏と鳩山氏の対応
民主党の2トップ、鳩山氏と小沢氏が問題を起こしたということで、
党首討論で議論されるのは仕方がないことではあります。
小沢幹事長に関しては、秘書が3人も逮捕されてしまいました。

政治家の秘書は政治家のために仕事をしています。
その秘書が3人逮捕され、起訴されて、当の小沢氏本人は、
嫌疑不十分で起訴を免れましたが、本当にこれでいいのかという感じはします。
もし、起訴して何も出てこなかった場合、
「何も出てきませんでした」ということでは済みません。
絶対にクロと断言できないならば、検察としては、
不起訴にせざるを得ないということでしょう。
嫌疑不十分、つまりグレーということですが、
政局に影響を与えるようなことをやってもいいのかという気はします。

鳩山総理も小沢幹事長に対しては、静観している感もありました。
しかし、数週間前位になって小沢氏に対して、更なる説明を求めました。
鳩山氏本人が母親から「子供手当て」をもらったということで、小
沢氏に対してあまり強く言いづらいところではあると思います。
鳩山氏は矢面で随分と説明させられていますので、
小沢氏にもある程度説明をして欲しいというところでしょう。


■民主党七奉行
その民主党が、果たして自浄能力を持っているのかどうか、
というところも気になります。
ある程度の自浄努力がないと、国民からの信頼に関わってきます。
この辺りが明らかとなって参院選という流れならば構いませんが、
すっきりしないまま参院選ということになるとこれは問題です。

自民党にも民主党にも投票したくないとなると、
国民にとっては選択肢が無くなってしまうため、困ったことになってしまいます。

その小沢幹事長と距離を置く七奉行が民主党にいます。
前原国土交通大臣、国家戦略会議担当の仙谷大臣、
枝野行政刷新会議担当大臣、岡田外務大臣、野田財務副大臣、
玄葉光一郎(衆院・財政金融委員長)、樽床伸二(衆院・環境委員長)です。
とはいうものの、今のところ、民主党内では小沢幹事長に対して強く物申すという、
という光景はあまりみられません。

民主党としても参議院選挙が迫っているために、
一体性を出しておかなければならないということでしょう。


■陸山会の土地購入問題
小沢幹事長の4億円の話を戻すと、
「自分で積み立ててきたものである」というのが小沢氏の弁です。
小沢氏は全体として7億円の個人資産を、
妻子名義で20の口座に分散していたといっています。

父親からの相続や印税収入、国会議員歳費などを貯め資産形成したということですが、
これで7億円も一体貯まるものなのかという疑問はあります。

鳩山家ならばともかく、普通の家で1回の相続で数億円も貰えるものでしょうか。
検察が言っているように、どこかの建設会社から、
受け取ったのではないかという疑惑が完全に消えたわけではありません。
やはりグレーの部分は本人が説明しなければなりませんが、
本人はその点について明らかにするつもりがないようなので、
真相についてはよく分かりません。

政治とカネの問題というのは、自民党時代からも色々なところで言われており、
民主党でもこういう問題が発覚し、どのようにこれからカネの問題について、
透明化していくのかというところが重要になってきます。
今回の話も、もともと陸山会が2004年10月に秘書の寮を建てる目的で世田谷の土地を3億5000万円で購入したというところに端を発しています。

ところが、2004年時点で本来の収支を記載してしまうと、
2005年の秋にでてくる2004年の政治資金収支報告書が、
2006年の民主党の代表選に悪影響を及ぼすことになると秘書が判断したため、
虚偽記載を行ったという話になっています。

そういうことを本当に秘書しか知らなかったのか、という疑問は出てきますが、
この一連の事件の結果、2004年の報告書に、収入を4億円、
支出を3億5000万円少なく計上したという虚偽記載の疑いで石川議員が起訴され、
民主党から離党するということになりました。


■カネの問題の影響
民主党の支持率が落ちたからといって、
自民党の支持率が上がっているわけではありません。
国民としてもどうしたらいいかよく分からないという状況です。

政治とカネに関して、民主党は企業の献金を禁止するという法案を、
提出する予定ですが、自民党はこれには反対しています。

もともと自民党の抱える政治とカネの問題について、民主党が問題視しており、
政権が変わった途端に今度は民主党の政治とカネの問題が騒がれるようになり、
国民としては何が本当なのかよく分からないなという状態です。

毎回、知らない間に時が過ぎて有耶無耶にされているような気もしますが、
少なくとも当事者は本当のことを言っていないようだという、
イメージだけは残ってしまいます。

分野: 村藤功教授 |スピーカー:

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ