QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

過去の記事詳細

QT PROモーニングビジネススクール > 過去の記事一覧 > 在庫の考え方①(国際ロジスティクス・国際経営/星野 裕志)

在庫の考え方①(国際ロジスティクス・国際経営/星野 裕志)

09/04/13

■現在の経済状況下での在庫数

2月の新車の販売台数は前月に比べて
国内では少し増加してきたようですが、
アメリカのビッグスリーの自動車メーカーの
新車の在庫は約120日分と報道されています。
世界的な規模の金融・経済危機を受けて、様々な業種で
メーカーが生産しても売れないという状態が続いています。
経済産業省の発表する日本の鉱業と製造業の
活動状況を示す鉱工業生産指数によると、
商品を生産しても売れないので、在庫に回る
という在庫の水準が極めて高いことが指摘できます。
今日はその在庫の問題点について、解説をしたいと思います。


■在庫とは

在庫とは、販売される前の段階にある
原材料、半製品、製品などのことで、
会計上は棚卸資産(たなおろししさん)と呼ばれるものですが、
完成した商品が販売されない、
つまり現金化されない状態といえます。

トヨタではこの在庫のことを、
付加価値を高めない現象や結果である
「7つの無駄」の代表として、
ジャスト・イン・タイムの生産システムにより、
徹底的に排除しようとしています。
同様にパナソニック電工では、
在庫を「罪庫」という文字を当てて、問題視しています。
どうして企業は、在庫を持つことを避けようとするのでしょうか。
それは、在庫を持つことで多くの問題が引き起こされるからです。


■在庫によって起こる問題

まずは出来上がった商品を保管する倉庫などの
スペースを確保する必要がありますし、
在庫管理を行う人材やコストがかかります。
二番目に、さきほど棚卸資産の話をしましたが、
現金化できない資産を抱えることになりますので、
キャッシュフローの問題が生じますし、
保管中の金利や保険料もかかってきます。
三番目としては、商品が倉庫におかれることで
損傷や盗難の危険がありますし、
それ以上に商品自体が陳腐化するリスクがあります。


■陳腐化しやすい商品

たとえば、次々と新しいモデルが発売される携帯電話や
ファッション性のあるアパレルなどを思い浮かべてください。
商品のライフサイクルが短い商品であればあるほど、
売れないままにおかれている商品は、
不良在庫として後発の商品が発売される頃には
商品価値を失っている可能性があります。
販売されるときには、バーゲンやディスカウント価格となり、
収益性が低下することになりますし、
新製品の投入を圧迫する可能性もあります。


■在庫を抱えてしまう理由

なぜ問題と理解しつつこのような過剰在庫を
抱えてしまうのかという理由は様々です。
たとえば組織の問題で、販売と生産の部門間の
プランニングの問題が生じていることや、
今回のような未曾有の需要の落ち込みは
特別としても需要予測や見込み違いもあるでしょうし、
情報管理が関係者間で適切にされていないケースも
考えられます。
一度に生産される商品のロット=数量によって、
どうしても生産量が実需を上回ることもあります。
また商品によっては、季節的な変動のある場合もあり、
環境変化に対応した在庫の調整が求められることもあります。


■在庫管理

それではまったく在庫を持たずに、生産された商品が
瞬く間に販売されればいいのかというと、
確かにそれは理想かもしれませんが、
実際には簡単には実現は困難です。
なぜならばさまざまなニーズを持った顧客の需要に対して、
ある程度のバッファーとして適正なレベルの在庫を
持つ必要があるからです。
売り切れという利益を逸する機会損失を避けるためです。
その適正は、どこにあるのかというと、バランスは難しいです。

ある程度の需要が予想される商品や定番商品ならば、
最小の安全在庫で済みますが、新製品やヒットが
見込まれる商品はブームに乗ってタイミングよく販売するためには、
あえて十分と考えられる在庫を持つことも必要になります。

また、安く販売されているから買い込むと
その置き場所に困り、いつの間にか
賞味期限が過ぎてしまう場合もあります。
家庭でもありそうな話ですが、企業であれば
それが経営を圧迫する要因になります。
英語では、在庫管理のことを、
インベントリー・マネジメント(inventory management)といいますが、
これは、経営にとって、非常に重要な話なのです。

分野: 星野裕志教授 |スピーカー:

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ